logo

ラジオを見る!?「ラジオ動画大喜利」開催!TOKYO FM「Skyrocket Company」×DLE動画コミュニケーションアプリ「ショーミックス」

TOKYO FM 2015年02月27日 12時00分
From PR TIMES

2015年2月27日(金)より開催! 

株式会社エフエム東京(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:千代勝美 以下、「TOKYO FM」)で放送中の「Skyrocket Company(スカイロケットカンパニー)」では、株式会社ディー・エル・イー (本社:東京都千代田区、代表取締役:椎木隆太 以下、「DLE」)のスマートフォン向け動画コミュニケーションアプリ「ShowMeEx(ショーミックス)」とのコラボレーション企画を、2月27日(金)より開催致します。



[画像1: リンク ]

■史上初!?見るラジオ「ラジオ動画大喜利」
働く若者を応援する“ラジオの中の会社”「Skyrocket Company」(月~木17:00~19:00、金 17:00~17:25)では、動画コミュニケーションアプリ「ShowMeEx(ショーミックス)」を使った「ラジオ動画大喜利」を2月27日より開催します。
「ShowMeEx(ショーミックス)」は、2秒のコマ撮り撮影をするだけで、アニメ合成動画が作れる動画アプリ。この「ショーミックス」を使って、アニメ化されたパーソナリティのやしろ本部長と浜崎秘書が投げかけるお題に、リスナーが動画を撮影して答えると、1本のアニメ合成動画が完成します。
動画はSNS機能をもつ「ショーミックス」でリスナーがシェアし、番組「Skyrocket Company」のコーナーで紹介します。リスナーはラジオを聞きながら、同時にスマホでアニメを見て楽しむという、“ラジオを見る”いまだかつてない動画大喜利企画です。
《ShowMeEx(ショーミックス)HP リンク
《Skyrocket Company HP リンク
尚、この「ショーミックス」は、TOKYO FMが中心となって推進する「V-Lowマルチメディア放送」を受信するスマホアプリにも搭載される予定です。

■3種類のお題フレーム
[画像2: リンク ]



「最後の晩餐でボケろ!」浜崎秘書がドン引きする「最後の晩餐」を撮影・投稿!
◇サンプルムービーURL
リンク


[画像3: リンク ]



「秘書!元気だして!」
落ち込んだ浜崎秘書を励ますため、やしろ本部長が見せたものに秘書が激怒!本部長が見せたものとは!?
◇サンプルムービーURL
リンク

[画像4: リンク ]



「何を褒められた?」
やしろ本部長に褒められたあなた。え…褒めるのそこ…?何を褒められた?
◇サンプルムービーURL
リンク

■動画撮影方法「最後の晩餐でボケろ!」編
[画像5: リンク ]

■TOKYO FM「Skyrocket Company(スカイロケットカンパニー)」概要
[画像6: リンク ]



「Skyrocket Company」は”ラジオの中の会社”として2013年4月設立。本部長はマンボウやしろ、秘書は浜崎美保。番組は“ラジオの中の会社で行われる夕方のミーティング”という設定で、リスナーが社員となり、番組公式アプリ、ラジオ、スマートフォン、PCで会議に自由に参加して頂きます。番組公式アプリのダウンロード数は2014年10月25日時点で20,000ダウンロードを突破!月に1回、リスナーとパーソナリティ、番組スタッフが「社員親睦会」と称した飲み会も開催、リスナーとの共感の輪を広げている。
◇放送時間:月曜日-木曜日 17:00-18:45(東京ローカル)
◇出演者:マンボウやしろ、浜崎美保
◇WEB:リンク
◇スマートフォン向け公式アプリ『Skyrocket Company社員アプリ』:
iTunes リンク
GooglePlay リンク

■「ShowMeEx(ショーミックス)」概要
「ShowMeEx(ショーミックス)」とは、「手軽なエンタテインメント」を提供するファスト・エンタテインメント事業を展開するDLEが2014年11月にリリースしたスマートフォン向け動画コミュニケーションアプリです。世界初の技術を用いて、動画撮影とアニメのリアルタイム合成を可能にし、映像制作の経験が全くない方でも手軽に完成度の高いオリジナルのアニメ合成動画が作れます。
さらに、SNS機能でインターネット上に発信し、世界中の人達と動画でコミュニケーションをすることが出来ます。
※当アプリは、DLEが出資するGlue-th株式会社との共同開発となります。
◇利用料金:基本無料
◇公式サイト:リンク
◇配信サイト:iOS : リンク
◇ジャンル:写真・ビデオ 【配信元】DLE
◇著作権表記:(C)DLE Inc.All Rights Reserved.
◇多言語対応:日本語・英語

■【V-Lowマルチメディア放送とは】
2011年7月、アナログテレビが終了して転用可能となった周波数を活用し、主に移動体端末(例えばスマートフォンやカーナビなど)に向けて送る、全く新しい放送が「V-Lowマルチメディア放送」です。使用帯域は、旧アナログテレビの1~3チャンネルとなります。TOKYO FMは、2014年にV-LOWマルチメディア放送の事業全般を推進するホールディングカンパニーとして「BIC株式会社」を、多彩な産業分野のパートナー企業と共同で設立しました。データ放送を活用し、通信と連動してSNS的な楽しみ方ができるアプリケーション開発を進めています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事