logo

Bombardier、GMR Aero Technic Limitedがインドの商用航空機分野で初の認定サービス施設となったことを発表

Bombardier 2015年02月12日 12時05分
From JCN Newswire

地域のQ400ターボプロップの運航整備と重整備を実施;Bombardierの戦略的グローバルネットワークで商用航空機のアフターサービスを提供する10社目のASFに

Toronto, Ontario, Feb 12, 2015 - ( JCN Newswire ) - Bombardier Commercial Aircraftは、インドのハイデラーバードにあるGMR Aero Technic Limited (「GMR Aero Technic」)をQ400ターボプロップの認定サービス施設(ASF)に指名して、グローバルプレゼンスを強化したことを、本日発表しました。

即時発効のASF契約の下でGMR Aero Technicは、インド、ハイデラーバードのラジーヴ・ガンディー国際空港にある施設から、Bombardierのお客様に全種類の運航整備と重整備を提供します。27,300m2 (294,000平方フィート)の最先端のMRO (保守、点検、修理)施設で、運航整備に関する欧州航空安全局(EASA)の認可と、重整備に関するEASAとインド民間航空局(DGCA)の認可を受けています。

「インド国内や周辺地域のQ400航空機運航業者に、彼らの本拠地から近い場所で、整備専門知識と第一級の顧客サービスを提供する初めての業者として、GMR Aero Technicが弊社の信頼できる認定サービス施設の一員に加わったことを歓迎し、嬉しく感じています。」と、Bombardier Commercial Aircraft顧客サービスVPのTodd Youngは述べました。「GMR Aero Technicは高い評価を受けており、お客様のニーズへの対応では有利な位置づけにあります。新設ASFの提供するサービスの高さには、大きな自信を持っています。」

「過去4年間に我々は、優れた顧客サポートと専門知識で航空会社のお客様を支援し、タイムリーに高いコスト効果で航空機整備ニーズとソリューションを提供してきました。」と、GMR Aero Technics Limited最高経営責任者のUday Naiduは述べました。「Bombardierと協業して、地域のQ400航空機のお客様へのサービスを向上することを楽しみにしています。」

現在、アジアのお客様や運航業者では340機以上のBombardier Commercial Aircraftが就航中または発注中です。

Bombardierが受けた正式発注数は、Q400およびQ400(i) NextGen(i)航空機全体で534機です。Q400およびQ400(i) NextGen(i)航空機は、3.55億人以上の旅客を運んできました。飛行時間は570万時間以上、離発着回数は610万回以上を記録しています。Q400航空機プログラム(NextGenバージョンを含む)は、世界6大陸40か国弱50社以上の所有業者と運航業者に利用されています。Q400航空機は長年にわたって運航業者の皆様の価値ある資産としてご愛顧いただいており、現在リース業界からの関心も高まっています。

GMR Aero Technic Limitedについて

GMR Aero Technic Limitedは、GMR Hyderabad International Airport Ltd. (GHIAL)の一部であるGMR AEROSPACE ENGINEERING LTDの100%子会社で、260人以上の技術者と事務スタッフを雇用しています。GMR Aero Technic Limitedは、インドのハイデラーバードにあるラジーヴ・ガンディー国際空港(RGIA)で、MRO (保守、点検、修理)で、統合された世界クラスのサードパーティ機体MRO (保守、点検、修理)施設を運営しています。GMR Aero Technic Limitedは、MRO施設で機体重整備サービスを、ハイデラーバード空港で運航整備を提供しています。親会社のGHIALはGMR Group (63%)、Malaysia Airports Holdings Berhad (MAHB) (11%)、テランガーナ州政府(13%)およびインド空港局(13%)による官民合弁会社で、ラジーヴ・ガンディー国際空港(RGIA)の開発、運営および保守のために設立されました。GMR Groupは、インフラコングロマリットで、デリーとハイデラーバードの2か所の大規模国際空港を開発し、国外ではイスタンブール空港を開発しました。現在はフィリピンのセブ島で空港を開発しています。

Bombardierについて

Bombardierは、航空機と列車を扱う世界で唯一のメーカーです。Bombardierは、現在のサービス提供をしながら未来を見つめ、どんな場所でも効率的で持続可能で、楽しい交通を求めるニーズに応えることで、全世界の移動手段を進化させています。弊社が世界の交通をリードしている理由は、車両・航空機やサービス、そして何よりも従業員です。

Bombardierの本社は、カナダ、モントリオールにあります。弊社の株はトロント証券取引所(BBD)で取引されており、Dow Jones Sustainability Worldと北米インデックスにも上場しています。2013年12月31日締め会計年度の売上高は、182億米ドルでした。ニュースと情報は リンク からご覧いただくか、Twitter @Bombardier をフォローしてください。

編集者向け注記

- Q400 NextGen航空機の画像は www.bombardier.com リンク に本プレスリリースとともに掲載されています。
- Bombardier Aerospace社からの最新ニュースと情報はTwitterで @Bombardier_Aero をフォローしてください。
(i) Bombardier、NextGen、Q400およびThe Evolution of Mobilityは、Bombardier社とその子会社の登録商標です。

お問い合わせ先:
Genevieve Roy-Theriault
Bombardier Commercial Aircraft, China & APAC
+86-21-5172-8334
genevieve.roy-theriault@aero.bombardier.com
www.bombardier.com リンク

概要:Bombardier

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事