logo

ネット上で高校卒業資格を取得できる日本初のバーチャルスクール「明聖サイバー学習国」いよいよ4月1日開校!

学校法人花沢学園明聖高等学校 2015年02月24日 13時00分
From PR TIMES

~開校前記念で体験入学者募集を本日開始~

学校法人花沢学園明聖高等学校(本学:千葉県千葉市、校長:花澤悟史、以下明聖高等学校)は、アバターで登校をする日本初の通信制高等学校、「明聖サイバー学習国」(URL:リンク)を4月1日(水)に開校します。開校に先駆け、体験入学ができる「体験入学キャンペーン」の実施を発表し、本日2月24日(火)10:00より体験入学者の募集を開始します。



[画像1: リンク ]



■明聖サイバー学習国とは

 明聖サイバー学習国とは、98.1%の卒業率を誇る明聖高等学校が運営する日本初のバーチャルハイスクールで、3年間で「高等卒業資格」を取得できます。パソコン、スマートフォン、タブレットで授業もテストもすることができると共に、明聖高等学校の先生による「動画授業」で受講が可能です。勉強の疑問や生活の悩みなども先生に相談することなどが可能で、200種類以上のアバターパーツを組み合わせてつくる自分だけのアバターで高校生活を楽しむことができます。

■【体験入学キャンペーン」募集について

[画像2: リンク ]

【募集期間】
2月24日(火)10:00 ~ 3月10日(火)23:59
【応募方法】
キャンペーンページの「エントリー」を押すことでエントリー完了。
【URL】
リンク
【注意事項】
キャンペーンの応募者に、メールにて体験入学の詳細(日程・体験方法)について連絡をします。


■4月1日の本オープンに向けて注目すべき「サイバー学習国」の3つのポイント

1.web面接でのWeb出願が可能

[画像3: リンク ]



携帯電話などで事前に1分間程度の動画を撮影し、「自己PR」や「どのように取り組んでいこうと思っているか」「卒業後の進路」について語ることで、Web面接を受けることが可能です。
参考URL:リンク

2.アバターやバーチャル世界の充実

[画像4: リンク ]


2014年9月の発表時よりも、アバターパーツは200以上に増加し、髪型、目、鼻、口、服装など気分に合わせて自分好みのスタイルがつくれます。また、学校内マップの情報も豊富となっており、自分らしくよりリアルな学生生活を楽しめます。
参考URL:リンク
参考URL:リンク

3.初年度授業料無料

[画像5: リンク ]

文部科学省により「高等学校等修学支援金制度」が適用されたため、「開設初年度特別減免適用」により、開設初年度は支援があり実質授業料が無料となります。
参考URL:リンク


■10の楽しい機能でより充実した高校生活を

1.アバター機能

[画像6: リンク ]

髪型・目・鼻・口・色などの自身のアバターに関する追加変更や服・家具・家などの装飾物の購入などが可能。

2.チャット機能
[画像7: リンク ]

オープンチャットでほかの生徒話すことができ、友達などとのアバターコミュニケーションを楽しめます。

3.ポイント機能
[画像8: リンク ]

学習・栽培・釣り・あいさつなどで得られる全てのポイントをMSポイントに集約。ポイントを利用し購買で買い物ができる。

4.モーション機能
[画像9: リンク ]

うれしい・楽しい・悲しいなど約20種類の感情表現が可能。

5.釣り・栽培機能
[画像10: リンク ]

60種類以上の魚を獲得できる釣りや、30種類以上の作物などを栽培することが可能。

6.授業ダウンロード(ストリーム)機能
[画像11: リンク ]

毎日の勉強は約20分間の授業動画で行い、何度も見直しができるので、わかるまでじっくり勉強ができます。

7.サイバーチェック(確認テスト)機能
[画像12: リンク ]

動画授業が終了するとできるようになる確認テストの実施が可能。

8.ミニテスト機能(計算・漢字・英単語など)機能
[画像13: リンク ]

ゲーム感覚で行える学習アプリ。獲得した点数等でMSポイントを貯めることができる。

9.写真撮影機能
[画像14: リンク ]

残しておきたい一瞬を撮影して保存可能。

10.ペット機能
[画像15: リンク ]

ペットを購入し、エサを与え、芸を教えるとさまざま動きができるようになる。(初期は、いぬ・ねこ・ひつじなど)

【運営法人】
法人名 :学校法人花沢学園明聖高等学校
所 在 地 :〒260-0014 千葉県千葉市中央区本千葉町10−23
代表 :校長 花澤悟史

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事