logo

2月22日(にゃん・にゃん・にゃん)の日は富士見書房のネコ本でにゃんだふるな一日を♪



[画像1: リンク ]



20歳の老猫プーさんとの最後の日々を描いた「うちの老猫の言うことにゃ」がロングヒットを続ける中、
著者・ふじのはるかが出会った、新たなる猫たちとの暮らしを描いた新作「にゃんだふるライフ~うちの老猫が教えてくれたこと~」がたまらなくかわいいと好評を博している。

「にゃんだふるライフ~うちの老猫が教えてくれたこと~」は、前作の「老猫」で愛猫プーさんを失い、悲しみに暮れる著者のその後を描く。
ひょんなことから2匹の子猫と運命的な出会いをし、亡きプーさんとは性格のまったく違う子猫たちと一から向き合い、新たな「にゃんだふる」な生活への一歩を踏み出す、という内容。

猫好きならではの、ほっこり笑えるエピソード満載で、心から癒されること間違いなし!

[画像2: リンク ]

           ※写真は「にゃんだふるライフ」に登場する2匹の子猫、ラー(左)とウー(右)。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



忙しい毎日から解き放たれる今週末2/22(にゃんにゃんにゃんの日)は「老猫」と「にゃんだふるライフ」、2冊一緒にお楽しみください!!


■コミックエッセイ
にゃんだふるライフ~うちの老猫が教えてくれたこと~
著者: ふじのはるか
定価(税込): 1296円
※電子書籍も配信中

うちの老猫の言うことにゃ
著者: ふじのはるか
定価(税込): 1080円

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。