logo

ゲームプレイ動画にチャレンジしたい人に向けたエントリー機器PC不要でフルHD画質のプレイ動画をカンタン録画・編集可能!新世代ゲーム機対応のゲームレコーダー「ER130」を発売

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社 2015年02月19日 10時21分
From PR TIMES

希望小売価格 12,000円+税 2015年2月19日(木)より大手量販店・ゲームショップにて

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区)は、PCなしでゲームプレイ動画をカンタンに保存することができる録画機器「ゲームレコーダー ER130」を2月19日から、国内の大手家電量販店やゲームショップなどで発売します。



ER130は PlayStation(R)4を始めとした新世代ゲーム機に対応し、Wii U、Xbox One、Xbox 360などのゲーム機とテレビの間にHDMIケーブルでつなぐだけで、プレイ中の映像を手軽に録画することができるキャプチャーデバイスです。最高録画解像度は1080p/30fpsのフルHD 画質で、付属のリモコンを使えば、家庭用のテレビやHDレコーダーと同じように、ワンタッチでゲームプレイ動画の録画と再生、さらにはカット編集をすることができます。

新世代ゲーム機の多くは、動画共有機能を標準搭載しているものの、画質や録画時間の制限があります。ER130は、ゲーム機に標準で搭載されているキャプチャー機能だけでは満足することができなくなってきた、本格的なゲーム実況にこれからチャレンジしたい人にとって最適な製品です。


[画像: リンク ]



ゲーム機とテレビの間をHDMIケーブルでつなぐだけで、誰でも手軽にフルHDのプレイ動画を録画が可能!
ゲーム機とテレビの間にHDMIでを接続するだけで、誰でも手軽にフルHD(1920×1080 30fps)の動画や静止画の記録が可能です。

ER130による動画や静止画の保存には、本機器にUSBで外付けハードディスクを接続する必要があります。
ER130を利用して1回に録画できる時間は最大8時間です。8時間を経過すると自動的に録画停止となり、ER130に接続したHDDに保存されます。PS3・映像機器・スマホを接続する場合は、HDMIから出力されたコンテンツはHDCP(不正コピーを防止する著作権保護技術)がかけられているため、録画ができません。


付属のリモコンで簡単録画・再生。ゲームに集中できる快適な操作性を提供!
ER130に付属のリモコンを使えば、ワンタッチでプレイ動画の録画と再生が可能です。プレイ合間の休憩時間も、製品本体を操作するような手間をかけずに、離れた場所からボタン一つで録画のON/OFFが可能です。

PC不要で1秒単位の編集が可能!
ER130には録画した動画の不要な部分が簡単にカット編集することができる「編集モード」機能を搭載しています。付属のリモコンで1秒単位の編集が可能で、残したい映像だけをつなげて1つのファイルに保存することができます。なお、保存した動画は、MP4形式で保存されるため、PCの動画編集ソフトをつかった編集も可能です。

感動のプレイや奇跡のシーンは、簡単操作でHDDに保存。
YouTubeやニコニコ動画などにアップロードすれば、自慢のプレイを世界に発信可能!
ER130で録画した動画や静止画は、USB接続した外付HDDに保存されます。ファイル形式は汎用性が高いMPEG-4形式で保存されるため、外付HDDをER130から普段使っているPCに差し替えるだけで、ファイルの移行を行うことができます。YouTubeやニコニコ動画などにアップロードすれば、自慢のプレイを世界に向けて披露することができます。

<製品情報>
メーカー:AVerMedia TECHNOLOGIES(アバーメディア・テクノロジーズ株式会社)
製品名:ゲームレコーダー ER130
型番: ER130
発売時期: 2015年2月19日
希望小売価格 12,000円+税
製品情報URL: リンク

< AVerMedia TECHNOLOGIES社概要 >
AVerMedia TECHNOLOGIES社は、台湾に本社を構える、ビデオキャプチャー、ストリーミング製品を中心に事業展開しております。現在世界75各国に商品を展開している、グローバル企業であります。技術、品質を重視した、技術集団のもと、顧客第一を実践しております。自社で設計、製造、品質管理を徹底し、"AVer"ブランドのほかに、各OEM/ODMパートナーにも高い評価をいただいております。
URL:リンク


本リリースに記載した製品・サービス名は各社の商標・登録商標です。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事