logo

国内にメール誤送信対策の重要性をPRする ~メール誤送信はワースト3位も対策は後回し~

オレンジソフト、トライポッドワークス、トランスウエアが『メール誤送信対策プロジェクト』を始動

昨今、インターネットが普及してから電子メールが業務で頻繁に活用されており、インターネットに関わるデータの事故や悪意ある行為が後を絶ちません。毎年、日本ネットワークセキュリティ協会(※1)が公表する情報セキュリティのインシデントでメール誤送信は、インターネットに続く流出の原因になっているものの、企業での対策は後回しにされるケースが多く、メール誤送信対策プロジェクトでは、正しいメール誤送信対策を普及するとともに、国内のメール誤送信による情報流出の削減を目標に活動しています。

株式会社オレンジソフト(東京都品川区、代表取締役:日比野洋克「以下、オレンジソフト」)、トライポッドワークス株式会社(仙台市青葉区、代表取締役社長:佐々木賢一「以下、トライポッドワークス」)、株式会社トランスウエア(東京都中央区、代表取締役:松田賢「以下、トランスウエア」)の三社は、2015年2月17日、にメール誤送信対策の普及活動を行う『メール誤送信対策プロジェクト』を本格的に始動すると同時にWEBサイトのオープンをお知らせいたします。

昨今、インターネットが普及してから電子メールが業務で頻繁に活用されており、インターネットに関わるデータの事故や悪意ある行為が後を絶ちません。毎年、日本ネットワークセキュリティ協会(※1)が公表する情報セキュリティのインシデントでメール誤送信は、インターネットに続く流出の原因になっているものの、企業での対策は後回しにされるケースが多く、メール誤送信対策プロジェクトでは、正しいメール誤送信対策を普及するとともに、国内のメール誤送信による情報流出の削減を目標に活動しています。

なお、オレンジソフト、トライポッドワークス、トランスウエアの三社は、2012年よりメール誤送信対策の普及を図る活動を続けており、この度、WEBサイト(リンク)のオープンに伴い、メール誤送信対策プロジェクトとしての活動開始をお知らせするに至りました。(※2) また、ナノオプトメディア主催「Security Days 2015」(2015年3月5日~6日)にメール誤送信対策プロジェクトとして参加することが決まっており、同セミナーでは、昨年のメール誤送信事故を例に増え続けるメール誤送信の効果的な対策を解説します。

メール誤送信対策プロジェクトの主な活動
● WEBサイト・セミナーを用いてメール誤送信の危険性を啓発するプロモーション活動
● WEB・セミナーのアンケート調査を公表
● ガイドラインの作成
● 過去の活動に関しては、WEBサイトを参照
リンク

※1 NPO 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)
※2 現在、参加企業は募っておりません。今後、活動が進むにつれて他企業を募集する予定です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事