logo

新規除草剤「フェノキサスルホン」剤の上市について

クミアイ化学工業株式会社 2015年03月10日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

平成27年3月10日

クミアイ化学工業株式会社

新規除草剤「フェノキサスルホン」剤の上市について

 クミアイ化学工業株式会社(社長:石原英助)は、新規有効成分「フェノキサスルホン」を含有する水稲用初中期一発処理除草剤「ガンガン」、「ベンケイ」、「クミスター」を平成27年3月13日より上市します。
 フェノキサスルホンは、当社とイハラケミカル工業株式会社が共同で開発した植物の超長鎖脂肪酸の生合成を阻害するイソキサゾリン系除草剤です。ノビエ及び一年生広葉雑草を主対象とし、一部の多年生雑草にも有効で、環境や水変動による影響を受けにくく、残効性に優れています。このような特長から本剤は「安全で環境負荷の少ない国産水稲用除草剤の開発・実用化」として、農林水産業、食品産業等の向上に資する画期的技術の開発促進を目的とする平成19年度の民間実用化研究促進事業に採用され、国からの支援を受けて開発を行い、その結果、昨年10月3日に初中期一発処理除草剤「ガンガン」、「ベンケイ」、「クミスター」の3剤の農薬登録を取得しました。「ガンガン」、「ベンケイ」の2剤は系統事業でも重要な位置づけとして、積極的に普及を計画しております。
 「ガンガン」は、自社有効成分ピリミスルファンとの2成分混合剤で、処理適期幅が広く、1キロ粒剤は田植同時処理が可能で、ヒエ及び難防除多年生雑草に対して高い効果を示します。
 「ベンケイ」は、ピリミスルファンとベンゾビシクロンとの3成分混合剤で、処理適期幅が広く、1キロ粒剤は田植同時処理が可能で、幅広い雑草に効果が高く、抵抗性ホタルイや難防除多年生雑草に対しても卓効を示します。イボクサ、アシカキなど畦畔からの侵入雑草にも有効です。
 「クミスター」は、ブロモブチドとベンスルフロンメチルとの3成分混合剤で、ヒエに対して安定した効果と長期残効を有し、抵抗性ホタルイにも高い効果を示します。1キロ粒剤、ジャンボ剤、豆つぶ剤、フロアブル剤と剤型が豊富で様々なニーズに対応できます。
 三井化学アグロ株式会社と日本農薬株式会社からもフェノキサスルホンを含有する混合剤が開発されており、今年度から上市されます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事