logo

Cisco無線LANコラム「家庭用の無線と企業用の無線LAN、何が違うの?」を公開しました。

ディーアイエスソリューション株式会社(本社:東京都品川区、取締役社長 小川 仁司、以下:DSol)はCisco無線LANコラム「家庭用の無線と企業用の無線LAN、何が違うの?」を公開しました。

###

「っていうかそもそも、家庭用の無線と企業用の無線LAN、何が違うの?」

 いきなり疑問形から始まりますが、実際のご提案現場ではよく聞かれる言葉です。

「うちは各会議室に家庭用のアクセスポイントを付けています。運用上問題はありません。」
「各拠点でそれぞれ導入しています。安価で便利ですね。」

冒頭のご質問から続くのは、上記のようなお言葉です。確かに、暗号化方式は両者ともにAES対応で変わりませんし、通信速度や最大出力時の電波の届く範囲も大差はありません。むしろ家庭用の方が、設定が簡単で運用しやすいかもしれません。目に見えて異なるのは価格です。

 家庭用と法人用のアクセスポイント・・・異なるのは価格だけでしょうか。「何をいまさら」という方も多いと思うのですが、復習の意味も込めまして、今回は「家庭用のアクセスポイントと法人用のアクセスポイントの違い」についてコラムを記載したいと思います。

コラム本文は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。