logo

小倉百人一首 所縁の地をめぐるツアーに富士ゼロックスのスマートフォン用観光音声ガイドサービスが採用

富士ゼロックス株式会社 2015年03月03日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015/3/3

富士ゼロックス株式会社

小倉百人一首 所縁の地をめぐるツアーに
富士ゼロックスのスマートフォン用観光音声ガイドサービスが採用
京都時雨殿周辺の約100か所をGPSの位置情報を活用した「SkyDesk Media Trek」で紹介

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)が提供するスマートフォン用観光音声ガイドアプリ「SkyDesk Media Trek(スカイデスク・メディア・トレック)(*1)」が、公益財団法人小倉百人一首文化財団(*2)(所在地:京都市右京区、理事長:立石義雄)の、文化庁の「地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業」で制作された「嵯峨・嵐山めぐり」の音声ガイドサービスに採用されました。小倉百人一首文化財団には、富士ゼロックスの販売会社、富士ゼロックス京都株式会社(本社:京都府京都市、社長:浜田英敏)が、サービスを提供しています。
「SkyDesk Media Trek」は、GPS(全地球測位システム)と連動した音声ガイド付きコンテンツを個人のスマートフォンで利用するためのクラウドサービスで、小倉百人一首文化財団は、中核施設である時雨殿やその周辺の約100か所の観光スポットを紹介する「嵯峨・嵐山めぐり」で本サービスを採用し、利用者に無料で提供します。
音声ガイドコンテンツは、京都産業大学文化学部・小林一彦ゼミの学生が、授業の一環で制作しており、歴史背景なども考慮した、市販のガイドブックにはないユニークな内容が盛り込まれています。観光客に対してサービスを提供する小倉百人一首文化財団だけでなく、地元の学生が連携して、地域の魅力を伝える取り組みです。
小倉百人一首文化財団は今後、英語の音声ガイドにも対応する予定で、外国人観光客の誘致も視野に入れた地域活性化を目指しています。
富士ゼロックスは、当社が強みとするドキュメントサービス&コミュニケーションのビジネス領域において、個々の企業の課題解決に貢献するだけでなく、自治体や地域コミュニティなどに視野を広げて、新しいコミュニケーション環境の構築を提案してまいります。
*1:リンク
*2:京都商工会議所120周年記念事業の一環として、小倉百人一首を通じて、文化・芸術・産業など各分野の更なる発展や観光の振興に貢献することを目的に、平成15年11月に設立された財団。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。