logo

生物多様性に配慮した施設評価「いきもの共生事業所認証(R)」  大京『ライオンズ港北ニュータウンローレルコート』が 集合住宅として初取得

株式会社大京 2015年02月26日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口陽)と近鉄不動産株式会社(本社:大阪市天王寺区、取締役社長:澤田悦郎)が建設を進めているライオンズ港北ニュータウンローレルコート(地上7階建て、  総戸数221戸、竣工2015年8月)が、一般社団法人いきもの共生事業推進協議会(ABINC)の「いきもの共生事業所認証(集合住宅版)」を取得しましたのでお知らせします。

この認証制度は、自然と人との共生を企業活動において促進することを目的に作られたものです。
同協議会は一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)※1が開発した「いきもの共生事業所(R)推進ガイドライン※2」を評価基準として、同協議会が第三者的に評価・認証を実施しています。ここ数年、生物多様性保全に取り組む都市開発や集合住宅が増えてきたことから、2013年度に「都市・SC(ショッピングセンター)版」の認証が開始され、今年度は新たに「集合住宅版」の認証が追加され、今回の初取得に至りました。

なお、「ライオンズ港北ニュータウンローレルコート」が本認証を取得した理由として、以下の点が評価されています。

自然環境調査を実施し、複層構造や在来種中心の植栽計画やいきものへの配慮施設を計画。外部専門家と連携し、住民参加の維持管理体制が構築され、モニタリング計画が策定されている。また自然豊かな周辺環境で活動する外部NPOとの里山自然活動など具体的なプログラムが計画されている。

※1:ビジネスによる生物多様性保全において先進的、積極的な取り組みを進める企業の集まり
※2:いきもの共生事業所はJBIBの登録商標。いきもの共生事業所(R)推進ガイドラインとは、JBIBの中にある「持続的土地利用ワーキング」のメンバーが、東北大学、山形大学の研究者と協働し開発したガイドライン。生物多様性の配慮した土地利用の考え方や処方箋を
  示し、取り組みの成果を可視化することで、生物多様性に配慮した土地利用を促進することを目指している。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。