logo

ファーウェイ輪番CEO胡厚崑、MWC 2015で「Super-Connected 5G」のビジョンを概説

ファーウェイ・ジャパン 2015年03月06日 13時56分
From PR TIMES

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)の輪番CEO兼取締役副会長である胡厚崑(ケン・フー)は3月3日、スペイン・バルセロナで開催中のMobile World Congress (MWC)2015において、第5世代携帯電話技術(5G)は今まで以上につながった「スーパー・コネクテッド」な世界に欠かせないインフラストラクチャになると語り、さらに5Gのビジョンは業界の垣根を超えたオープンな連携、強力な技術イノベーション、革新的な商用化戦略を介してのみ実現可能であると強調しました。



[画像: リンク ]



胡はMWCで行われた基調講演の中で、5Gの実現を後押しする要因として、より優れたユーザー・エクスペリエンスに対する要求、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の台頭、未来の産業革命を見据えた垂直産業からの要請を挙げました。


胡は次のように述べています。「5Gネットワークが完全に展開されれば、1,000億のスマート・ノードに接続を提供できるようになります。これだけの接続を可能にするネットワークは、さまざまなアプリケーションにとってきわめて価値が高いものです」


5Gによって遅延時間が1ミリ秒にまで短縮すると、自動運転車もより現実味を帯び、超低遅延を要件とする産業アプリケーションの開発も加速します。


さらに5Gでは最大速度が10ギガビット/秒に達する見込みです。8ギガバイトのHD映像をダウンロードするには、3Gなら1時間以上、4Gでも約7分かかりますが、5Gではわずか6秒と、ほぼ瞬時にダウンロードすることが可能となります。


胡は次のように述べます。「5Gは単なるアップグレードではなく、新たなアプリケーション、新たなビジネス・モデル、さらには新たな産業を生み出す強力なプラットフォームとなるでしょう。また、そこから破壊的なイノベーションが数多く生まれることも予測されます」


胡は、5Gの実現にはまず通信事業者が垂直産業とオープンに連携し、ビジネス・ニーズに応じた規格の策定や技術イノベーションを進めていく必要があるとします。


次に、最近ファーウェイが発表した将来の5Gネットワークに対応する新しい無線インターフェース技術を例に挙げ、通信業界にはこのような徹底した技術イノベーションが必要であるとしています。


ファーウェイは長年の研究開発の末、自己適応型/ソフトウェア定義型の無線インターフェース・アーキテクチャを誕生させました。このアーキテクチャには、SCMA(Sparse Code Multiple Access)、F-OFDM(Filtered-Orthogonal Frequency Division Multiplexing:フィルター直交周波数分割多重)、Polar符号といった最新技術が活用されています。これらの技術によってスペクトル効率が少なくとも3倍に改善されると同時に、接続性の増強や超低遅延を実現することができます。


さらに胡は、ネットワーク・アーキテクチャや全スペクトル・アクセスといった重要分野のイノベーションも必要だと付け加えました。


最後に、5Gの実現には通信業界が進化型の技術商用化戦略を採用し、将来の5Gネットワーク用に設計されたイノベーションを通信事業者が最大限に活用できるようにする必要があるとし、次のように述べています。


「こうした戦略を通して、通信事業者は4Gの投資収益率を最大化し、5G市場の需要を刺激して、4Gから5Gへと移行する市場での優位性を確立することができます」


ファーウェイは2月下旬に4.5G商用化の見通しを発表しました。同社が2016年にも実現を見込む4.5Gでは、5Gのイノベーション技術を4Gネットワークで活用することで、一般ユーザーの利用体験をさらに快適なものにするとともに、現在の4Gネットワークよりも接続数や遅延時間を改善するなど、強化したネットワーク機能による垂直産業向けの新しいアプリケーションを提供し、通信事業者の収益の向上をサポートしていきます。


MWC 2015 は、3月2日から5日にかけてスペイン・バルセロナで開催されています。ファーウェイは会場となる Fira Gran Viaのホール1とホール3で最新の製品とソリューションを展示しています。詳細については以下のウェブサイト(英語)をご参照ください。リンク


【ファーウェイについて】

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、世界有数のICTソリューション・プロバイダーであり、1987年に中国・深圳(シンセン)に設立された従業員持株制による民間企業です。「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」というビジョンのもと、お客様志向のイノベーションとパートナーシップにより、通信・企業ネットワーク、端末、クラウド分野にわたり、お客様の競争優位性を高めるエンド・ツー・エンドのICTソリューション・ポートフォリオを確立しています。ファーウェイの17万人におよぶ従業員は通信事業者、企業、消費者の皆様へ最大の価値を提供すべく尽力しており、競争力の高いソリューションとサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。


日本法人(ファーウェイ・ジャパン)は2005年に設立され、日本市場のニーズに応えるべく幅広い製品ならびにサービスを提供しています。詳しくは、当社ウェブサイト:www.huawei.com/jp/、フェイスブック:www.facebook.com/HUAWEI.JAPAN、ツイッター:twitter.com/HUAWEI_Japan_PR、LINE:‘ファーウェイ’で検索、YouTube:リンクをご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事