logo

ビヨンセが2015年グラミー賞受賞式でMessika Joaillerieをまとう

Messika Joaillerie 2015年02月10日 11時45分
From 共同通信PRワイヤー

ビヨンセが2015年グラミー賞受賞式でMessika Joaillerieをまとう

AsiaNet 59445(0161)

【ロサンゼルス2015年2月9日PRN=共同通信JBN】
*ビヨンセが2015年グラミー賞授賞式で、Messika Joaillerie Silkのダイヤモンド・タイネックレスをまとい観客を魅了

ビヨンセはMessika Silkコレクションの「Miss Hepburn」と名付けられたMessikaダイヤモンドのタイネックレスを身につけ、2015年グラミー賞授賞式の舞台に天使のように登場した。このユニークなネックレスは40カラット以上のダイヤモンドでできている。

(Photo: リンク

(Photo: リンク

(Photo: リンク

快適さを気遣った美しいデザインがSilkコレクションの注目すべき特徴。「Miss Hepburn」ネックレスはとても柔らかく、シルクのように手のひらに収まる。

▽Messika Joaillerie Parisについて
2004年創業のMessika Joaillerieは、父、その娘、ダイヤモンドをめぐり興味深くて愛情がこもったストーリーにあふれている。バレリー・メシカ氏は、40年間にわたりダイヤモンド業界のリーダーだった父親のアンドレ・メシカ氏と長年一緒に働いた後、2004年自らのジュエリーおよびハイジュエリー・ブランドを立ち上げることを決心した。Messikaはデリケートな素材に革新的な形を組み合わせることで、ジュエリーを取り巻く神聖なオーラを打ち破り、ダイヤモンドに新しい命を吹き込んだ。Messikaは53カ国以上に250カ所の販売地点を展開、パリ中心街の259 Rue-Saint-Honoreにフラグシップ店を構える、最もパワフルな一流パリジャン・ジュエリー・ブランドの1つである。

リンク

presse@messikagroup.com, +33-1-48-01-96-96

ソース:Messika Joaillerie

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事