logo

PeerApp、モバイルコンテンツ加速化ソリューションをRANに拡張して、通信事業者のモバイル需要対応を支援、Saguna Open-RANを活用

PeerApp Ltd. 2015年02月24日 19時55分
From JCN Newswire


Newton, MA, Feb 24, 2015 - ( JCN Newswire ) - 通信事業者によるインターネット動画などのOTT (Over the Top)コンテンツ配信の加速化の支援で市場をリードするPeerAppは、現在のモバイルコアオファリングを拡張して、モバイルネットワークの終端までインターネットコンテンツ加速化を実現したことを本日発表しました。PeerApp Mobile Edge Computingソリューションは、コンテンツキャッシング、DNS (ドメイン名サーバー)キャッシング、動画最適化などの機能の最適化をRAN (Radio Access Network)まで拡張して、既存のPeerAppモバイルコアソリューションを補完します。新しいソリューションでは、RANまで拡張した階層キャッシングを提供します。

Sagunaを搭載したPeerApp Mobile Edge Computingソリューションでは、ネットワーク機能仮想化(NFV)を活用して、クラウドと仮想化のコンセプトをRANでも実現します。これにより加入者に可能な限り近い場所でアプリケーションを実行できるようになります。その結果、モバイル動画で特に実現の難しい加入者のQoE (Quality of Experience)改善が実現します。このため、マージンの増大や、収益化機会の生成により、移動体通信事業者(MNO)の経済性も変わります。

Mobile World CongressでPeerApp Mobile Edge Computingソリューションを展示

まもなくスペインのバルセロナで3月2~5日に開催されるMobile World Congressショーで、この新しい仮想化ソリューションが展示されます。PeerAppの展示会場はホール2のスタンド2D50です。ショーでデモをご覧になりたい通信事業者の方は、事前に info@peerapp.com までお問い合わせください。

「モバイル動画はモバイルトラフィック増大の主要原因で、今後5年以内にトラフィックの半分を占めるようになるでしょう。モバイルCSPは、飽和市場で競争圧力にさらされています。既存顧客を維持し、新規顧客を獲得するには、競合他社よりよいサービスとQoEを提供する必要があります。」と、ガートナー調査担当重役のJessica EkholmとAkshay K. Sharmaは、2014年7月に発行された「Competitive Landscape: Mobile Video Optimization, 2014」で書いています。「さらに、ネットワークスピードの速いLTEにより、加入者が要求し消費する動画コンテンツはさらに増加し、データの混雑はさらに悪化するでしょう。」

PeerAppのモバイルコアコンテンツ加速化ソリューションは、MNOではすでにグローバルに展開されています。Sagunaの技術には市場での実績があり、CTIA 2014では『Best of 4G World』を受賞し、Mobile World CongressのGSMAアワードの最優秀モバイル技術ブレークスルー部門でノミネートされています。

新しいPeerApp Mobile Edge Computingソリューションには、市場大手2社の最高の技術を組み合わされており、MNOが消費者の期待に応じてコンテンツ配信加速化の課題を解決するのに役立ちます。調査によれば、QoEの向上により消費はさらに増大し、ARPU (Average Revenue per Unit)と顧客内シェア(SOW)が向上します。ベータ顧客の皆様は現在エンゲージメント中です。一般提供開始は今年後半の予定です。

モバイル動画加速化の課題に対応

現在、すべての動画コンテンツの約30%はモバイルデバイスで視聴されており、モバイル通信事業者のネットワークには高い負荷がかかり、先進的なブロードバンドや4G/LTE環境でも加入者QoEが低下する原因となっています。

モバイル通信事業者はPeerAppのMobile Edge Computingソリューションを使って、顧客がバッファ中や速度低下などの問題に悩まされずに、Netflix、Amazon Prime、HBO GOなどのサービスを通じて、タブレットやスマートフォンなどのデバイスで動画を視聴できるように図ることができます。PeerAppのアプローチでは、バッファリングや失速を解消し、業務効率を増大し、サービス提供と収益化機会を拓くことで、QoEを向上します。4K/超高解像度(UHD)動画への移行が進むにつれ、PeerApp Mobile Edge Computingソリューションは、最適化されたユーザーエクスペリエンスを提供するのに欠かせないものとなっています。

PeerApp Ltd.について

100か国450社以上のモバイル、ケーブル、ブロードバンド、キャンパスネットワーク事業者は、数々の賞に輝くPeerAppのオープンコンテンツキャッシングソリューションを使って、インターネット動画配信などのOTT (over-the-top)コンテンツを加速化しています。PeerAppのローカルコンテンツ配信によって、動画はエンドユーザーの近くで、12倍の速度で提供されるようになります。これによりQoEが大幅に向上し、ネットワークコストが最大50%以上節減されます。PeerAppのローカルコンテンツ配信ソリューションは、サービス提供でも重要な役割を果たし、通信事業者が新しい収益機会を生成するのに役立っています。PeerAppの本社は、米国マサチューセッツ州ニュートンにあります。詳しい情報は www.peerapp.com をご覧いただくか、Twitter @peerapp をフォローしてください。

メディアお問い合わせ先:
Maria Doyle
Red Javelin Communications
maria@redjavelin.com
+1-781-964-3536

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。