logo

政府サミット開催―将来の政府におけるテクノロジーとイノベーションに関する3日間

政府サミット(Government Summit) 2015年02月10日 17時36分
From 共同通信PRワイヤー

政府サミット開催―将来の政府におけるテクノロジーとイノベーションに関する3日間

AsiaNet 59454

政府サミット開催―将来の政府におけるテクノロジーとイノベーションに関する3日間

ドバイ(アラブ首長国連邦)、2015年2月10日/PRニュースワイヤー/ --
世界的な政府とビジネスリーダーら、「Shaping Future Governents(将来の政府を形成する)」:モバイル政府、人工知能、スマートシティ、デジタル化を通した経済成長にをテーマに、サミットを召集

第3回目の政府サミット(Government Summit)が今日アラブ首長国連邦、ドバイで開催されました。本サミットは、93か国から4,000人の参加者を招集し、テクノロジーとイノベーションがどのように将来の政府を形成し、最も良く市民のニーズを満たしていくかを探究していきます。

     (写真: リンク )
     (写真: リンク )
     (写真: リンク )
     (写真: リンク )

サミット初日の午前中は、基調演説を特色とし、以下のメンバーにより実施されました:

・世界経済フォーラム創設者兼会長、クラウス・シュワブ氏、新グローバル・コンテキストと、その政府に対するインパクトについて
・韓国社会副首相兼教育部長官、ファン・ウヨ氏、韓国の原動力としての教育について
・サムスン電子社長、ユン・ブグン氏、時代を先駆けるイノベーションに対するサムスンのアプローチについて

「経済的変化を促進するのは、人間のイマジネーションとイノベーションです。政府には不可欠な役割があります―イノベーションは民間ビジネスから起こる傾向にありましたが、政府が媒体となり、このエコシステム内でイノベーションを促進する必要があります」と世界経済フォーラムの創設者兼会長、クラウス・シュワブ氏は言います。「ビジネスとの親密な協力により、政府によってのみ将来が築かれるのです。」

「先駆ける唯一の方法は、ゲームのルールをリセットすることでした」とサムスン電子社長のユン・ブグン氏はコメントします。「克服することができない問題はないと、自身を持って言えます。世界には、砂漠の砂粒の数だけアイデアがあり、それらはただ発見されるのを待っているのです。」

政府サミットは、どのようにして、次世代の政府がより戦略的に技術的発展を築き、共有するのかについての、50以上のセッションを含みます。トピックには、公的ニーズを満たすための人工知能の使用、モバイルベースの政府としての力の解放、ビッグデータの使用、市民のための医療と教育の将来を含みます。また、未来の都市を構想することも本サミットのテーマであり、参加者らと共に、私たちが生活、労働、通勤する方法を改善するためにどのようにテクノロジーが利用され得るかを考慮していきます。

本サミット初日にはまた、アブダビ首長国皇太子、連邦軍副最高司令官のシェイク・ムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン殿下と、国連事務総長のパン・ギムン氏によるスピーチを含みます。

情報源: 政府サミット(Government Summit)

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事