logo

バラクーダネットワークス、SignNowをCudaSignに改名し、企業向けに1ユーザ1米ドル/月でサービスを提供

バラクーダネットワークス、SignNowをCudaSignに改名し、企業向けに1ユーザ1米ドル/月でサービスを提供。バラクーダネットワークスのCudaSign、Faxを不要にしたことでワークフローのプロセスを改善、eシグニチャ市場を活性化。

本プレスリリースの要旨
・世界中のお客様から信頼されるITパートナーとして、企業のブランド資産価値の拡大を目的として製品名「SignNow」を「CudaSign」に改名しました。
・CudaSignの新価格モデルは、いくつかの競合製品の1ユーザにつき約20米ドル/月と比較し、1ユーザにつきわずか1米ドル/月で設定されており、企業は低コストでeシグニチャのテクノロジを活用できるようになります。
・新製品となる「CudaSign Premium」では、CRMシステム、契約管理ツール、生産性向上ツールなど、既存の業務プロセスにeシグニチャを統合するための複数のオプションが用意されています。さらに、CudaSign Premiumをアプライアンスあるいは仮想アプライアンスとして、オンプレミスやプライベートクラウド環境で利用することもできます。

バラクーダネットワークスは、世界中のお客様から信頼されるITパートナーとして、eシグニチャ市場に対する企業のブランド資産価値の拡大を目的に、自社の実績豊富なeシグニチャ製品「SignNow」を「CudaSign」に改名しました。改名に伴い、CudaSignをわずか1ユーザにつき1米ドル/月で提供開始し、企業はeシグニチャを低コストで利用することが可能となり、プリンタ、スキャナ、Faxなどを使用する従来の複雑なプロセスから解放されます。CudaSignはバラクーダネットワークスの「Data Protection Plus」戦略計画の一環として、場所とデバイスを問わず、お客様が機密データにアクセス、保存、共有できるようにすることを目的としています。

ストレスなくeシグニチャが利用可能に
現在200万以上のユーザがCudaSignを活用しており、文書の署名、署名の収集、そして業務のワークフローの自動化に利用しています。CudaSignでは、今日のモバイルワーカー向けに設計された一貫した手法を用いて、手動によるワークフローをなくすことにより、プロセスの非効率性と運用コストの削減に貢献しています。CudaSignはApple App Storeでeシグニチャアプリのトップにランクされ、2014年にG2 Crowdの「Ease-of-Use(簡単操作)」アワードを受賞しています。

企業向けの先進のeシグニチャソリューション
「Cuda Premium」は新製品であり、企業における既存の業務プロセスやプラットフォームにeシグニチャを統合することができます。また、CudaSign Premiumをアプライアンスあるいは仮想アプライアンスとして、オンプレミスやプライベートクラウド環境で利用することもできます。

CudaSignおよびCudaSign Premiumにより以下の内容を実現します:

•より迅速に署名を収集 - 場所を問わず、契約書の署名と返信の工程を簡素化します。
•時間とリソースを節約 - 郵送、出荷、スキャン、Fax、印刷、ファイリング、および保存にかかる時間とコストを削減もしくは排除します。
•容易な文書の送信、追跡、アクセス - リアルタイムで文書のステータスを追跡し、コンプライアンスに準拠しつつ手間を削減し、内定通知、機密保持契約、またはその他多くの契約書などの監査証跡を自動で維持します。
•既存のワークフローにeシグニチャを追加 – Salesforce、SharePoint、Office365 Outlook、Googleなど数多くの著名な業務アプリケーションと統合することができます。

クリス・ホーキンス(Chris Hawkins)のコメント
(バラクーダネットワークス、eシグニチャ担当ジェネラルマネージャ)
「競合製品よりもユーザ単価を劇的に安くすることにより、バラクーダネットワークスはeシグニチャの市場を拡大しています。競合製品の価格では、組織によっては従業員すべてにeシグニチャを利用してもらうことが難しい現状がありました。CudaSignは価格がリーズナブルで簡単に利用することができますので、より多くの組織にご利用いただけることと思います。」

