logo

フォーラムエイト、「携帯端末を用いた 運転シミュレーション装置及び同プログラム」の特許取得

株式会社フォーラムエイト 2015年03月06日 22時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年3月6日

株式会社フォーラムエイト

フォーラムエイト、「携帯端末を用いた運転シミュレーション装置及び同プログラム」の特許取得

株式会社フォーラムエイト(東京都港区港南2-15-1 代表取締役社長 伊藤裕二 URL:リンク)は、2015年2月27日、携帯端末を用いた運転シミュレーション装置及び同プログラムにについて基本的な特許を取得しました。
 本特許は、サーバと接続したクラウド環境におけるドライビングシミュレーションにおいて、ジャイロセンサーや加速度センサーを利用したタブレット等のモバイル端末でのシミュレーション実行時、センサーの検出値からドライバーの意図、心理、行動を予測し、ステアリング操作をアシストする技術です。2012年12月7日に取得済みの「運転シミュレーションにおいてキーボードによるマニュアル操作を実現する技術」に続いて、VR-Cloud(R)におけるシミュレーションの操作方法について取得しています。
 VR-Cloud(R)はクラウドサーバ上で3D・VRを利用する合意形成ソリューションで、一般的なPCおよびAndoroid端末に対応。インターネット環境さえあれば、スマートフォンやタブレットなどのシンクライアントでもWebブラウザでVR空間を操作できます。この他、VR-Cloud(R)関連技術では「a3S(Anything as a Service)クラウド伝送ライブラリ」(2013年9月20日)、クラウド管理システム(2013年10月25日)、3D・VRの情報共有・同期処理(2014年1月24日)について特許を取得しており、3件 の出願中特許があります。
 VR-Cloud(R)については開発キット(SDK)も提供しており、これを活用したクラウドアプリのプログラミング技術を競うコ ンペティションとして「CPWC 学生クラウドプログラミングワールドカップ」が開催されています。

【本特許の概要】■特願:2013-145512 ■特許取得日:2015年2月27日 ■発明の名称:携帯端末を用いた運転シミュレーション装置及び運転シミュレーションプログラム

【関連製品・情報】
▼VR-Cloud(R) Ver.6
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。