logo

古いスマートフォンを利用した本格監視システム「顔見てスマホみまもり」発売



― ペットホテルや保育施設、独居高齢者宅など向け ―

エイネット株式会社(東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F 代表取締役 西畑博功)はスマートフォンを用意するだけですぐに利用することが可能な、ペットホテルや保育施設、独居高齢者宅など向けの監視システム「顔見てスマホみまもり」を開発し、2015年2月26日より受注を開始いたします。

■必要なのは古いスマートフォンだけ

映像コミュニケーションツール「顔見て」シリーズの新製品、「顔見てスマホみまもり」は、スマートフォンを用意するだけですぐに使い始めることができる、ペットホテルや保育施設、独居高齢者宅などでの利用を想定した監視システムです。

手軽に監視システムを構築するためには、従来、インターネット接続に対応した監視カメラを監視対象の数だけ用意するのが一般的でした。しかし、そのためのコストは決して安いものではありません。そこで着目したのは、使われなくなった古いスマートフォンの活用です。
スマートフォンはカメラとインターネット接続機能を持ち、監視カメラとして資質を十分に備えています。
これまでもスマートフォンを監視カメラとして利用するアプリは存在していました。しかし、その大半はPeer to Peerでユーザーが外からスマートフォンやPCを使って、室内に設置したスマートフォンからの映像を見るだけのものでした。

今回のシステムは、スマートフォンからの映像をクラウド上の専用映像サーバーに常に一定時間記録します。ユーザーは外部からそのサーバーにアクセスすることで、リアルタイムの映像を見ることができるだけでなく、たとえば30分前や1時間前に遡って設置場所の様子を見ることもできます。外部からアクセスできるのは1名だけではなく、複数の端末からアクセスすることができますので、家族がそれぞれの場所からペットホテルなどの様子を見ることもできます。また、複数のカメラ映像を1画面に表示し、一度に複数個所の監視を行い、その中から異常のあった映像をクリックやタップするだけで全画面表示に切り替えるなど、サーバー利用型ならではの様々な操作が可能です。

システムは動体検知によって映像記録を開始しますので、無駄なストレージ容量を消費することがありません。また、テレビ会議システムの開発で培った独自の映像圧縮と帯域制御のノウハウを活用し、サーバー負荷を大幅に低減しています。
なお、万一の場合に備え、一定時間以上録画がない場合にアラートを表示させることもできます。

ペットブームや高齢者世帯の増加によって監視システムのニーズは今後ますます高まっていくことが予想されます。不要になったスマートフォンを活用して、低コストで本格的な監視システムを構築することができる「顔見てスマホみまもり」は、これらの用途はもちろん、いままで監視システムの導入が難しかった様々な場所での利用が可能なシステムです。
なお「顔見てスマホみまもり」は監視用携帯端末の数、同時アクセスするユーザー数、UIデザイン等をカスタマイズして提供いたします。

■製品名

スマートフォン監視システム
「顔見てスマホみまもり」

■受注開始日

2015年2月26日

■価格

オープン (ソフトウェアライセンス、カスタマイズ費用)
監視用携帯端末の数、同時アクセスするユーザー数等により変動


■関連サイトのご案内

製品イメージ
URL:リンク
関連製品サイト
URL:リンク
エイネットコーポレートサイト
URL:リンク

■お問い合わせ

エイネット株式会社  営業部
TEL: 03-3862-5402 FAX: 03-5822-2039
freshvoice@anets.co.jp


会社名:エイネット株式会社(エイネットカブシキガイシャ)
設立:1997年7月
資本金:10610万円
代表者:代表取締役 西畑博功
所在地:〒102-0071 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3
電話番号:03-3862-5402
FAX番号:03-5822-2039
e-mail:freshvoice@anets.co.jp
事業内容:
インターネットテレビ会議/電話に関するアプリケーションパッケージの開発・販売
インターネットテレビ電話コミュニティーサイトの構築・運営
ネットワーク構築、コンサルティング

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。