logo

TOEFL Primary(R)問題集を国内初刊行

株式会社日本公文教育研究会 2015年03月09日 10時06分
From 共同通信PRワイヤー

2015年3月9日

株式会社くもん出版

小中学生向けTOEFL(R)                                        TOEFL Primary(R)問題集を国内初刊行

株式会社くもん出版(代表取締役社長:志村直人)は、小中学生向けTOEFLテスト「TOEFL Primary(R)」の、日本国内初となる問題集を刊行しました。夏までには中高生向けの「TOEFL Junior(R)Standard」、「TOEFL Junior(R)Comprehensive」の問題集も刊行予定です。
大学入試にTOEFL(R)などの外部英語試験の導入が検討される中、「まずはTOEFL(R)ファミリーの初級学習者向けであるTOEFL Primary(R)受験からステップアップしたい」という子ども達にぴったりの、現段階で国内唯一の問題集です。

●商品名・・・ 「はじめてのTOEFL Primary(R) テスト問題集 Step1」
        「はじめてのTOEFL Primary(R)   テスト問題集 Step2」

●定価:本体各2,000円+税
●各A4変型判  Step1 : 256P+別冊解答48P
         Step2  :  260P+別冊解答64P
●対象:小~中学生、および初級英語学習者から
●各CD3枚付き
●監修:グローバル・コミュニケーション&テスティング

TOEFL Primary(R)は、リーディング・リスニング(スピーキングはオプション)の技能で「どれだけ英語を使う力があるか」を測ることができるテストです。この問題集では、TOEFL Primary(R)のリーディング、リスニングそれぞれの試験形式を詳細に分析し、それらをレッスン別に紹介。また問題形式に十分に慣れることができるよう、練習問題やミニテスト、実際の試験形式に即した総合実践テスト(2回分)を用意するなど、受験する前のテスト対策をしっかり行うことができます。2015年2月時点で日本国内唯一のTOEFL
Primary(R)テスト受験対策問題集です。

◆TOEFL Primary(R)とは
・「TOEFL Primary(R)」は、165カ国以上の国で実施され、130カ国、9,000以上の大学や機関に認められている英語運用能力テストTOEFL(R)の新たなラインナップとして開発され、日本国内ではグローバル・コミュニケーション&テスティングが2014年度より運営を行っています。
・スコアは、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)にも対応しているため、国際標準規格に照らした受験者の英語熟達度を把握できます。
・8歳以上を対象とし、英語学習者の習熟度によってステップ1とステップ2のテストを選ぶことが可能です。
・リスニング、リーディング、およびスピーキング(オプション/有料)の各技能を評価します。

◆テストの構成/特徴                          
【TOEFL Primary(R) ステップ1】
形式   ペーパーベース
問題数  リーディング:39問(例題3問含む)リスニング:41問(例題5問含む)
所要時間 リーディング:30分 リスニング:約30分
スコアレベル 星の数(1~4個)で表示

【TOEFL Primary(R) ステップ2】
形式   ペーパーベース
問題数  リーディング:37問(例題1問含む)リスニング:39問(例題3問含む)
所要時間 リーディング:30分 リスニング:約30分
スコアレベル バッジの数(1~5個)で表示

【TOEFL Primary(R) スピーキング】※2015年度は団体実施のみ。ステップ1.2共通
形式   コンピューターベース
問題数  7~10問
所要時間 20分
スコアレベル リボンの数(1~5個)で表示

◆2015年公開テスト実施予定
2015年   3月  8日(日)*申し込み受付終了
2015年  6月21日(日)
2015年 12月13日(日)

◆参考情報: 「英語4技能資格・検定試験懇談会」による「英語4技能試験情報サイト」スタート!
昨年12月、文部科学省にて発足した「英語力評価及び入学者選抜における英語の資格・検定試験の活用促進に関する連絡協議会」に参加する6つの試験運営団体が集まり「英語4技能資格・検定試験懇談会」が発足しました。TOEFL Junior(R) Comprehensiveも検討案として上がり、このテストを運営している団体グローバル・コミュニケーション&テスティング(GC&T)もこの懇談会に参加しています。
1月30日より、各テストの情報提供を目的として、当懇談会による「英語4技能試験情報サイト」がスタートし、TOEFL Junior(R) Comprehensiveも紹介されています。⇒リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。