logo

海外渡航時の安全対策に役立つアシスタンスアプリの多言語対応開始

インターナショナルSOSジャパン株式会社 2015年02月12日 11時00分
From PR TIMES



医療とトラベルセキュリティアシスタンスサービスを全世界の会員企業に提供するインターナショナルSOSは、アシスタンスアプリの新バージョン(バージョン4.0)の導入を発表しました。従来の英語に加え、フランス語、中国語、日本語を含む多言語での対応を開始しています。
[画像: リンク ]

アシスタンスアプリは、駐在員や出張者が海外渡航する際に役立つ情報やアドバイスだけではなく、インターナショナルSOSの各種サービスへのアクセスが可能です。スマートフォン(iOS、Android、BlackBerry 10.3 OS、Windows Phone)の無料ダウンロードアプリ(リンク)です。

インターナショナルSOS製品開発担当ジェネラルマネージャーのグレゴア・ピントンは次のように述べています。

『最新版のアシスタンスアプリは、インターナショナルSOSが提供する幅広いサービスに今まで以上に簡単にアクセスできるようになりました。従来の英語に加えフランス語、中国語、日本語での提供を開始し、世界で活躍する会員企業の皆様により便利にお使いいただけます。
今回の最新版をリリースするまでに、エボラアプリ、eラーニングとトラベルトラッカーのアップグレードを導入しました。これにアシスタンスアプリの最新版を加えることで、会員企業のニーズに合わせてサービスのさらなるデジタル化を実現しました。』

アシスタンスアプリ最新版の特色:
・ 多言語提供開始(英語、フランス語、中国語、日本語)
・ ドイツ語の提供予定(2015年度内)
・ アプリのアクティベーションが簡易に
・ 新たなデザインを採用
・ AmazonアプリストアからBlackBerry 10.3 OS搭載端末をサポート
・ インターナショナルSOS「トラベルトラッカー」を利用する会員企業は、全旅程を閲覧可能*
・ 会員企業に合わせたカスタマイズ機能*
*ご利用には別途製品契約が必要です。

海外渡航時に役立つ情報に気軽にアクセス:
・ 最寄りのインターナショナルSOS アシスタンスセンターへワンクリックで電話連絡
・ 各国の最新情報、各地のメディカル・アラートおよびトラベル・セキュリティ・アラートを配信
・ 多用するコンテンツを優先表示
・ 専門の医療分析チームが提供するコンテンツへのアクセス(専門の医療分析チーム:インターナショナルSOS のクリニックに勤務する医療従事者、世界27 カ所にあるアシスタンスセンター、そして会員企業の遠隔サイトに派遣している医療スタッフからなるグローバルネットワークに所属)
・ 世界各地のリージョナル・セキュリティ・センターに所属する数百名の専門家が提供するトラベルセキュリティ情報

インターナショナルSOS のデジタル部門最高責任者であるリック・ギャラガーは次のように語っています。

『アシスタンスアプリは、数百万名にのぼる会員企業の海外駐在者や出張者とサービス提供者であるインターナショナルSOS をつなぐ最先端のコミュニケーションツールです。インターナショナルSOS のミッションである渡航者の安全管理を、この革新的ツールでさらに効率的に実現できると確信しています。インターナショナルSOS の包括的かつ専門性の高い渡航安全対策ソリューションと肩を並べるサービスはありません。このアプリがあれば、ワンクリックで渡航安全情報を入手できます。』

インターナショナルSOS アシスタンスアプリのダウンロードは、こちら(リンク)から。

<会社概要>
社名: インターナショナルSOS ジャパン株式会社
代表者名: 代表取締役社長 関 俊一
企業設立: 1996 年
所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-6 住友不動産新赤坂ビル11 階
URL: リンク
インターナショナルSOS について(www.internationalsos.co.jp)
インターナショナルSOS は、世界最大手の医療とトラベルセキュリティアシスタンスを提供する企業です。
世界89 カ国700 カ所にわたる拠点から、1,200 名の医師及び200 名のセキュリティ・スペシャリストを含む11,000 名以上の従業員が日夜アシスタンスに従事し、グローバルに活躍する顧客企業を支援しています。そのプロフェッショナルな専門知識は他の追随を許さず、広範囲なリスクに対する専門性の高い予防プログラム、そして重病、事故、社会不安時における緊急支援サービスを他社に先駆けて提供してきました。顧客企業が世界中どこでも『従業員の健康と安全』を実現いただけるよう、全力を挙げてし続けていきます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。