logo

ファーウェイが同社ビジョンのOpen ROADS to a Better Connected Worldを共有

ファーウェイ 2015年03月03日 13時01分
From 共同通信PRワイヤー

ファーウェイが同社ビジョンのOpen ROADS to a Better Connected Worldを共有

AsiaNet 59669 (0305)

【バルセロナ(スペイン)2015年3月2日PRN=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、 華為技術)は2日、バルセロナで開催されているモバイル・ワールド・コングレス(MWC)での会議、展示会、対話など、さまざまなプラットフォームを通じてICT業界に向けた同社のビジョン「Open ROADS to a Better Connected World(よりよいコネクテッドワールドへのオープンROADS)」を共有すると発表した。完全なコネクテッドワールドにおける最高のユーザー体験の5つの基本特性であるリアルタイム(Real-time)、オンデマンド(On-demand)、オールオンライン(All-online)、DIY、ソーシャル(Social)を網羅したファーウェイの「ROADS」ビジョンは、アジャイル・イノベーションを実現し、デジタル時代のICT業界とソーシャル・セクターを推進する。ファーウェイはまたMWCで、SoftCOMを紹介する。SoftCOMは、オペレーターがビジネス変革を成功させることを支援するため、アーキテクチャー、ネットワーク、オペレーション、サービスの面で通信業界を再編する設計がなされた未来志向の通信ネットワーク・アーキテクチャーである。

ファーウェイの取締役で製品&ソリューション担当プレジデントであるライアン・ディン氏は「通信業界はオープンなデジタル・エコシステムに向けて素早く行動を起こす必要がある。ファーウェイは顧客と業界パートナーと協力し、高度に進んだ完全なコネクテッドワールドを構築することにコミットしている。ファーウェイはMWCで、オープンなデジタル・エコシステム受け入れをテーマとした数々の革新的な製品とソリューションを紹介し、ICT変革を実現し、ウルトラ・モバイル・ブロードバンドを進化させる。われわれはICT業界の当社顧客およびパートナーとともに、Better Connected WorldにつながるOpen ROADSのビジョンを追求する」と語った。

▽ケン・フー輪番最高経営責任者(CEO)が講演
ファーウェイの副会長兼輪番CEOであるケン・フー氏は中部欧州時間3日午前9時15分から、Fira Gran Viaのカンファレンス・ビレッジで「The Road to 5G(5Gへの道)」と題する基調講演を行なう。同氏はトピックスの中で、モバイル業界の将来に関するファーウェイの展望と「Better Connected World」をめぐるビジョンを定義する。

▽Fira Gran Viaのホール1にあるファーウェイを訪問
ファーウェイはFira Gran Viaのホール1でさまざまな革新的ICTソリューションをデモする。それらは以下の通り:

SoftCOM戦略:ファーウェイは2012年、将来志向の通信ネットワーク・アーキテクチャー戦略のSoftCOMを提案した。その目標は、アーキテクチャー、ネットワーク、オペレーション、サービスの観点から通信業界の再編を支援することにある。SoftCOM戦略はソフトウエア定義ネットワーキング(SDN)、ネットワーク機能仮想化(NFV)、クラウドコンピューティング、インターネット利用オペレーションに秘められた可能性を最大限発揮させる。これによって、通信キャリアは総合的なネットワーク進化とビジネス変革を実現することに加え、オープンで相互接続されたイノベーティブ・エコシステムをいっそう前進させるとともに積み重ねた業界価値を高め、それを活用することができる。

ウルトラ・モバイル・ブロードバンドの進化:ファーウェイはモバイル・ブロードバンド(MBB)業界向けの知見、戦略、ソリューションを共有し、MBBによってオペレーターがユビキタスで太洋のようなウルトラMBBネットワークを構築することをどのように支援するかを実演する。オペレーターはこの統合されたアジャイルかつ柔軟なネットワークを使えば、顧客セグメントを越えて事業を拡大でき、ヘルスケア、輸送、小売り、金融などのバーティカル市場でより多くの機会を生み出すことができ、ICT変革への道を切り開くことができる。ファーウェイはまた、LTE-Advancedソリューション、4.5Gプロトタイプ、5G開発、FMC2.0を含むフラグシップ製品およびソリューションも実演する。これらすべては、ファーウェイがいかにしてICTテクノロジーを推進し、ネットワーク進化を次の段階に押し上げるかを実証する。最後に、ファーウェイは同社最新の高度に統合された小型のマクロ・ステーション、クラウドソーシング小型セル、体験重視のモバイル・バックホール、NFV/SDNソリューション、SD-DC(2)(サービス重視の分散クラウド・データセンター)アーキテクチャー、FusionCloudソリューションを展示する。これらは通信ネットワーク・インフラストラクチャーのそれぞれのレイヤーにクラウド技術を導入している。

