logo

「MARKETSPEED for Mac」に発注機能を搭載

楽天証券 2015年02月13日 16時00分
From PR TIMES

株取引の総合トレーディングツールとしてMacで国内初

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都品川区、以下「楽天証券」)は、発注機能を搭載したMac対応の株式トレーディングツール「MARKETSPEED for Mac Version 2」の提供を2015年2月下旬から開始します。本ツールは、楽天証券の総合口座をお持ちのお客様であれば、無料でご利用いただけます。



「MARKETSPEED for Mac」は、最大100銘柄の株価を一画面に表示でき、スマートフォンアプリ「iSPEED」との連携により、スマートフォン、タブレット、PCウェブ、Macのどのデバイスからでもお気に入り銘柄を共有できます。また、Version 2には、新たに発注機能や保有銘柄の照会・実現損益など、トレーディングに必要な機能を搭載しています。なお、投資情報の提供から発注までを兼ね備えた総合的な株式トレーディングのソフトウェアとして、Mac対応は国内で初めてになります。

楽天証券は日本で初めて個人向けに、独自のトレーディングツール「マーケットスピード」を提供し、リアルタイム株価や板情報配信など、お客様の取引環境のイノベーション・改善に努めてまいりました。今後も証券業界にイノベーションを起こし、お客様のニーズに即したサービスや商品を提供してまいります。

[動画: リンク ]



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■□ MARKETSPEED for Mac Version 2概要 □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
[画像: リンク ]
■発注機能
― 自由自在の注文画面
メインウィンドウ内で各種情報を見ながら発注ができます。さらにマルチウィンドウで、縦・横、自由自在に注文画面を配置できます。

― 照会画面でスムーズに判断
お客様の日々の注文状況や取引の約定が一覧で確認いただけます。
訂正・取消可能な注文に限定した照会も可能。

― わかりやすい資産・口座画面
お客様の資産状況が一目瞭然でわかります。取引による実現損益や取引可能額を確認しやすく設計しました。

■取扱商品
国内株式

■提供開始日
2015年2月下旬

■利用料金
無料

■機能一覧
― 発注機能
・注文(指値/成行/本日中/今週中/寄付/引け/不成/逆指値/逆指値付通常)
・通知(約定)
・照会(注文、約定、保有銘柄一覧、建玉一覧、実現損益)

― 投資情報
・国内株式銘柄(市況、チャート、歩み値、時系列、ニュース、四季報、株主優待)
・国内外指数(26種類)
・為替レート(22通過ペア)
・株価ランキング一覧(27種類)
・業種別指数一覧/銘柄動向速報
・ニュース(7ジャンル)
・日経テレコン21/フィスコ市況/QUICKリサーチネット/四季報速報

― テクニカルチャート
・チャート種(9種類)、トレンド系チャート(22種類)、オシレーター系チャート(27種類)、特殊チャート(5種類)
・チャート描画(トレンドライン/コメント/アイコン)
・足種(1分~1時間、日、週、月)
・チャート印刷

― 配信方法
・リアルタイム配信

― その他
・マイボード画面(4タイプ)
・お気に入り銘柄連携
・シェア・コピー機能
・マルチウィンドウ表示
・未ログイン閲覧機能

■対応環境
対応OS: MacOS X v10.10 Yosemite/ MacOS X v10.9 Mavericks
対応端末: MacBook Air/ MacBook Pro/ Mac mini/ iMac/ Mac Pro
対応スペック(CPU): Intel Core i5 1.4GHz~

以上

【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事