logo

大江千里『13 th Note 12.』シリーズ最終巻は感動のニュースクール卒業! 

株式会社ブックウォーカー 2015年02月26日 11時23分
From PR TIMES

ニューヨークジャズ留学で手に入れたもう一つの人生とは?

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)が展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】から『13th Note 12. 宿題引き受け株式会社』の配信を開始しました。



■感動の音大卒業。NYでジャズミュージシャンとして生きていくのに必要なことは?

「千里。俺は知っている。おまえは最初何も出来なかった。オリエンテーションの日。そしてあれから徐々にジャズが出来るようになったのも覚えている」
卒業リサイタルの後、学校で一番厳しく口の悪い教授が肩を抱きしめてくれた。(本文より)

卒業しても音楽だけで生活できる人は3%というリアル。でも、ニューヨークでジャズ・ミュージシャンとしてやっていこうと決めた。大江千里、51歳。グリーンカードを申請するために弁護士をたずねた。自らアルバムを制作、販売する会社を作るため、今度は別の弁護士に相談する。レコーディングスタジオも抑えた。一緒に演奏してくれるミュージシャンにメールを出す。やるべきことは全部やる。人生のさまざまな宿題を引き受けるために。ニューアーク空港にダックスフントのピースと降り立ってから4年半。20代の若者たちの中で、「ジャズができていない」と言われ、猛練習をすれば肩が動かくなくなり、「ジャズ」に囚われ「音楽」が楽しめなかったあの頃。声をかけてくれる仲間、尊敬できる現役ミュージシャンの教授、路上ライブ、ビッグ・バンド『モーニング息子。』の活動、東日本大震災……47歳で留学を決意してからの日々は雪や雨の日と同じくらい晴れた日もあった。感動のニュースクール卒業でしめくくる「13th Note」シリーズ最終巻。日々精進からなる達成感をご一緒に!【読了時間 約30分】

[画像: リンク ]



『13th Note 12. 宿題引き受け株式会社』
大江千里・著

配信開始日:2015/02/26
想定読了時間:30分
希望小売価格:200円(税別)
公式サイト:リンク
立ち読みURL:リンク
※各電子書籍ストアによって発売日が異なる場合があります。


大江千里・おおえせんり■1960年9月6日大阪生まれ。1983年に関西学院大学在学中に「ワラビーをぬぎすてて」でデビュー。シンガーソングライターとして、「十人十色」「YOU」「GRORY DAYS」「Rain」「たわわの果実」「夏の決心」「格好悪いふられ方」ほか多数のヒット曲を発表。提供楽曲に「太陽がいっぱい」「すき」「Cool」ほか多数。2008年にNYへ移住。オリジナルジャズアルバム『boys mature slow』(2012)、『Spooky Hotel』(2013)をリリース。東京ジャズフェスティバル、ブルーノート出演ほか、米国内を中心に積極的なライブ活動を展開中。2015年2月14日に3枚目のオリジナルジャズアルバム『Collective Scribble』をリリース。4月25日~5月6日まで、横浜、大阪、名古屋、東京でライブ・ツアー。【カドカワ・ミニッツブック】では、「僕の家」シリーズ4冊、「9th Note」シリーズ、「13th Note」シリーズを配信中。

■スマホ時代のライフスタイルにベストマッチの電子書籍【カドカワ・ミニッツブック】
「カドカワ・ミニッツブック」は30分前後で読み切れる手頃な分量が特徴の電子書籍専用レーベルです。現在、KADOKAWAグループの多彩なジャンルから200タイトル以上を発売中。ミニッツブックというレーベル名には「分単位で読める本」という意味が込められ、表紙には「○○min」と想定読了時間の目安が明記されています。通勤・通学の「スキマ時間」に手軽に読めて、満足感のある内容をお届けします。KADOKAWAの直営ストアBOOK☆WALKERをはじめとする、スマートフォンや電子書籍端末に対応している各電子書籍ストアで絶賛発売中です。

カドカワ・ミニッツブック公式サイト: リンク
カドカワ・ミニッツブックCM動画:リンク
※「ミニッツブック・カタログ2」(無料)も各電子書籍ストアで絶賛配布中です!

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。