logo

教員研修「タブレット端末活用セミナー2015(大阪会場)」のご案内

Sky株式会社 2015年02月26日 17時43分
From PR TIMES

【導入と活用のポイント】 タブレット端末活用を推進するための方策を考える

一般社団法人日本教育情報化振興会では、情報教育対応教員研修全国セミナー「タブレット端末活用セミナー2015」を、2015年4月25日(土)に大阪で開催いたします。
リンク



[画像: リンク ]



各地域で、指導者用/学習者用のタブレット端末を活用した実践への取り組みが広がってきております。
本セミナーでは、「導入と活用のポイント~タブレット端末活用を推進するための方策を考える」をテーマに、教員の活用、グループでの活用、児童生徒一人一台の活用など、多様な導入パターンの実践事例をご紹介するとともに、タブレット端末の活用推進にむけて必要な研修のあり方や運用管理の課題などについて考えます。

---------------------------------------------------------------------------

【日 程】 2015年4月25日(土)12:45~開会
【会 場】 ハービスHALL(ハービスOSAKA B2F)
     (大阪市北区梅田 2-5-25 ハービスOSAKA)
【対 象】学校の教員、教育委員会および自治体の職員
     (※定員になり次第、受付終了とさせていただきます)
【主 催】 一般社団法人 日本教育情報化振興会
【共 催】 日本教育工学協会
【後援(予定)】 文部科学省、総務省、経済産業省、大阪府教育委員会、京都府教育委員会、兵庫県教育委員会、奈良県教育委員会、和歌山県教育委員会、滋賀県教育委員会、大阪市教育委員会、堺市教育委員会
【協 力】 Sky株式会社

---------------------------------------------------------------------------

【主な内容】
■特別講演 「今求められる“情報教育” ~学習指導要領の改訂に向けて」
永井 克昇 (文部科学省初等中等教育局視学官)

■はじめに 「タブレット端末の活用はどこまで進んでいる?」
中川 一史 (放送大学教授)

■実践発表『タブレット端末×授業支援ソフト』
・教員から始めるタブレット活用
・“協働学習”成否のポイント
・“画面合体”で広がる学習活動
<教員の活用、グループでの活用から1人1台での活用まで4実践を報告>
【コーディネータ】 佐藤 幸江(金沢星稜大学教授)
【実践発表者】矢野 充博(和歌山大学教育学部附属中学校教諭)、小笹 雅章(堺市立深井西小学校教諭)、小林 祐紀(金沢市立安原小学校教諭)、福田 晃 (金沢市立十一屋小学校教諭)

■パネルディスカッション「タブレット端末の活用を推進するための方策」
・導入パターン、活用場面分類から考える
・メリット、デメリットを整理する
・活用推進するための研修のポイント
・環境、運用管理の課題と対策
【コーディネータ】村井 万寿夫 (金沢星稜大学教授)
【パネリスト】浦 嘉太郎(堺市教育センター主任指導主事)、井上 幸史(兵庫県・姫路市立総合教育センター指導主事)、豊田 充崇(和歌山大学准教授)、Sky株式会社

---------------------------------------------------------------------------

◆詳細・お申し込み◆
リンク

【お問い合わせ先】
「タブレット端末活用セミナー」事務局(Sky株式会社内)
〒532-0003 大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル20F
TEL:06-4807-6374 FAX:06-4807-6376

(一般社団法人 日本教育情報化振興会は、本セミナーの協力企業であるSky株式会社にセミナー事務局を委託しています。)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。