logo

アプリエンジニアスキルを可視化する「スマ検(TM)」が、ゲームエンジン「Unity(TM)」の検定試験を提供開始

株式会社D2C 2015年02月18日 13時02分
From PR TIMES

~数多くのスマホ・タブレット向けゲームを提供する「クルーズ」監修の元、 ニーズが高まる「Unity」技術者のスキル評価に迅速に対応~



株式会社D2C(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)は、本日、2015年2月18日(水)より、「スマートフォンアプリ開発技術検定試験(略称:スマ検™)」において、ゲームエンジン「Unity」の検定試験をクルーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小渕 宏二、以下クルーズ)監修と検証の元、スマ検Unity版の提供を開始しました。

D2Cは、「スマ検」をiOS™、Android™ OS向けアプリケーション開発技術に関する検定試験として提供してきましたが、「Unity」でスマートフォンゲームを開発できる技術者へのニーズが急速に高まっている状況に対応し、新たに「Unity」の設問を追加いたしました。設問は、スマ検をはじめコンシューマー向け事業で蓄積した、Webサービス、アプリ開発、運営ノウハウを元にD2Cが作成を行い、内容の監修と検証をソーシャルゲーム開発と運営実績を数多く保有するクルーズのエンジニア陣が行っています。
これにより、「スマ検」の受験者はさらに広範囲のゲーム開発技術に関する設問を解くことができ、「Unity」技術者を求める企業に対して、その技術力を示すことが可能になります。

今後も、D2Cは、エンジニア育成やデジタル分野における教育事業を推進していくことにより、スマートフォン向けコンテンツ・アプリ市場の活性化とデジタル産業の拡大に貢献することを目指してまいります。

※Unityとは
米ユニティ・テクノロジーズ社が提供する、統合開発環境を内蔵した、マルチプラットフォーム対応のゲームエンジンで、スマートフォン、Webブラウザ、デスクトップ、ゲーム専用機などのゲームを開発することができます。

◆「Google」、「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
◆「iOS 商標」は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
◆「Unity」 および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。
◆「スマ検」は、株式会社D2Cの商標です。


「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」 概要
● サービス名称 : 「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」 (通称:「スマ検」)
● ジャンル   : iOS、Android OS向けアプリケーション開発関連技術検定サービス
● 対象     : スマートフォンアプリ開発に携わる法人および個人
● 受験料金   : 無料
● 検定の種類  : 「iPhone」「iPhone Pro」「swift」「Android」「Android Pro」「Unity」
● URL     :   リンク

[画像1: リンク ]



● サービスロゴ


[画像2: リンク ]





● 「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」TOPページ
[画像3: リンク ]



(参考)
<D2Cとは>
株式会社D2Cは、2000年6月1日に、株式会社NTTドコモ、株式会社電通、株式会社NTTアドの3社合弁で設立された、世界初のモバイル広告/マーケティング会社です。D2Cでは、ワイヤレス領域を軸に、「No Wireless, No Marketing」をスローガンに掲げ、ドコモメディアや各種一般メディアにおける広告の取り扱いや、統合デジタルマーケティングの提案・実施までをワンストップで提供する「広告・マーケティング事業」、コンシューマ向けアプリやコンテンツの開発・提供を行う「コンシューマ事業」、アジアを中心とした国々での広告・マーケティング事業を行う「海外事業」の3つの事業を展開しています。

<クルーズとは>
クルーズ株式会社は、ソーシャルゲームやネット通販を中心に、世界中にインターネットサービスを提供するエンターテインメント企業です。
現在、日本国内のみならず世界150以上の国と地域でスマートフォン・タブレット向けのソーシャルゲームを提供しています。また、ネット通販は、レディースからメンズ・キッズまで、多様なジャンルのファストファッションアイテムがまとめて買えるショッピングサイト『SHOPLIST.com by CROOZ』を運営しています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。