logo

世界最大のオンライン航空便販売会社eDreamsが日本に

eDreams 2015年02月16日 14時36分
From 共同通信PRワイヤー

世界最大のオンライン航空便販売会社eDreamsが日本に

AsiaNet 59495 (0181)

【バルセロナ(スペイン)2015年2月16日PRN=共同通信JBN】
*オンライン旅行社のeDreamsは440社以上の航空会社のフライト、15万以上の組み合わせ、4万カ所の55万以上のホテルを提供する

世界最大のオンライン航空便販売会社であるeDreamsは国際的拡大プロセス継続のため日本を選んだ。この1月から欧州最大、世界で第5位のオンライン旅行社(欧州最大の電子商取引会社でもある)である同社は440社以上の航空会社のフライト、15万以上の組み合わせ、4万地点の約55万ホテルとレンタカーを日本の旅行者に提供する。

(Logo: リンク

同社の目的ははっきりしている。欧州で現在そうであるような主導的な地位を日本で達成し、それによって世界の44カ国全体で国際的なプレゼンスを実現することである。そのためにeDreamsはすべての努力を言語から通貨、広い範囲の国内の格安フライトに至る日本市場の好み、ニーズにサービス領域を適応させることに集中している。これらはすべて、eDreamsが顧客満足度とリピート率で最高率の1つを達成するのを可能にした価格設定と顧客サービスを同レベルで維持しながら実行する。さらに、同社にはスペインに専属の地元チーム、異なる側面を持つマーケティング、コールセンターなどがある。

eDreamsのパブロ・ポルシオレス事業開発ディレクターは「価格は世界で約1500万人の顧客がわが社のサービスの利用を最初に選んだ主な理由だが、eDreamsの質とサービスのレベルは常にその期待を超え、顧客はわが社の得意先になり、わが社は顧客の旅仲間になった」と強調している。そして販売前、販売後サービスの質は顧客に高く評価されている。eDreams職員の専門家チームがユーザーの比類のない旅行体験を助けるのはそのためであり、検索、ブッキング、支払い、請求、販売後管理を容易にする技術に年間数百万ユーロも投資するのもそのためである。

これらのサービスに関連してポルシオレス氏は「それほど遠くない将来に日本が地域で最大の旅行市場になることを期待している。そうなるためにこの市場の需要に応えられる競争力のあるコンテンツをつくり出した」ことも認めている。同氏は「eDreamsには時代の重要プレーヤーと国際便、国内便、格安便で競争できる広い範囲の航空会社がある」と指摘している。

ジェトロ(日本貿易振興機構)によると、日本の国際便、国内便は近年大きく成長している。全体の20%を占める国際便は2004年から約20%成長した。一方、全体の80%を占める国内便は約11%増加した。さらに、日本市場では比較的新しい格安航空の領域では成長の余地が大きい。

このプレスリリースにともない、オンライン旅行社のeDreamsは主な柱の1つである国際化を成功の基盤として活動を続ける。2012年に新たに10カ国に拡大したのに続き、2013年にギリシャ、オランダに、昨年6月にロシアに拡大した。これらは供給、価格、サービスの組み合わせのおかげで同社の事業の地理的多角化を可能にし、5大陸でユーザーにとって魅力的な選択肢であるという位置づけを得ることができた活動である。

▽eDreamsについて
eDreams(リンク )は欧州の主要なオンライン旅行社の1つである。ビジネスサービスの顧客はスペイン、イタリア、フランス、ポルトガル、ドイツ、英国、オーストラリア、ブラジル、カナダ、メキシコ、チリ、インド、ペルー、ベネズエラ、アルゼンチン、コロンビア、スイス、トルコ、米国、シンガポール、アラブ首長国連邦、香港、南アフリカ、ニュージーランド、インドネシア、フィリピン、エジプト、モロッコ、タイ、ギリシャ、オランダ、ロシアおよび世界の英語市場にいる。eDreamsはインターネット旅行売上げで欧州市場最高の成長率の1つを記録した。同社は航空便、ホテル、航空便とホテルなどの商品の広い選択肢を提供しており、顧客は最新技術で価格、検索を提供する主要予約システムのすべてで利用できる。

ソース:eDreams

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。