logo

日本大学との共同検証にて開発、大京 「ライオンズパッシブデザイン」を新築全物件で標準採用

株式会社大京 2015年02月16日 15時20分
From Digital PR Platform


 株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口 陽)は、日本大学と共同で開発を行い、2009年にザ・ライオンズたまプラーザ美しが丘に採用し、その後も実証・検証を続けてきた、パッシブデザイン(太陽光や風などの自然エネルギーを利用した建築方法で室内環境を快適にする手法)に自社基準『ライオンズパッシブデザイン』を設け、2015年4月に新規着工するライオンズマンションより、全物件に標準採用することといたしましたのでお知らせいたします。

 当社では、「ライオンズマンション」のものづくりの約束ごととして、安全、安心、快適などの基本品質を守るほか、「パッシブデザイン」を建築計画に取り入れた「地球にやさしい住まいづくり」を業界に先駆けて実施し、省エネルギー性能向上や環境問題に取り組んできました。

 具体的には、換気機能付き玄関ドア、自然換気ストッパー付きサッシ、グリーンカーテン用フック、通気ルーバー付き扉などの導入により、夏期のエアコン電気代が約3割削減、7月の室温約4.9度低下換気量約4倍に増加などの効果を得ることができました(温熱環境解析ソフトによる検証)。6年間にわたる改良や実証で効果を確認できたことに加え、導入物件の居住者から共感や好評の声も多数いただいたことから、このたび自社基準『ライオンズパッシブデザイン』を設け、全物件で採用することを決めました。また、併せて専有部にLED 照明を標準採用いたします。

 今後も大京では、自然エネルギーを活用し、快適な住環境を提供してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事