logo

~サンクスヘルメット~郡山市立明健中学校・薫小学校・橘小学校にて除染作業員から心のこもった「お返し」

ONEふくしま事務局 2015年03月05日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年3月5日

ONEふくしま事務局

ONEふくしま「サンクスヘルメット」
除染作業員からの「お返し」を後押し
~郡山市立明健中学校・薫小学校・橘小学校にて
除染作業員から心のこもった「お返し」~

 福島の再生を目指す「ONEふくしま」では、昨年10月に開催した「サンクスヘルメット贈呈式」で、子どもたちから心温まるメッセージをもらった除染作業員からの「お返し」の取組を後押ししました。2015年2月26日(木)に郡山市立明健中学校、27日(金)に郡山市立橘小学校、3月4日(水)に郡山市立薫小学校にて実施されました。
 郡山市では、今春、除染が終了する地域もあります。加えてこの時期に行われる卒業式や入学式を祝うために、各小中学校とその周辺の除染を行っている除染作業員の方々が考えた、心のこもった「お返し」が行われました。

 明健中学校と薫小学校では、子どもたちへの感謝の気持ちをしたためた色紙と、校庭で除染作業員が気持ちを込めて植えたサイネリアやマーガレットのプランターの贈呈式を行いました。プランターは各学校の昇降口や卒業式などに飾られます。
 また、橘小学校では、子どもたちへの感謝の気持ちをしたためた色紙と、子どもたちが校庭で遊んでいて古くなっていたボールの打ち壁を除染作業員が新しく塗り直し、その除幕式と始球式を行いました。新しい壁は、“的あてボード「ATARU」くん”の愛称に決まり、始球式では、児童や除染作業員が一緒になって初打ちを行い、寒空の下でしたが校庭に笑顔が溢れました。
 各校の校長先生は、「子どもたちのメッセージに対して、除染作業員の皆様からのお返しでつながりを持てたことを本当に嬉しく思います」「子どもたちは、人と人とのつながりが深まったと実感できたと思います」「周りにたくさんの方々がいて自分は支えられている、という思いを子どもたちが持てたと考えています」などと感想を述べました。
 「ONEふくしま」は、これからも福島の再生を願い、取り組む人々の交流と相互理解を後押していきます。


***実施内容***

『中学生へのお返し』
◆2/26(木)郡山市立明健中学校:
 メッセージ色紙とサイネリアのプランターの贈呈
 明健中学校では、郡山地区建設業協同組合から、除染作業員の二瓶重信さん、関雅人さん、渡辺剛さんの3名が訪問しました。3年生を送る会に合わせて、朝から校庭でプレゼントするサイネリアをプランターに植えました。贈呈式では、除染作業員から子どもたちへ、メッセージが書かれた色紙とサイネリアのプランターが手渡されました。除染作業員の二瓶さんは、「心温まるメッセージを頂き、毎日皆がヘルメットに付けて作業しています。大変励みになっています」と述べました。
 明健中学校からは、3年生の菊池香名さん、藤谷元喜さん、松崎寧さんの3名が代表として登壇しました。生徒会長の菊池香名さんは、「とても嬉しいです。お返しに花を贈って頂いて、人との繋がりを感じて、本当に温かい気持ちでいっぱいです」とお礼の言葉を述べました。また、佐藤卓弘校長は、「何気ない生徒たちの激励の言葉が、こんなに大きな「絆」となって返ってきました。子どもたちが、やがて自分たちが復興の中心になっていくのだという気持ちを持つことのできた今日の行事に感謝したいと思います」と挨拶しました。
 終了後には、先生方及び全校生徒と除染作業員とで記念撮影が行われました。また、サイネリアのプランターは、卒業式などで校内に飾られます。


