logo

阪急梅田駅のコインロッカーの約7割(543個)をPiTaPa対応キーレスロッカーに刷新し、西日本で初めて、コインロッカー空き情報検索システムを導入します

阪急電鉄株式会社 2015年02月23日 16時10分
From PR TIMES

~コインロッカーの空き情報がスマホでもわかります~

阪急電鉄では、梅田駅の改札内・改札外に設置しているコインロッカーの約7割を、PiTaPa対応キーレスロッカーに刷新するとともに、2月26日から、これらのコインロッカーに西日本初となるコインロッカー空き情報検索システムを導入します。



ロッカーの空き情報は、梅田駅の4カ所に設置した検索モニターのほか、スマートフォンやパソコンからも検索することができ、どの場所にどの大きさのロッカーが空いているかが分かるため、大きなお荷物を持ちながら空いているロッカーを探す苦労から開放されます。また、PiTaPaカードでのお支払いにも対応しており、手持ちの小銭がなくてもご利用いただけるようになっています。
[画像1: リンク ]



【PiTaPa対応キーレスロッカーについて】
■阪急梅田駅の16カ所にあるコインロッカーのうち、543個をPiTaPa対応キーレスロッカーに刷新します。(別途、従来型ロッカーも233個残ります)
■現金でのご利用は、お荷物の預け入れ時に発行されるQRコード付きのレシートがロッカーキーになり、このQRコードをリーダーにかざすだけで解錠できます。
■PiTaPaカードでのお支払いができるうえ、お荷物の預け入れ・取り出しの際には、そのカードがそのままロッカーキーとなります。
[画像2: リンク ]



【コインロッカー空き情報検索システムについて】
■コインロッカー設置場所、16カ所のうち梅田駅でも特にロッカー稼働率の高い、1階高速バスのりば前や、3階アズナス横、1階紀伊国屋西側、1階東ABCマート側の4カ所に空き情報検索モニターを設置します。
■コインロッカー空き情報は、スマートフォンやパソコンからも検索が可能です。
※阪急電鉄の公式サイト『阪急電鉄 鉄道駅ナカ沿線おでかけ情報』のトップページから検索していただけます。(2月26日~)
[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



阪急電鉄HP リンク

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事