logo

ヘルスケアロビーチェア「supporto(スポルト)」新発売

株式会社岡村製作所 2015年02月23日 14時59分
From 共同通信PRワイヤー

2015年2月23日

株式会社 岡村製作所

ヘルスケアロビーチェア「supporto(スポルト)」新発売
高齢者や体の弱った人にもやさしい、立ったり座ったりしやすい待合ロビーチェアです。

株式会社岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、高齢者や体の弱った人でも安心して立ち座りしやすいヘルスケアロビーチェア「supporto(スポルト)」を2015年2月に発売いたします。イタリア語で“ささえる”という意味の「supporto(スポルト)」は、しっかり体をささえることができるアームや立ち上がりやすいシートデザインにより立ち座りの動作をしやすくした、病院・クリニック向けの待合ロビーチェアです。多彩なサイズ展開とシンプルなデザインでレイアウトしやすく、あらゆるエリアのロビーに対応します。豊富なカラーバリエーションの張地は、消毒や清掃のしやすいクロスを取り揃えました。ますます進む超高齢化社会に、安全でやさしい待合空間を提供します。

―「supporto」の特徴―
オカムラでは、病院の了承のもと、病院内での患者さんの様子を観察・調査し、製品開発に役立てています。「supporto」は、あらゆる年代の患者さんが使いやすいように、握りやすいアームと立ち上がりやすいシートにこだわりました。

■サポートアーム
立ち座りの際にしっかり体をささえることができるアームです。全体的に角がなく、握りやすさを追求した幅と形状です。位置と高さにもこだわり、座るときに手を置きやすく、安心して体をささえられます。

■シートデザイン
シートは、立ち上がりの際に足を座面下まで引き込めるデザインです。安定した姿勢で立ち上がることができます。また立ち座りを容易にするために、奥行は短めにしました。座の先端を丸くし、ひざ裏や太腿の圧迫感をやわらげて長時間座っても疲れにくい設計です。背もたれは高めに設定してあり、ハイバックタイプは背中合わせで座った際に後ろに人がいても気になりません。さまざまな待合エリアに対応できるよう、レイアウトのしやすさにもこだわりました。背面の形状がフラットなので、背中合わせでも壁に接してもスッキリと配置できます。

■カラーバリエーション
木部カラーは、ナチュラル色とダーク色の2色を揃えました。張地カラーは、空間のイメージやお好みに合わせて豊富なバリエーションからお選びいただけます。病院ならではの頻回な消毒や感染症予防のために、機能的な張地をラインナップしました。ビニールレザーは耐アルコール性・耐次亜塩素酸、クロスは防水性・撥水性・透湿性の性質も加えた多機能クロスを揃えました。また既存のオカムラのロビーチェアで展開している、医療施設向けの「メディカルセレクトシリーズ」の張地からもお選びいただけます。

□価格 : 3人用肘なし ¥196,400(本体価格)~
□初年度販売目標 : 1億円




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事