リカルド・デ・ブラシオ(Riccardo Di Blasio)氏のコメント
(VMware、vCloud Air担当シニアバイスプレジデント)
「ITは物凄く速いペースでモバイルやクラウドのテクノロジを取り込んでいます。VMware vCloud AirのセキュアなハイブリッドクラウドソリューションとバラクーダネットワークスのCudaSignを併用することで、こうしたトレンドを容易にサポートできるようになり、組織の業務プロセスの効率化を支援することが可能になります。」

ジム・ノーラン(Jim Nolan)氏のコメント
(New England Patriots、SVPオペレーション担当)
「運用レベルにおいて、スーパーボウルの準備には公式契約や文書など細かい整理が必要となります。このプロセスにCudaSignを利用することで、一元的に参照と文書保存が簡単にできるため、貴重な時間とリソースを節約することができました。」

アレン・ベンソン(Allen Benson)氏のコメント
(Kidder Mathews、CTO)
「不動産ビジネスは、膨大な署名をクライアントに求めることであまり良い印象がありませんが、CudaSignを導入したことで担当者がクライアントにさほど負担をかけることなく、必要な文書を迅速に追跡、収集できるようになり、大いに助かっています。」

スコット・ホイト(D. Scott Hoyt)氏のコメント
(Pasatiempo Golf Club、ジェネラルマネージャ)
「私たちは、3大ゴルフアウトレットからトップ50のゴルフコースに選出されており、世界中のメンバーにお越しいただいています。我々は署名プロセスの効率化にCudaSignを利用しており、皆様に手間をかけずに重要な「ゴルフ」を楽しんでいただけるようにしています。」

ロイグ・ニールセン(Lauge Nielsen)氏のコメント
(GDF SUEZ Canada Inc.、ウィンドファームオペレーション担当ディレクタ)
「CudaSignは簡単に利用することができ、文書署名のプロセスを大幅に改善することができました。CudaSignにより、ペン、紙、Faxマシンが不要になり、ワークフローのプロセスが劇的に効率化されました。」

フィリップ・ベサック(Philippe Vayssac)氏のコメント
(Groupama Rhône-Alpes Auvergne、CIO)
「私たちは署名が必要で安全に保管しなければならないクライアントからのクレームを定期的に受けていますが、CudaSignはデジタルフローの効率化に役立っています。CudaSignにより、クレームファイルに直ちに署名し、安全に保管することが可能となり、クライアントも同時にメールでコピーを受け取ることができます。これによりデジタル署名されたクレームをワークフローでシームレスに処理することができるようになったのです。」

関連資料
CudaSignのiOSデバイス専用アプリはApple App Storeから無料で入手することができます。
リンク
CudaSignのAndroidデバイス専用アプリはGoogle Playから無料で入手することができます。
リンク
Data Protection Plusの概要: リンク
CudaSign専用Twitter: @CudaSign
価格と利用
CudaSignは1ユーザにつき1米ドル/月ですぐに利用開始できます。その他付随する契約条件が適用されます。CudaSign Premiumについては1-800-831-2050にお電話下さい。CudaSignに関する詳細とアカウント設定に関しては www.cudasign.com をご覧下さい。

【バラクーダネットワークスについて】
バラクーダネットワークスは、「Simplify IT」を可能にするクラウド対応セキュリティ及びストレージソリューションを提供しています。バラクーダネットワークス製品は、パワフルで、使いやすく、且つリーズナブルな価格により、全世界15万社以上のお客様にご利用頂いており、アプライアンス、仮想化アプライアンス、クラウドなどの形で提供されています。バラクーダネットワークスは、2002年に米国カリフォルニア州シリコンバレーで創業、海外拠点10ヵ国、また80ヵ国以上において正規代理店と提携しています。2004年より日本での販売を開始し、スパムやウイルス、フィッシング、SQLインジェクション対策はもちろん、BCP、クラウド化など、リスク対策だけでなく事業継続と活性化を目指す企業に貢献してきました。スパム対策アプライアンスとしては2005年から7年連続で、導入出荷実績で国内No.1、さらにWebアプリケーションファイアウォールは2007年から7年連続、導入出荷実績で国内No.1を継続しています(富士キメラ総研調べ)。

2013年11月、ニューヨーク 証券取引所に上場(コード:CUDA)し、更なる成長を目指します。詳細については、http:www.barracuda.co.jp をご参照ください。

* 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

* 本リリースは、Barracuda Networks Inc.が2015年3月3日(火)に発表したプレスリリースの和訳版となっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。