logo

企業システムへのゼロデイマルウェア侵入を検出する『サンドボックス監視サービス 』を提供開始

サイバー攻撃による不正アクセスを迅速に発見し、情報資産の流出を防ぐ

テクマトリックス株式会社は、ICT基盤の運用監視サービス『 ∴ TRINITY 』にゼロデイマルウェア対策支援としてサンドボックス技術の監視サービスを新たにサービスラインナップに拡充しました。
来る2015年2月25日(水)に、本サービスの紹介セミナーを開催します。



テクマトリックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:由利 孝、以下「テクマトリックス」)は、ICT基盤の運用監視サービス『 ∴ TRINITY 』にゼロデイマルウェア対策支援としてサンドボックス技術の監視サービスを新たにサービスラインナップに拡充しました。

テクマトリックスは2012年からセキュリティ運用監視サービスを提供しており、企業システムの入口対策や出口対策の課題に対して「McAfee Network Security Platform」や「Palo Alto Networks次世代ファイアウォール」を中心に24時間365日の体制で監視・分析のサービスをインターネットサービス/公共/金融/製造など様々な業界向けに提供してきました。
今回、サンドボックス監視サービスでは「McAfee Advanced Threat Defense」や「Palo Alto Networks WildFire」のようなサンドボックス型のセキュリティ製品が検出したマルウェアの影響度や感染状況などの情報を提供します。これにより、お客様はマルウェア感染が拡大する前に必要な対応を行うことが可能となり、被害を最小限に抑えることができます。

今日推進されている多くのビジネスにおいて、規模や業界を問わず、全てのICTシステムの安全でセキュアな運用は必要不可欠なものです。お客様にはより本業に注力していただくために、「∴ TRINITY サンドボックス監視サービス」では以下のサービスを提供します。

∴ TRINITY サンドボックス監視サービスの特徴
1.マルウェアの早期発見による被害の最小化
サンドボックス型セキュリティ製品により検出されたマルウェア解析レポートに対し、製品に含まれる他機能のイベントログを調査します。お客様の業務負荷を軽減するだけではなく、マルウェアによる脅威の早期発見や被害の最小化に貢献します。

2.セキュリティコンサルタントによる有人監視
誤検知や過剰検知も生じるサンドボックス技術ですが、誤遮断が発生した場合の早期解除は勿論のこと、機器により検出されるマルウェア解析レポートをセキュリティコンサルタントが精査を行い、危険度を判別します。

3.ワンストップでソリューションをご提供
テクマトリックスは、システムの設計・構築・保守・運用監視をすべてワンストップで提供することで、お客様の負担を軽減し、サービスレベル維持を実現します。例えば、SOCからメーカーサポートまでの一貫した連携は、蓄積されたナレッジやノウハウの活用のみならず、最新情報による脅威への早期対応を実現し、機器の最適化にも貢献します。

[画像1: リンク ]



【今後の展開について】
∴ TRINITY サンドボックス監視サービスは2015年1月からサービス提供を開始しており、既にサービス提供している3社を含めて5社へのサービス提供が確定しています。初年度(2015年度)は50社へのサービス提供を目標にします。


本サービスのリリースに際し、マカフィー株式会社様とパロアルトネットワークス合同会社様よりエンドースメントのお言葉を頂戴しております。

【マカフィー株式会社様からのエンドースメント】
このたびテクマトリックス様の「∴ TRINITY 」にサンドボックス監視サービスが新たに拡充されたことを心より歓迎いたします。
ゼロデイマルウェアを阻止する高度な検出機能を備えたMcAfee Advanced Threat Defenseの採用によって、より強固なセキュリティ対策を施しながら、お客様の運用上の負荷を軽減するワンストップサービスが実現すると確信しております。

マカフィー株式会社
コーポレート事業統括 専務執行役員 小笠原 誠様

【パロアルトネットワークス合同会社様からのエンドースメント】
WildFireの脅威インテリジェンスクラウドやオンプレミス型アプライアンスを活用することで、巧妙化する悪意のある攻撃への素早い検知と防御が行えます。
今回テクマトリックス様の「∴ TRINITY 」にWildFireを採用いただいたことを嬉しく思います。

パロアルトネットワークス合同会社
代表執行役員社長 アリイ・ヒロシ様


【セミナーのご案内】
この発表と合わせて「∴ TRINITY サンドボックス監視サービス」の紹介セミナーを行います。是非ご参加ください。

【2時間で知る最新動向】企業システムのゼロデイマルウェア侵入を検出する
「サンドボックス監視サービス」セミナー
日時:2015年2月25日(水) 15:00~17:00
会場:テクマトリックス株式会社 東京本社セミナールーム
お申込はこちら⇒ リンク


【テクマトリックスについて】
テクマトリックス(東証一部:3762)は、ICT 分野において、最先端の製品とソリューションを提供する総合的なソリューション・プロバイダです。ネットワーク、インターネット、セキュリティ、データベース、ソフトウェア品質管理等の分野の製品を海外より輸入し、日本国内に提供するためのローカライゼーション、コンサルティング、技術サポート、教育など様々な付加価値を付けてご提供します。また、これらの技術を駆使し、金融分野、通信分野、エレクトロニック・コマース分野において、お客様のニーズに適合したソリューションの提供、インテグレーション、システムの受託開発などのサービス提供、さらには、コールセンターシステム、医用画像システム等の自社製品の開発も行なっています。

【∴TRINITYについて】
[画像2: リンク ]

∴ TRINITY とは、「三位一体」という意味です。
「お客様」「ICT基盤」「当社」が三位。これらを一体として繋げ、当社がICT基盤の円滑な運用の補佐役になりたい。この価値観を揺るぎないものにするためにネーミングしました。TRINITYではサンドボックス監視サービス以外にもファイアウォールやIPS/IDSのセキュリティ運用監視サービス、ネットワーク・サーバ環境のリソース監視サービス、Webアプリケーション脆弱性診断サービスなどを提供します。
URL: リンク

※ 本原稿に記載されている社名及び製品名等は、各社の商標または登録商標です。

以上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。