logo

高度なシステム統合を可能にするメモリ容量 512KBのSTM32F3マイコンを発表

STマイクロエレクトロニクス 2015年02月17日 09時30分
From PR TIMES

STM32F3ミックスド・シグナル・シリーズに新製品を追加



[画像: リンク ]



STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、低コストで高性能・高機能が要求されるアプリケーション向けに、32bitマイクロコントローラ(マイコン)であるSTM32F3シリーズの新製品を発表しました。新製品は、大容量メモリ(内蔵Flashメモリ:最大512KB、SRAM:最大80KB)、ならびに高速制御に最適な高性能ペリフェラルと外部メモリ用のインタフェースが搭載されています。

STM32F3シリーズは、STのARM(R) Cortex(R)-M4搭載マイコンのエントリ・レベルの製品です。DSPと浮動小数点ユニットを搭載しているCortex-M4コア(動作周波数:最大72MHz)は、モータ制御のフィードバック演算等の確定的なルーチンを、Core-Coupled Memory(CCM-SRAM)技術に基づくST独自の「ルーチン・ブースタ」と組み合わせることで、最大43%高速化します。Cortex-M3を搭載するSTM32F1シリーズの上位製品となるSTM32F3シリーズは、幅広いハードウェア、ソフトウェア互換性、使いやすい設計ツールおよび開発エコシステムを提供し、600品種以上から成るSTM32ファミリを構成しています。

STM32F3シリーズは、最大512KBのFlashメモリを内蔵するSTM32F303およびSTM32F302を追加したことで、より高性能なアプリケーションに対応することができます。新たな機能として、シリアル通信インタフェース(SPI、I2C)の他、8/16bitバスにおいて36MHzでアクセスを行うFlexible Memory Controller(FMC)を採用したことにより、様々な外部メモリやLCDモジュールに対応することが可能です。また、生活家電、電動工具、産業機器で使用されるマルチモータ向けのモータ制御タイマ(144MHz、16bit)が最大3個搭載されています。さらに、ソフトウェア開発キット(STSW-STM32100)と新しいハードウェアで構成されるSTM32用モータ開発エコシステムが、より短期間かつ簡単なモータ開発を可能にします。

STM32F3シリーズの豊富なペリフェラルに、強化された機能が追加されています。それらの機能には、クラス最高性能を実現する12bit ADコンバータ(5Mサンプル/秒)、高速コンパレータ(25ns)、複雑な波形に対応するWaveform Builderを備えた高速高分解能タイマ(217ps)、非コミット型プログラマブル・ゲイン・アンプ(PGA)等が含まれます。パッケージには、32~144ピンに対応するLQFP、BGA、WLCSPが用意されています。

STM32F3シリーズの新製品は、NUCLEO-F303RE(64ピン、試作・サンプル開発用)とSTM32303E-EVAL(100ピン、評価用)の2種類のハードウェア・ボードで評価可能です。ペリフェラル・ドライバだけでなくライブラリやスタックをサポートする、完全な組込みソフトウェア・パッケージ(STM32CubeF3)も提供されています。また、初期設定ツール(STM32CubeMX)を使用することにより、初期設定を簡略化し、開発を簡単に始めることができます。

現在、STM32F302(Flashメモリ容量:512KB、LQFP64パッケージ)は入手可能で、参考サンプル価格は約3.38ドルです。

詳細については、 リンク をご覧ください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・プロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。2014年の売上は74.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事