logo

2015年桜開花予想(第2回)~桜前線スタートまであと3週間!~

日本気象協会 2015年02月26日 15時00分
From PR TIMES



 
[画像: リンク ]

 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦)は、2015年2月26日(木)に日本全国48地点の桜(ソメイヨシノ)の開花予想(第2回)を発表します。開花予想は天気予報専門サイト「tenki.jp」
(リンク)にて無料で公開しています。

(1) 概況
 2015年の桜(ソメイヨシノ)の開花日は、概ね平年並みでしょう。四国や近畿では平年より早い所がある見込みです。今年の桜前線は、平年より早い3月中旬に高知からスタートするでしょう。九州から関東南部は3月下旬、関東北部や北陸で4月上旬、東北が4月上旬から下旬、北海道では5月上旬に開花する見込みです。

(2) 春めく日差しに 花芽の生長進む
 2015年2月は、22日に九州北部、中国、四国、北陸で春一番が吹き、23日は東海や関東の一部で最高気温が20度を超える陽気となり、天候は春に移り変わってきました。
 桜の開花は、前年の秋から開花日までの気温が影響し、晩秋から初冬に冷え込み、春先に暖かくなると開花が早くなります。今年は、昨年12月の厳しい冷え込みの後、今年の1月から2月にかけての気温が平年並みか高めとなっていることから、桜の花芽の休眠打破とその後の生長は順調と考えられます。
 この先の気温は、3月は寒暖の変動はあるものの、1ヶ月を通しての気温はほぼ平年並みと予想します。4月は平年並みか低く、5月は北海道では低い見込みです。
 このため桜の開花傾向は概ね平年並みで、高知や和歌山では平年より早くなるでしょう。

●JWA長期予報
【気温】
■北日本
・3月:平年並
・4月:平年並か低い
・5月:平年より低い

■東日本
・3月:平年並
・4月:平年並か低い
・5月:平年並

■西日本
・3月:平年並
・4月:平年並
・5月:平年並

~桜開花予想チームの見解~
予想気温に前回と大きな変更はなく、各地の桜の開花日は、概ね平年並みでしょう。ただ、2月の気温が予想より高めに経過しているため、前回の予想開花日より1日程度早くなった所が多くなっています。

※言葉の説明
平年:1981~2010年の平均値

かなり早い :平年よりも7日以上早い
早い    :平年よりも3日から6日早い
平年並   :平年との差が2日以内
遅い    :平年よりも3日から6日遅い
かなり遅い :平年よりも7日以上遅い

各地の桜(ソメイヨシノ)の2015年予想開花日の(2015年2月26日発表)傾向に関しては、下記URLのニュースリリースからもご確認頂けます。

リンク


---------------------------------------------------------------------------------------
日本気象協会は、1950年の設立以来、60年以上にわたり、広域予報にとどまらない、より生活に身近な都道府県単位の気象予報やピンポイントの気象予報を、各メディアや自社メディアを通して発表している民間の団体です。国内の民間事業者としては最大の規模で、全国に支社や支店、事業所があり、天気予報のエキスパートである気象予報士265名(2014年7月現在)が多面的に業務に関わり、気象予報の業務に関しては24時間365日体制で最新の情報を発信しております。

また、その事業分野は気象予報にとどまらず、そのノウハウを生かし防災・減災、安全管理、また環境アセスメントや再生可能エネルギーに関する事業分野など、皆様の快適な日常生活や安全確保の支援や、産業活動の発展や環境の保全のために事業を展開しております。
リンク
---------------------------------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事