ICT変革を実現:ファーウェイは体験重視のオペレーションを実現することによって、顧客体験管理、事業価値クリエーション、顧客体験マネタイゼーション、優良ブランドのMBB開発、効率向上に関する同社の戦略、ソリューション、知見を共有する。ネットワークはますますIT中心となり、サービスはデジタル化が行き渡りクラウドベースとなっており、ファーウェイは事業統合、オーケストレーション、インフラストラクチャー能力保証によってオペレーター向けのアジャイルかつ柔軟なICTリソース変革をどのように実現するかも実演する。ファーウェイはまた、同社のICT Enterprise Architectureを展示し、体験管理、ビジネス・アーキテクチャー、アプリケーション・アーキテクチャー、情報アーキテクチャー、および、プラットフォームとテクノロジー・アーキテクチャーに及ぶICT変革に向けたコミュニケーション・サービス・プロバイダー(CSP)のロードマップも展示する。ファーウェイが展示するこの他のハイライトは、同社の次世代オペレーティング・システムとなるTelco OSで、それはInfrastructure Enabling System(IES)を含む主要な機能モジュールを備え、ICT低層インフラストラクチャーとの柔軟なスケジューリングと自動リソース管理・配分、さらに貴重なビジネス戦略の情報を提供し、それを生み出す分析のためのビッグデータ分析を実現する。またファーウェイのBusiness Enabling System(BES)はアジャイルかつ柔軟な製品開発とパッケージデザインを実現し、パートナーのサービス開発を推進し、エンドユーザーのサービス利用と消費を促進する。これらすべてによって、オペレーターは「ROADS」体験のビジョンによって推進されるオペレーション変革を達成することができる。

オープンなデジタル・エコシステムの受け入れ:ファーウェイは戦略的投資を行い、オペレーターがオープンなデジタル・エコシステムを構築することを支援するため5年間にわたりデジタルサービス・コンバージェンスとネットワーク機能のオープン化を育成してきた。インターネット化したトラフィック・マネタイゼーション、ユーザー体験の大幅向上とトラフィックバリューの実現はビッグデータ能力の中心となる。コンテンツ開放とコラボレーションはエコシステムの発展を推進し、これによってオペレーターが継続して事業に成功することを保証する。ファーウェイは、オープンなデジタル・エコシステムを構築し、世界のコンテンツとアプリケーションを集約し、人材を育成することによって、いかにしてCSPと協力してデジタル変革を達成し、個人、家族、業界の顧客に対しデジタルサービスを提供できるかを実演する。同時に、ファーウェイは今後も、キャリアがネットワーク、プラットフォーム、オペレーションの優位性を最大化し、双方にメリットがあるエコシステムを構築することによってスマートシティー市場を拡大し、エンタープライズICT変革機会をとらえることができる専用サービスとエンドツーエンドICTソリューションを提供し続けていく。

消費者が常にコネクテッドな状態でいるために、ファーウェイはモバイル・ワールド・コングレス(MWC)2015の開会日前日にHuawei Watch、TalkBand B2、TalkBand N1など一連のウエアラブルデバイスを公開した。ファーウェイはまた、次世代のファブレットMediaPad X2を公開、さらにブランド・ビジョンの「Dreams Inspire Creativity」も発表した。ウエアラブルデバイスの発表によってファーウェイはクリエーティビティーの意欲をかき立て、消費者のエコシステムを向上させる製品を開発するコミットメントを示した。

MWC 2015で、ケン・フー副会長兼輪番CEO、ライアン・ディン製品&ソリューション担当プレジデント、シャオビン・ヤン最高マーケティング責任者(CMO、無線ネットワーク製品ライン担当)は「The Road to 5G」「Network Evolution in Practice(実践におけるネットワーク進化)」「Business Cases for a 5G World(5Gワールドに向けたビジネスケース)」などのトピックに関するビジョンを披露する。

MWC 2015は3月2日から5日までバルセロナで開かれる。ファーウェイはFira Gran Viaのホール1とホール3で同社最新の製品およびソリューションを展示する。詳細な情報についてはウェブサイトリンク を参照。

▽ファーウェイ(Huawei)について
ファーウェイは通信を通じて生活を充実させるビジョンを掲げ、世界をリードする情報通信技術(ICT)ソリューション・プロバイダーである。ファーウェイはよりコネクテッドな世界を通じて、責任ある企業市民、情報化社会の革新的なイネーブラー、業界の協力的なコントリビューターとして活動することによって生活を充実させ、効率を向上させることを目標としている。ファーウェイは消費者中心のイノベーションとオープンなパートナーシップを通じて、エンドツーエンドのICTソリューション・ポートフォリオを構築し、通信会社および企業のネットワーク、デバイス、クラウドコンピューティングで顧客の競争上の優位性を確立した。ファーウェイは世界で17万人を雇用し、通信オペレーター、企業、消費者の最大価値を創出することにコミットする。当社の革新的なICTソリューション、製品、サービスは170以上の国・地域に展開され、世界人口の3分の1以上の人々にサービスを提供している。

詳細はファーウェイのウェブサイトwww.huawei.com を参照するか、以下でフォローを。
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク

ソース:Huawei

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。