logo

IDCフロンティア、IDCFクラウドの認証セキュリティを強化

~アカウント乗っ取り対策を無料提供し不正ログインを未然防止~

株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中山 一郎、以下IDCフロンティア)は、セルフサービス型のクラウドコンピューティングサービスである「IDCFクラウド」に、アカウントログイン時の2段階認証の機能を追加し、2月24日より提供を開始いたします。

これにより、従来のID/パスワード認証に加え、アプリによる認証コードを取得する2段階目の認証を標準装備することで、アカウント情報の盗難や流出による不正アクセス、また攻撃などによるアカウント乗っ取りに対するセキュリティの強化と、情報漏えいのリスクが低減できます。

なお、本機能強化の特長は次の通りです。

■2段階認証
・ID/パスワード認証に加え認証コードを取得して認証する2段階認証を無料提供
・認証コードの取得はGoogle認証システムアプリ(*1)のコード生成に対応
・携帯端末紛失などの認証コードが確認できない状況でもバックアップコードでログインが可能
・マルチユーザー時は管理者が他ユーザーに2段階認証を必須要件として設定可能

IT市場専門のリサーチ・コンサルティング企業であるMM総研によると(*2)、8割の企業が新規システム構築においてクラウドを検討しており、クラウドファーストの浸透が顕著になってきています。その一方で、クラウドのセキュリティに対する不安も3割を超えており、企業でのクラウド利用が拡大する中、稼働するシステムに社員の情報や顧客情報などが含まれることで個人情報流出などのリスクがぬぐい切れず、クラウドの利用に踏み切れない一因ともなっています。

そのような中、IDCフロンティアは、パワフルなクラウドをコンセプトに2014年10月に刷新した新たなクラウドサービス「IDCFクラウド」を提供しており、この度の機能追加では、クラウドの必須要件とも言えるアカウント認証に対するセキュリティの強化を行うことで、クラウド利用者の不安を払しょくし、企業のクラウドファーストを促進します。

IDCフロンティアは、自社でデータセンターやネットワークインフラを持つことで、多種多様なITインフラニーズにお応えし、クラウドコンピューティングやデータセンターなどの提供を通じて、ITインフラパートナーとしてお客さまの事業の成長に寄与してまいりました。今後もセキュリティの強化などクラウドサービスの更なる強化・拡充を行い、お客さまのITインフラ利用に革新をもたらすサービスの提供に取り組んでまいります。

以上

*1 Google認証システム(Google Authenticator)アプリはiOS/Android端末などが対象
*2 出展:MM総研,2014年11月「国内クラウドサービス需要動向(2014年版)」(プレスリリース)

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


<企業情報>
【IDCフロンティアについて】(リンク
社名:株式会社IDCフロンティア(IDC Frontier Inc.)
代表者:代表取締役社長 中山 一郎
事業内容:クラウド事業、データセンター事業、ホスティング事業、IPネットワーク事業、コンサルティング、システム構築・運営、その他
株式会社IDCフロンティアは、Yahoo! JAPANグループのクラウドコンピューティングとデータセンター事業を担う戦略的子会社として、クラウド事業、データセンター事業、ホスティング事業、IPネットワーク事業、コンサルティング、システム構築・運営を事業内容とし、日本のビジネスシーンの発展と活性化を支える情報技術基盤を提供しています。長年の経験で培った高信頼データセンターを全国で運用しており、SaaS/PaaS/IaaSに代表される高付加価値サービスの開発と提供に取り組み、ビジネスユーザーのクラウドコンピューティングやオープンプラットフォームの利活用を推進しています。

<サービスに関する問い合わせ先>
■IDCフロンティア カスタマーデスク
Tel:0120-26-2725(平日9:00~17:00)
E-mail:service@idcf.jp

<リリースに関する報道機関からの問い合わせ先>
■IDCフロンティア 経営戦略本部 経営企画部
電話:03-4354-0155
メールアドレス:pr@idcf.jp
Twitter公式アカウント:idcfrontier
Facebookページ:リンク

このプレスリリースの付帯情報

IDCFクラウドの2段階認証のイメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.idcf.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。