logo

【オールアバウト生活トレンド研究所】「20~40代の恋愛・結婚・家庭観」に関する調査を実施

株式会社オールアバウト 2015年02月19日 14時40分
From 共同通信PRワイヤー

2015/2/19

株式会社オールアバウト

【生活トレンド研究所レポート2015 vol.2】
「20~40代の恋愛・結婚・家庭観」に関する調査を実施(2)
~30代の既婚女性の半数近くが「子供は欲しくない」と回答~
~結婚後の家事分担は「任せたつもり」の夫と「任された覚えはない」妻のギャップが浮き彫りに~

株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:
江幡哲也)が運営する「生活トレンド研究所」は、2014年10月に発表した
「20~40代の恋愛・結婚・家庭観」に関するアンケート調査結果の続報を
ご案内いたします。
2014年5月、日本創成会議が896自治体におよぶ日本全国の「消滅可能性都
市」を発表しました。その定義は、20~39歳の女性の数が、2010年から40
年にかけて5割以下に減る自治体としています。そこで今回発表するデータで
は、主に20~40代男女の「出産」、「夫婦間の家事割合」、「授かり婚」に
ついての意識について明らかにしています。調査期間は2014年9月12日(金)
~2014年9月13日(土)、首都圏(1都3県)在住の20~49歳独身男女669名、
既婚男女666名から有効回答を得ました。

■調査リリース:リンク

■「生活トレンド研究所」のURL:リンク

━━━━━━━━━━━━
 【調査結果サマリー】 
━━━━━━━━━━━━
(1)30代の既婚女性の半数近くが「子供は欲しくない」と回答
男性よりも20ポイント以上多く、
男女の「出産・育児」に対する意識のギャップが明らかに

<専門家(「恋愛」ガイド:相沢あい氏)コメント>
『生まない選択』をする女性がメジャーになってきたことを示しており、
女性の社会進出や不妊などに以前より理解が深まり、『結婚した夫婦には
子供がいることが当たり前』という社会的圧力が弱まった結果ではないで
しょうか。しかし、同時に少子化に拍車が掛かることが懸念されます。


(2)理想の結婚は、「価値観が同じパートナーに思いやられ、
優しくされることで癒される」こと!?
しかし結婚の決め手は「出産や子育ての価値観」

<専門家(「子育て」ガイド:河崎環氏)コメント>
男性が結婚前と後で配偶者への要求を著しく減らしています。
独身時代は女性性が高く、趣味も分かち合える『理想の奥さん』を
思い描いていたのが、結婚後は『価値観が同じ』が重視され、
『女性らしい』『趣味が一緒』は10位以下に。『現実を知って、
いろいろなことを要求するのをあきらめてしまったのかな?』と
多少気の毒になるほど。


(3)結婚後の家事分担、
「任せたつもり」の夫と「任された覚えはない」妻
話し合いではどうにもならない結婚の理想と現実があきらかに

<専門家(「子育て・夫婦関係」ガイド:おおたとしまさ氏)コメント>
30代・40代では、夫は「家事分担は話し合いの結果」と思っていますが、
妻は「家事分担はなりゆきの結果」と受け止めていることがうかがえます。
30代・40代の夫婦においては、家事分担の現状について妻は十分に納得し
ていない可能性がある。これは世の中の家事分担に関する議論において、
「妻は不公平感を感じていることが多い」とされるのと一致します。


(4)20代独身女性の半数近くが「授かり婚」にネガティブな反応
一方で30代独身女性は3人に1人が「いいと思う」と回答

<専門家(「子育て」ガイド:河崎環氏)コメント>
5割弱もの20代独身女性が「授かり婚はしたくない」と回答しており、
筋道立てた結婚を望む一方、30代独身女性になると3割強まで減少しており、
「授かり婚でも結婚のきっかけになれば」という意識がうかがえます。
結婚のきっかけも男性に依存せず、自律的に決めたいという意識の背景には、
純粋に自分の持っているスキルや力で生きていけるという自信があるのかも
しれません。

━━━━━━━━━━━━
■調査監修者プロフィール
━━━━━━━━━━━━

●「恋愛」ガイド 相沢 あい(あいざわ あい)
恋愛コラム二スト/コミュニケーションアドバイザー。
早稲田大学人間科学部出身。高校生の時から執筆活動を開始。
2004年にミスインターナショナル日本ファイナリスト選出を機に、
芸能活動を始める。現在は、コラム執筆・インタビュー原稿作成などを
行うライターや、広告やWEBの制作、レポーターとしても活動中。


●「子育て」ガイド 河崎 環(かわさき たまき)
コラムニスト。子育て系人気サイト運営・執筆後、教育・家族問題、
父親の育児参加、世界の子育て文化から商品デザイン・書籍評論まで
多彩な執筆を続けており、エッセイや子育て相談にも定評がある。
家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。


●「子育て・夫婦関係」ガイド おおた としまさ
「子供が『パパ~!』っていつでも抱きついてくれる期間
なんてほんの数年。今、子供と一緒にいられなかったら一生後悔する」
と株式会社リクルートを脱サラ。育児・教育分野を中心に活動する
ジャーナリストとして執筆や講演活動、メディア出演を行う傍ら、
パパのための相談サイト「パパの悩み相談横丁」を運営する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■調査概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・調査方法:インターネット調査)
・調査期間:2014年9月12日(金)~9月13日(土)
・調査対象:首都圏(東京、埼玉、神奈川、千葉)の20~49歳男女
・割付:
<独身男性>20代112名、30~40代各111名
<独身女性>20~30代各112名、40代111名
<既婚男性>20~40代 各111名
<既婚女性>20~40代 各111名

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「生活トレンド研究所」について 
リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「生活者のトレンドと未来をひも解くマーケティング・チャネル」
であることをミッションに掲げ、総合情報サイト「All About」で
活躍する住宅、マネー、健康、グルメ、一般消費財等、様々な領域
における専門家(=ガイド)が研究員となって、企業と生活者がより
良い関係性を構築するための調査、市場分析を行なっていきます。
その分野における高い専門性はもちろんのこと、
生活者・実務家としての考えや想いも兼ね備えた「All Aboutガイド」
ならではの分析・考察を重ねることで、表面的な定量データでは捉え
られない新たな潮流や課題を浮き彫りにしていきます。


《引用・転載時のクレジット表記のお願い》
本リリースの引用・転載の際は、必ず「生活トレンド研究所の調査」である
旨を示すクレジットを明記していただけますようお願い申しあげます。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。