logo

Bullitt Group が「空を飛ぶ」ヨットレースを後援

Bullitt Group 2015年03月06日 15時55分
From 共同通信PRワイヤー

Bullitt Group が「空を飛ぶ」ヨットレースを後援

AsiaNet 59728 (0333)

【レディング(英国)2015年3月5日PRN=共同通信JBN】Bullitt Group は2015年から2年間、最先端のフォイリング・カタマランで帆走する欧州のヨットレース・サーキット、32GCレーシングツアーのタイトルスポンサーになることで合意した。

GC32シリーズはヨットレースの最高峰、アメリカズカップの直近のレース中に着想された。水中翼技術を利用したAC72カタマランで競われたレースで、双胴船の胴体2つが同時に水面から1メートル以上も浮いて、文字通り空を飛びながらコースを回った。

重力に反するセーリングは最新のヨットデザインを代表、GC32は35ノット以上のスピードを出すことも可能な世界最速の単一仕様レーシングヨットになっている。

Bullitt GC32 レーシングツアーは2015年、オーストリア、英国、ドイツ、イタリア、フランスの5カ国で行なわれる。である。競技参加者はアメリカズカップや世界選手権、オリンピックの選手から熱心なアマチュアまでおり、全員が空を飛ぶヨットで競技する体験を渇望している。

Bullitt Group はセーリングのスポンサーに無縁ではない。2014年7月、Cat Phonesのブランド名でコンラッド・ハンフリー Class 40を後援、セーリング・スポーツを通じてセーリングやアウトドアスポーツのファンと関わることを目指した。Bulitt Group の創業者コリン・バットとデーブ・フロイドの両氏はかつてモトローラに所属、ハンフリーのVendee Globe シングルハンデッド無着陸世界一周レースやエクストリーム・セーリングシリーズのスポンサーを務めた。

Bullitt Group は世界的なブランドと提携して消費者向けエレクトロニクス製品を設計、製造、販売している。キャタピラーの「頑丈な」モバイルデバイスとアクセサリーの世界ライセンシーであり、コダックの使いやすいスマートフォンとコネクテッドデバイス、Ministry of SoundとTed Bakerのオーディオ製品とも提携している。

Bulitt Groupのデーブ・フロイド共同最高経営責任者(CEO )はスポンサーシップについて「GC32 フォイリング・カタマランはセーリングにおけるエキサイティングな革新であり、われわれは新しいツアーのスタートから、この競技の進行を支援したいと思った。それはまさに、われわれがブランドのためにモバイル・オーディオ業界の中でしてきたことである。セーリングレースはこの夏中、欧州の魅力的なロケーションでわれわれのデバイスを披露する完全なプラットフォームになり、もちろんわれわれはその一部になる」と語った。

GC32 Class Association の会長で元オリンピックのスター、フラビオ・マラッジ氏はBulitt を祝福して「Bulitt Group がスポンサーとしてGC32 レーシングツアーに加わることを歓迎し、今後力強い関係をともに築いていくことを期待している。GC32 レーシングツアーの発足当初から関わってもらうことは、Bulitt Groupが先見の明を持っていることを示すものである。Bulitt Group は真に革新的な企業であり、われわれのスポーツにビッグなブランド名をもたらし、大きく貢献することは間違いない」と話した。

詳しい情報はリンク を参照。

編集者向け注意

▽Bullitt Groupについて
2009年にコリン・バット、デービッド・フロイド、リチャード・ワートンによって設立されたBullitt Group は、世界的なブランドと提携して消費者向けエレクトロニクス製品を設計、製造、販売している。キャタピラーの「頑丈な」モバイルデバイスとアクセサリーの世界ライセンシーであり、コダックの使いやすいスマートフォンとコネクテッドデバイス、Ministry of SoundとTed Bakerのオーディオ製品とも提携している。英国のレディングに本拠を置き、その製品は世界60カ国以上で販売、台湾、英国、米国など重要市場に事務所を置いている。

Bullitt Group はシンプルだが賢明なビジネスモデルを採用している。サービスが行き届かない市場エリアを対象に開発、製造を行うために、世界的に名の知れたブランドと提携している。ブランドのDNAを理解し、応用することはBulitt のアプローチにとって根本的に重要である。Bulitt と提携先ブランドとの間には深い信頼と強い切望に基づいた関係があり、ブランド価値の基盤になっている。

▽GC32 Racing Tourについて
GC32 は全長10メートル(バウスプリットを含め12メートル)、幅6メートルの双胴船。フォイルで固定され、飛行機が空を飛ぶのと同じように水上を「飛ぶ」最新デザインの高性能セーリングヨットである。これによりGC32は同一設計サイズで世界最速のレースが可能になり、30ノット以上のスピードも出せる(従来の最高記録は37.9ノット)。

GC32のフォイリング・テクノロジーはサンフランシスコの2013年アメリカズカップで使われたAC72カタマランをベースにしており、シンプルにするためスケールダウンされた。このため、プロセーラーでも個人オーナーでも、低予算にもかかわらずスリル100%の最先端ヨットレースを体験できる。

▽2015年GC32 レーシングツアー

5月27-31日:オーストリアカップ、トラウンゼー湖、オーストリア
6月24-27日:カウズカップ、カウズ、英国
7月29日-8月2日:キール、ドイツ
8月27-30日:ローマカップ、フィウミチーノ、ローマ、イタリア
9月30日-10月3日:マルセーユ・ワンデザイン、マルセーユ、フランス

ソース: Bullitt Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。