logo

GENIVI、ルノー・日産社の共同プログラムにより、チーム力を拡充

GENIVI アライアンス 2015年03月10日 16時08分
From 共同通信PRワイヤー

GENIVI、ルノー・日産社の共同プログラムにより、チーム力を拡充

AsiaNet 59763

GENIVI、ルノー・日産社の共同プログラムにより、チーム力を拡充

アライアンス、未来の車載用「オープンソース開発」のインフォテイメント システムの基準を継続的に策定

米カリフォルニア州サンラモン、 2015年3月10日 /PRNewswire-AsiaNet/ -- 特定のオープンソース車載用インフォテインメント(IVI:In-vehicle Infotainment)ソフトウェアの幅広い採用を推進する非営利自動車業界団体のGENIVI(R)アライアンスは本日、共通のIVIシステムを実現するために、会員であるルノー・日産社がアライアンス会員内で開発されたソフトウェアを基本とする新規共同プログラムを立ち上げると発表しました。

この新たな自動車用ソフトウェア プログラムは、ルノー・日産車の大衆車から高級車まですべてのクラスを世界的に対象としており、Robert Bosch GmbH が供給元とりなります。

ルノー・日産アライアンスの EE & Systems Engineering 部門の Alexandre Corjon グローバル統括部長は、「ルノー・日産チームは GENIVI が車載用インフォテインメント システムに導入される自動車用オペレーティング システムの新たな基準となると考えています」と言います。「GENIVI ソリューションにより、品質レベルが上がり、大半のソフトウェア モジュールを再利用することから、システムに関連する費用を抑えられます」。

新しい共通の IVI システムでは、GENIVI Compliant(TM) のミドルウェアを使用することから、
ルノー・日産社は実質的に同じソフトウェア プラットフォームを異なるハードウェア ソリューションで使用することが可能になり、大衆車から高級車までの領域を対象とすることになります。これは、 IVI ソフトウェアと標準インターフェースの導入を目的とするアライアンス内のチーム力が向上したことも意味します。

Robert Bosch Car Multimedia GmbH の上級副社長Thomas Kropf 氏は、「GENIVI ソフトウェアによって高品質で柔軟性が高く、手頃な価格のソリューションを世界中の数多くの顧客に提供することが可能になりました」と言います。「GENIVI のオープンソース開発のアプローチにより、IVI 製品の構築においてさらなる選択肢を必要としていた弊社の顧客のニーズに応えることができました」。

ルノー・日産社チームは、このプログラムで生まれるミドルウェアの主要コンポーネントについても、今後のプログラムにおいて他のティア1サプライヤーに再利用のサービスを提供する予定です。

GENIVI アライアンスについて
GENIVIアライアンスは、オープンソース開発ソフトウェアの広範な採用を促進することに力を注ぐ非営利業界団体である。GENIVIコミュニティは、世界的にブランド化されたIVIソリューションを提供するグローバルな自動車産業によって使われる参照アーキテクチャー、ソフトウエアコンポーネント、標準インターフェースを提供する。GENIVIは160社以上の会員企業で構成されており、本部はカリフォルニア州サンラモンにある。GENIVIに関する詳細は、 www.genivi.org を参照して下さい。

報道関係者お問い合わせ先:
Craig Miner (クレイグ・マイナー)
+1.248.840.8368
cminer@gelia.com

情報元: GENIVI Alliance

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事