logo

象の鼻テラスで 「ポート・ジャーニー・プロジェクト バーゼル⇄横浜 中山晴奈帰国展<KAN-BUTSU>」開催

横浜市 2015年03月10日 16時01分
From Digital PR Platform


世界のクリエイティブな港町をつなぐ「ポート・ジャーニー・プロジェクト*」。 
2014年秋、メルボルン、サンディエゴ、ハンブルクにつづく4都市目の交流先、スイス・バーゼルにアーティスト中山晴奈を派遣。スイスと日本の国交150周年を記念して、日本にフォーカスしたプログラムを展開したバーゼルの文化イベント「CULTURESCAPES」にあわせ、マーケットホールにて食を通した文化交流を図りました。
その帰国展となる本展では、スイスで作った乾物を使った展示に加え、横浜の食材をリサーチし新たに乾物を作ります。あわせて会期中には食にまつわるさまざまなイベントを行います。

<開催概要>
 ポート・ジャーニー・プロジェクト バーゼル⇄横浜
 中山晴奈帰国展「KAN-BUTSU」
 PORT JOURNEY BASEL⇄YOKOHAMA Haruna Nakayama
 Return Exhibition

 会期: 2015年3月17日(火)~3月31日(火)
 公開制作: 2015年3月10日(火)〜3月16日(月)
 会場: 象の鼻テラス
 主催: 象の鼻テラス
 企画・制作: スパイラル/株式会社ワコールアートセンター

<会期中のイベント>
3月17日(火)19:00〜22:00 オープニングスナック (ママ:中山晴奈)
象の鼻テラスでスナックイベントを開催。乾物などに加え、スイスでもふるまわれた天ぷらメニューもご用意してお待ちしております。

3月21日(土)13:00〜15:00 ワークショップ
横浜の食材をリサーチし、乾物づくりを行います。

3月29日(日)14:30〜16:00 トークイベント (登壇者:中山晴奈 ほか)
バーゼルでのプロジェクト振り返りと、スイス・日本の食文化についてのトークイベント。

*ポート・ジャーニー・プロジェクトとは?
クリエイティブな街づくりを推進する世界各地の港町と文化交流を図り、象の鼻テラスと各都市に存在する独自な活動を行う文化施設とサステナブルな関係構築を目指す国際プロジェクトです。
2011年にオーストラリアのメルボルンからスタートし、象の鼻テラスと協働可能な施設や団体、およびそれらが属する市政府関係者を中心に、今日的な文化サポートの仕組みづくりを行なっており、2014年9月には6カ国からのディレクターを集めたミーティングを行いました。
現在、サンディエゴ(米)、ハンブルク(独)、ナント(仏)、バーゼル(スイス)、ヘルシンキ(フィンランド)、光州(韓国)へと参加の輪を広げています。
*PORT JOURNEYS website リンク


本イベントに関するお問合せ先
象の鼻テラス E-mail press@zounohana.com
〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1丁目TEL 045-661-0602 FAX 045-661-0603  WEB リンク
※象の鼻テラスは、横浜市文化観光局の委託により、スパイラル/株式会社ワコールアートセンターが運営を行っています。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。