logo

株式会社住まいの友和が経年付加価値により人が永く美しく生きる家『VINTAGE CRAFTS(ヴィンテージ・クラフト)』を設立

株式会社住まいの友和 2015年03月05日 16時00分
From Digital PR Platform


株式会社住まいの友和(本社:東京都西東京市、代表取締役:大粒來勝安)は、注文住宅ブランドの「VINTAGE CRAFTS」を3月1日に設立いたしました。「VINTAGE CRAFTS」は「自然素材で創る注文住宅。建築屋のプライド」の株式会社住まいの友和と「オーガニックハウス~建築の巨匠『フランク・ロイド・ライト』の有機的建築思想を正統に継承~」の日本オーガニックアーキテクチャー株式会社とのコラボレーションにより誕生した新ブランドとなります。

「VINTAGE CRAFTS」は昨今の注文住宅市場のトレンドである自然素材を使った健康住宅としての機能を備えつつ、「人が住まうことの本質」を見つめ20年後、40年後、60年後も価値の変わらないデザインの住宅を、価値あるものを長期間愛することの出来る都市住民向けに展開してまいります。

<概要>

1. 「VINTAGE CRAFTS」運営会社について

◆株式会社住まいの友和
1998年設立。「安くは建てるが決して安物はつくらない」をテーマに『子育て世代応援自然派注文住宅』を展開する。かかる費用をトータルで提示する「引渡価格」制度や、営業担当から施工管理までを集めたプロジェクトチームによる顧客対応など、業界の常識を打破しながら顧客目線での家造りを進めている。

所在地:東京都西東京市西原町5-3-1
代表者:代表取締役 大粒來 勝安(おおつぶらい かつやす)
事業内容:注文住宅事業・リフォーム事業
Webサイト:リンク

◆日本オーガニックアーキテクチャー株式会社
2004年設立。フランク・ロイド・ライト財団と締結されたライセンス契約に基づいて、「オーガニックハウス」のブランドネームでフランク・ロイド・ライトの有機的建築(ORGANIC ARCHITECTURE)の精神を受け継ぎ、感性、普遍性をテーマとして住宅のデザイン開発、工法開発、素材開発などをおこない、全国にオーガニックハウスの住宅会社のネットワークを展開、運営している。

所在地:名古屋市中区金山1-12-14 金山総合ビル2F
代表者:代表取締役 石原 成
事業内容:オーガニックハウスブランド事業運営
   オーガニックハウス運営システム開発、運営
   オーガニックハウスデザインサポートシステムの運営
Webサイト:リンク

2. フランク・ロイド・ライト及び米国フランク・ロイド・ライト財団について

・フランク・ロイド・ライト(1867年6月8日~1959年4月9日)『世界三大建築家』の一人と呼ばれ、現在愛知県の明治村に保存されている旧帝国ホテルや池袋の自由学園明日館を設計するなど、日本と大変かかわり合いの深い建築家でもあります。親日家としても知られ、岡倉天心の「茶の本」は「有機的建築思想」と呼ばれる彼の建築思想にインスピレーションを与えました。
・代表作はロビー邸(1908-09)、帝国ホテルライト館(1915)、落水荘(1936)、グッゲンハイム美術館(1937)
・フランク・ロイド・ライト財団はアリゾナ州スコッツデールに拠点を構え、フランク・ロイド・ライトの生涯にわたる業績のアーカイブズとして創立されました。有機的建築の思想と基本コンセプトの普及に従事するとともに自然環境の保護を使命としています。また、フランク・ロイド・ライト建築学校では、彼の生涯にわたる業績と設計思想を継承し、一般の人々も有機的建築を体験し、学ぶことを可能にしています。

リンク

3. 水平ラインの美しさ、「中」と「外」の連続性を重視した流れるような「有機的」空間

・「VINTAGE CRAFTS」の建てるオーガニックハウスの特徴は、フランク・ロイド・ライトが提唱した「有機的建築」の思想を現代の住宅で実現した点にあります。
・外観は「大地から離れることなく自然とつながること」をテーマに水平ラインを基調とし、無添加素材のカラー漆喰やレンガタイルにより自然との調和を図ります。
・「風や光、緑、景観までも室内に取り入れ、招き入れる」ことにより、「自然と建物の一体化」を実現。例えば、内から見ると庭も室内の一部に見え、外から見ると室内が庭の一部に見えるように設計されています。
・キッチンを住まいの主役と考え、機能性・作業動線の合理性と、リビングにつながる空間づくりを両立させました。生活する人の動きを誘導する曲線の壁がキッチンを「集いの場」に変えます。
・半円状の空間を形取る壁面とカウンターのやわらかな曲線が創る、個の時間。デスクに向かい他の一切を隔絶して過ごす場所です。



4. 武蔵野ハウジングスクエアにモデルハウスオープン(4月末プレオープン、5月末グランドオープン予定)

「VINTAGE CRAFTS」第一弾として、5月末、東京都武蔵野市にある武蔵野ハウジングスクエア内にモデルハウス「Rattenbury(ラッタンバリー)」をオープンいたします。
「Rattenbury」はフランク・ロイド・ライトの高弟であり、タリアセンアーキテクツ主席建築家であるジョン・ラッタンバリー氏がコンセプト設計を行った、オーガニックハウスのフラッグシップモデルです。
今回、VINTAGE CRAFTSとして武蔵野ハウジングスクエアに出展するにあたり、住まいの友和の培ってきたノウハウと自然素材をベースに再構築し、デザイン性と機能性、快適さのバランスを高度に実現したモデルとして生まれ変わりました。
構造体に紀州産ヒノキを採用。制震ダンパー「GIVA」を導入するとともに、耐震等級3を取得いたしております。
また、健康に配慮した自然住宅として、「人に優しいホウ酸系防蟻剤」や「羊毛断熱材」「炭化コルクの外壁材と無添加漆喰によるダブル断熱」などの住まいの友和で使用してきた自然素材を多く取り入れました。
更に、床材に無垢材を使用、建具・家具はライトのデザイン思想を色濃く反映した突板の特注品を使用しているので、木の風合いに包まれた「有機的」な空間となっています。

・モデルハウス建物本体工事参考価格:約6,000万円(坪99万円)


5. スペシャルサイト・Facebookページオープン

「VINTAGE CRAFTS」公式ブランドサイト及びFacebookページをオープンいたしました。
商品紹介やフランク・ロイド・ライトの建築思想の紹介、モデルハウス建築現場の様子の動画などを配信することで、ユーザーに「VINTAGE CRAFTS」の世界観をより身近に感じ取っていただくサポートをいたします。

VINTAGE CRAFTSブランドサイト:リンク
VINTAGE CRAFTS Facebookページ:リンク

6. 朝日住まいづくりフェア2015に出展いたします

6月5日・6日・7日に東京ビックサイトで行われる日本最大級の住宅展示イベント「朝日 住まいづくりフェア2015」に「VINTAGE CRAFTS」として出展いたします。
当日はセミナーや建築相談会、建築デザインサポートなどを行う予定となっております。
3月16日より「朝日住まいづくりフェア」公式サイト及びVINTAGE CRAFTS公式サイトにてイベント当日の予約をしていただくことが出来ます。

※本プレスリリースに記載されている内容は発表時点の情報です。予告なしに内容が変更となる場合もあります。あらかじめご了承ください。


お客様からのお問い合わせ先
株式会社住まいの友和 営業部
〒180-0004 東京都西東京市西原町5-3-1
TEL:042-465-7341
MAIL:yuwa@sumaino.co.jp
Web:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事