logo

ファーウェイ、英通信最大手のEEおよび米クアルコムとウェンブリー・スタジアムで400Mbpsの超高速ワイヤレス接続をデモ

ファーウェイ・ジャパン 2015年03月04日 17時09分
From PR TIMES

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は2月27日、英通信最大手のEEおよび米クアルコムの子会社であるクアルコム・テクノロジーと共同でLTEカテゴリー9のデモを実施し、英国ウェンブリー・スタジアムでのライブ試験において下り400メガビット/秒を超える通信速度を達成したことを発表しました。

EEのモバイル・ネットワークの未来像を紹介するため、ファーウェイはEEおよびクアルコム・テクノロジーと共同で、複数の4K/HDスクリーンとロスレス圧縮ストリーミングによる映像と音声の体験設備をスタジアムに設置しました。高速・大容量ネットワークによってウェンブリー・スタジアムでの音楽イベントをリアルに体感できる同デモでは、音楽やスポーツの未来の楽しみ方を垣間見ることができます。


ファーウェイのワイヤレス・ネットワーク プロダクト・ライン マーケティング担当バイス・プレジデントであるモハメド・マドクール(Mohamed Madkour)は次のように述べています。「4K動画ストリーミングのようなスピード要件の高いアプリケーションを複数ユーザーが同時に利用するニーズがあるウェンブリー・スタジアムで、革新的なLTE-Advanced(LTE-A)が現実のものとなることを大変喜ばしく思います。エンド・ユーザーの期待に応えるためには、さらなるキャパシティの向上やより信頼性の高いモバイル・デバイス接続が必要です。今回のファーウェイ、EE、クアルコム・テクノロジーの協業は、LTE-Aでどんな体験が可能となるのかをお見せする機会となります」


EEは400メガビット/秒のスピードを実現するため、1800MHz帯20MHz、2.6GHz帯20MHz、2.6GHz帯15MHzの3つの搬送波を束ねたキャリア・アグリゲーションを実施しました。


英国情報通信担当大臣であるエド・ヴェイジー(Ed Vaizey)氏は次のように述べています。「デジタル革命のただなかにある今、英国はデジタル経済の可能性を最大限に引き出すのにふさわしいインフラストラクチャを必要としています。当国はテクノロジーを創造するのみならず、新たなテクノロジーをいち早く取り入れており、常により高速な接続を求めています。今回のような意欲的な開発は、デジタル分野で世界をリードする英国の位置づけを強化するものとなるでしょう」


EEのネットワーク・サービスおよびデバイス部門ディレクターであるトム・ベネット(Tom Bennett)氏は次のように述べています。「今回のウェンブリー・スタジアムのデモは、EEの未来のモバイル・ネットワークの姿とともに、3つの搬送波のキャリア・アグリゲーションが実現するネットワーク性能を世界に披露するものです。デモでお見せしたネットワークはきわめて高速であるだけでなく、優れたキャパシティを持っています。このように多くの人々がインターネットを同時に利用できることは非常に重要です」


クアルコム・ヨーロッパのシニア・バイス・プレジデント兼プレジデントであるエンリコ・サルバトーリ(Enrico Salvatori)氏は次のように述べています。「カテゴリー9のLTE-Aではネットワーク全体の容量が増強されダウンロードも高速となることで、ユーザーは飛躍的に向上したモバイル接続と、4Kなど需要が高まりつつあるリッチなエクスペリエンスを享受できるようになります。クアルコム・テクノロジーはこのような分野の進化を促す先進的なモデム技術を持っており、このたびファーウェイとEEと連携して未来の接続性のデモを実施できたことを光栄に思います」


【ファーウェイについて】

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、世界有数のICTソリューション・プロバイダーであり、1987年に中国・深圳(シンセン)に設立された従業員持株制による民間企業です。「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」というビジョンのもと、お客様志向のイノベーションとパートナーシップにより、通信・企業ネットワーク、端末、クラウド分野にわたり、お客様の競争優位性を高めるエンド・ツー・エンドのICTソリューション・ポートフォリオを確立しています。ファーウェイの17万人におよぶ従業員は通信事業者、企業、消費者の皆様へ最大の価値を提供すべく尽力しており、競争力の高いソリューションとサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。


日本法人(ファーウェイ・ジャパン)は2005年に設立され、日本市場のニーズに応えるべく幅広い製品ならびにサービスを提供しています。詳しくは、当社ウェブサイト:www.huawei.com/jp/、フェイスブック:www.facebook.com/HUAWEI.JAPAN、ツイッター:twitter.com/HUAWEI_Japan_PR、LINE:‘ファーウェイ’で検索、YouTube:リンクをご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。