『小学生へのお返し』
◆2/27(金)郡山市立橘小学校:
 メッセージ色紙の贈呈、的あてボード「ATARUくん」の除幕式&始球式
 橘小学校では、郡山市除染支援事業協同組合から、小野寺一夫さん、加藤規夫さん、前林貞夫さんの3名が訪問しました。的当てボードの塗り替えは、2月20日(金)に除染作業員によってペンキ塗りを行い、当日は6年生を送る会に合わせて、メッセージ色紙の贈呈と、的当てボードの除幕式と始球式を行いました。
 除幕式の冒頭では、「この的当てボードを使って遊ぶと、誰でも明るく楽しい気分になれるので、的当てボードを「ATARUくん」としました。素敵な名前になりました。とても嬉しく思います」と、渡邊幸典校長から新しい愛称を発表しました。除染作業員の小野寺さんは、「今日は嬉しいです。安心して遊んでもらえると思います。身体をいっぱい使って遊んでもらって、元気な大人になってほしいです」と述べました。橘小学校からは、6年生の後藤陽貴さん、渡部遼平さん、大出陽葵さんの3名が代表として参加し、「僕たちのために、こんなに素敵に的当てを塗り替えて下さり、ありがとうございました。これからはピカピカに生まれ変わった「ATARUくん」で沢山身体を動かし、心も身体もたくましくなります。本当にありがとうございました」とお礼の言葉を述べました。除幕式の後には、子どもたちと除染作業員による「始球式」が行われ、オレンジ色のボールを手に大いに盛り上がりました。
 渡邊幸典校長は、「除染作業員の皆さまへの子どもたちの感謝をメッセージにしてお届けしたところ、「ATARUくん」という形になって戻ってきました。お互いの感謝の気持ちがつながったことは、子どもたちにとって非常に良い経験になりました。このような機会を学校としても大変嬉しく思っています」と挨拶しました。

◆3/4(水)郡山市立薫小学校:
 メッセージ色紙とマーガレットやゼラニウムのプランターの贈呈
 薫小学校では、佐藤工業株式会社郡山除染作業所から三澤啓之さん、株式会社大林組郡山除染工事事務所から大塚享さん、柏井浩徳さんの3名の除染作業員が訪問し、朝から校庭でプレゼントするマーガレットやゼラニウムをプランターに植える作業をしました。贈呈式では除染作業員から子どもたちへ、メッセージが書かれた色紙やマーガレットとゼラニウムのプランターが手渡されました。除染作業員の三澤さんは、「サンクスヘルメットのメッセージをありがとうございました。お花で薫小学校を明るく元気な学校にしてください」と述べました。柏井さんは、「皆さんが書いてくれたメッセージは、ステッカーにして私たち全員がヘルメットに貼っています。そのメッセージを毎日見て、元気を出して作業をしています。皆さんもお花を見て、明るく楽しい学園生活を送ってください」と挨拶しました。
 薫小学校からは6年生の菊地奎介さん、佐藤佳音さん、村上愛依さん、5年生の鈴木萌友さん、4年生の石井啓太さんの5名が代表として登壇しました。佐藤さんは「震災後、外遊びができず、とても悲しい思いをしていました。でも、作業員の皆さんが除染をしてくださったおかげで、今は楽しく運動や外遊びができて、とても感謝しています。今日は、朝早くからお花を植えてくださり、ありがとうございました。大切に育てていきます」とお礼の言葉を述べました。小林伸行校長は、「除染作業員の皆さまへ子どもたちが一人ひとり心をこめて贈ったメッセージに対して、目に見える美しい花や色紙でお礼していただいたことを大変ありがたく思います」と挨拶しました。
 終了後には、校長先生及び生徒の代表と除染作業員とで記念撮影が行われました。また、マーガレットとゼラニウムのプランターは、卒業式などで校内に飾られます。


***記***

名称:ONEふくしま「サンクスヘルメット」
   ~除染作業員から子どもたちへのお返し~
主催:ONEふくしま
協力:環境省


【参考】
■「ONEふくしま」について
「ONEふくしま」とは、「福島の再生を目指して」という想いのもとに、共に広告企画を考えるという趣旨に賛同した福島のメディアとそのチーム及びその取組の総称です。
<ONEふくしま 参加社(8社 2015年3月現在)>
福島民報社・福島民友新聞社・福島テレビ・福島中央テレビ・福島放送・
テレビュー福島・ラジオ福島・ふくしまFM
事務局:電通・電通東日本

■サンクスヘルメット企画概要
サンクスヘルメットとは、ONEふくしまが主体となって、郡山市の小中学校3校などの協力を得て実施しました。各校の児童・生徒および「ふたばワールド」(2014年9月28日実施)の来場者から、除染作業員に対するメッセージを書いてもらい、そのメッセージをステッカーにして、福島県内の除染作業員約3万人に配布しました。現在、除染作業員の方々は、各自のヘルメットに貼り付けて作業しています。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。