logo

schoo(スクー)が オンライン英会話「レアジョブ英会話」とコンテンツ提携

株式会社schoo 2015年02月27日 13時41分
From PR TIMES

グローバル人材育成に向けて、英語4技能の学習コンテンツを共同開発。インターネット時代の「英語学習スキーム」確立に向けて始動

インターネット生放送を活用したコミュニケーション型動画学習サービス「schoo(スクー) WEB-campus」を運営する株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森健志郎、以下スクー)は、株式会社レアジョブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤智久)と共同で、双方のサービスをまたいでTOEIC(R)対策ができる英語学習コンテンツを開発。共同開発された教材を元にした生放送授業を2015年4月より開講する。生放送の受講はすべて無料。

※2015年4月からの本取り組みにつきましては、諸事情により実施を延期することとなりました。再開予定など、詳細が決定し次第、弊社サイト『schoo WEB-campus』上にてご報告いたしますので、しばらくお待ちください(2015年4月3日)



[画像1: リンク ]


■ TOEIC600点獲得を目指す新コースを共同開発、各英語学習サービスのメリットを活かす
国内最大級のオンライン動画学習サービス「schoo(スクー)WEB-campus」はオンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」と連携し、2015年4月より、相互の強みを活かした英語学習コンテンツを開発する。
多くの企業が昇進・昇格の最低基準とするTOEIC600点という目標に向け、TOEICのプロフェッショナルが監修する教材を活用して、スクーで学習のコツをインプットし、レアジョブ英会話で実践的なアウトプットを行うことにより、効率的に学習サイクルを回しながら英語力を向上させる。

学習者は、パートごとの攻略方法をスクー上で生放送授業として受講し、2015年5月からレアジョブ英会話にて提供開始予定の「TOEIC対策コース」※にて、動画授業と連動した、スピーキングレッスンを受講することが可能。

※レアジョブ英会話「TOEIC(R)対策コース」について:2015年5月より提供開始予定の有料コースです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

TOEIC600点取得のための学習法・【レアジョブ英会話特別コース】概要


Part 1 学習のコツ 4/18(土) 20時~21時開講
授業詳細URL:リンク

Part 2 学習のコツ 4/25(土) 17時半~18時半開講
授業詳細URL:リンク

Part 3 学習のコツ 5月以降開講予定
Part 4 学習のコツ 5月以降開講予定
Part 5 学習のコツ 5月以降開講予定
Part 6 学習のコツ 5月以降開講予定
Part 7 学習のコツ 5月以降開講予定
※日程、詳細は決まり次第更新予定

schoo WEB-campus での全授業(生放送・録画授業)及びレアジョブ英会話でのTOEIC対策コースをご受講された方には抽選で素敵な特典を予定しています。


[画像2: リンク ]


初回授業では、レアジョブ英会話でのオンラインレッスンの使い方などを含めて紹介をする。
オンライン授業の受講にはスクーの会員登録(無料)が必要。


■ オンライン教育2社が提案、インターネット時代の英語学習スキーム

これまでスクーは、先生の口の動きや発音を何度でも確認することができる「動画」という強みを活かして、いつでもどこでも手軽に学べるといった効率的な英語学習のポジションを担ってきた。インプットの場として活用されるシーンが多いことから、スクーのオンライン授業で学んだあとに、ユーザーが自主的にスカイプなどを通じて互いに練習しあうこともあった。
一方でレアジョブ英会話では、このようなインプットで学んだことをスピーキングで発揮する「外国人講師との英会話」という場をサービスとして提供しながら、現時点でまだオンライン英会話をするというレベルにまで達していない潜在顧客に対するアプローチの方法を探っていた。

今回の連携では、こうした双方の強みを活かし、相互に送客・コンテンツデザインをすることで、英語学習のハードルを下げ、英語学習者のオンラインでの学習効果を劇的に高めていくことが狙い。
[画像3: リンク ]

またスクーは今年の1月から、株式会社ビズリーチが提供する、友だちとクイズで競える学習アプリ「zuknow(ズノウ)」とも連携しており、スクーの授業で学んだ単語や熟語を復習するための暗記帳を配信。今後もサービスの垣根を越えて、リスニングからスピーキング、予習や復習までをすべてオンラインで完結できるカリキュラムを提案していく。

スクー代表の森健志郎氏は、「現在日本国内で、英語を自由に話すことのできる人材は全体の約5%程度、アジア地域では最下位と言われている。こうした状況を改善するために、自社のサービス単独できることはあるが、単独でやっていては状況を劇的に改善するには時間がかかる。日本の“国力”を上げていくためにも、こうした英語学習サービスとは積極的に協業していきたい」と話している。


■ schoo WEB-campusとは? リンク
株式会社スクーが運営する、「インターネット生放送」を活用した実名制リアルタイム動画学習サービス。現在約13万人の会員を抱え、過去2年間で1500以上の授業をオンライン上で無料開講してきた。録画を“見るだけ”の e-ラーニングと違って、受講生や先生との『コミュニケーションが生まれる』ことが特徴。年齢・住まい・職業等、異なる背景や価値観を持っている人達が、学びを軸にリアルタイムコミュニケーションを楽しみ、共に『終わらない学生生活』を満喫する。

■ 「ビジネス英語学部」とは? リンク
schoo(スクー)WEB-campus内にて無料で所属できる学部。日常会話の文例などを元にした「中学校レベル」の基礎から、メール/会議/プレゼンテーションなどの実践的表現方法、さらに実際のビジネスの現場に近い専門的コミュニケーション術などを、人気英語講師やネイティブの先生から目的別で学ぶことができる。現在約150の授業が開講されており、学部所属者数は約6000人にのぼる。生放送の受講はすべて無料。
[画像4: リンク ]


■レアジョブ英会話とは?リンク
「レアジョブ英会話」は、無料のインターネット通話ソフト=Skype™(スカイプ)を使用してマンツーマンの英会話レッスンを提供しており、1 レッスン(=25 分)を毎日受講できて月額 5,800 円(税抜)のプランのほか、全 4 種類の料金プランをそろえている。
レッスンは早朝 6 時から深夜 1 時まで開講。英語を公用語とするフィリピン人講師を採用し、利用しやすい価格で、楽しく、学習効果の高い英会話レッスンを実現。現在、累計無料登録ユーザー数 27 万人以上、講師数 4,000 人以上、毎日 14,000 回以上のレッスンを提供している。

■ 会社概要:株式会社スクー
会社名:株式会社スクー
事業内容:コミュニケーション型動画学習サービス「schoo WEB-campus」の運営
資本金:5億1300万円(資本準備金含む)
設立日:2011年10月3日
代表者:森健志郎(代表取締役社長)
主要株主:森健志郎(代表取締役社長)、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ

[画像5: リンク ]


■ 会社概要:株式会社レアジョブ
会社名:株式会社レアジョブ リンク
所在地:東京都渋谷区桜丘町12-10 渋谷インフォスアネックス4階
代表者:代表取締役 加藤 智久
事業内容:オンライン英会話サービス事業
[画像6: リンク ]

■ 取材・プレスリリースに関しまして
両社代表へのインタビュー、ユーザーへの取材、オフィスや配信スタジオへの取材等、喜んでお受けいたしますので、取材に関しては、是非下記までご連絡ください。
info@schoo.jp / TEL:03-6455-1680 (担当:田中)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。