logo

2016年に向けた再密封可能なXOの飲料缶エンド次期世代技術

XOLUTION GmbH 2015年02月10日 18時52分
From 共同通信PRワイヤー

2016年に向けた再密封可能なXOの飲料缶エンド次期世代技術

AsiaNet 59458

2016年に向けた再密封可能なXOの飲料缶エンド次期世代技術

ミュンヘン、2015年2月10日/PRニュースワイヤー/
ドイツ ミュンヘンに本社を置くXOLUTION GmbH(リンク )は、2年前に再密封可能な飲料缶エンドを世界市場に向けて成功裏に紹介しましたが、今回は、次期世代缶エンドとXOの技術に対する世界的な需要の高まりに対応するため、2016年の生産能力を大幅に増強することを発表しました。

マルチメディア・ニュースリリースは下記でご覧になれます。
リンク

XOシステムは、飲料缶を複数回再密封することができ、好きな時に飲むことを可能にした画期的なソリューションです。1度しか開けることのできないお馴染みの飲料缶と異なり、XOシステムの飲料缶は、缶を再度閉じて次回飲む分を残しておける一体型プラスチック開口機構を備えた蓋がついています。車の運転中、スポーツ中、あるいは買い物の最中、飲み物は、缶からこぼれることなく、滴ることなく、缶の中に埃や虫が入ることなく、炭酸も抜けずに新鮮な状態を完全に保つことができます。

このXO密封システムは、200ミリリットルから1リットルまでの缶を対象にした画期的な新製品開発です。この「使いやすい」開口機構は、一体化した開/閉タブを引き上げるだけで機能し、飲む時には後ろにスライドさせ、閉じるには前にスライドさせます。再密封可能な缶は、圧力に影響されず、炭酸が抜けず、液体が漏れません。不正開封を防ぐ封印が開口タブを覆って保護しており、初めて開けられる時に破れることで、消費者に対してその缶が一度も開けられたことがないことを保証します。XOの高速流量により、全く新鮮な飲料体験を高めています。再密封可能なXO缶エンドは様々な製品に適しており、設備投資の必要なく、既存の充填ラインで加工可能です。

XOLUTION のCEOであるMarc von Rettberg氏は、次のようにコメントしています。「飲料用缶に対する最も厳しい要求にさえ耐えることのできる現在のXOの再密封可能なエンドデザインを作成し、完成するために、4年以上の月日を集中的なR&Dに費やしました。当社は、現在のXOの缶エンドが、様々なブランドや飲料缶産業にとって、ゲーム・チェンジャーとなるための全ての資質を備えていると確信しています。消費者はどんな場所に行く時も、お気に入りの缶飲料を持参したいのです。」

この次世代技術の新しい特徴の一つは、XOの缶エンドの総重量と積み重ね高さの削減を可能にするより少なくてすむ薄いプラスチック部品です。最先端のプラスチック技術が、高温殺菌と熱充填をサポートするため、充填工程中の熱耐性強化に取り入れられています。XOの缶エンドで充填された飲料缶の保存期間は、12~18ヶ月と見込まれます。さらに、次世代XO缶エンドは、CDL(R)、SuperEnd(R)、OLOF(R)などの直径202(直径52ミリ)の次世代外形をサポートすることになります。直径200、204、206、209に対する生産能力も2017年に向けて準備中です。加えて、この新しいXO缶エンドは流量/注入速度を増加する一方で、顧客がより安全に簡単に使えるように新たにフレキシブルな2段階開口・ロック機構を備えています。XO缶エンドは標準のブラックだけでなく、顧客の好みに応じてどのような色でも対応可能です。

世界中の国際的および地域的な飲料ブランドからのXO缶エンドへの高まる需要に応じるために、2016年にXOLUTIONは年間生産能力を4億個に増加する予定です。XOLUTIONは、独自の取り組みや世界各地の国際的な生産ライセンス契約を結んだパートナーを通じて、世界規模の需要に基づいてさらに生産能力を高めることに取り組んでいます。

ORORA Limitedの常務取締役兼最高経営責任者であり、XOLUTIONのオーストラリアとニュージーランドにおける独占販売パートナーであるNigel Garrard氏は次のように述べています。「XOの再密封可能な缶エンドは、当社の顧客に多大な利益と機会を提供しています。XOは、現在市場に出回っているほとんどの充填製品に対応しているため、生産ライン変更や設備投資はほとんど必要ありません。そして、その細長いデザインのため、缶の中の液体量も変わりません。この差し込み式という構想により、XOの缶エンドは既存のSOT/LOEラインと同時に併用して用いることができ、充填速度が減速することがありません。」

XOLUTION GmbHは、2003年に設立されました。同社は、主にInventages(世界最大の生命科学、栄養、健康に重点を置くベンチャー企業)から出資を受けており、現在はアメリカ、中国、ロシア、バルト諸国に販売/駐在員事務所を持ち、同社の積極的な拡大計画を推進しています。

XOLUTIONおよびXO密封システムに関するプレス向け問い合わせ先:メールpress@xolution.com または、電話+49-(89)-62-83-299-0

リンク
リンク
リンク

CDL(R)、SuperEnd(R)、OLOF(R)、 Tetrapa(R)kは、その各所有者による登録商標であり、著作権で保護されています。XO(R)は、XOLUTION GmbHの登録商標です。無断複写・転載を禁じます。

情報源:XOLUTION GmbH

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。