logo

『Oral-B 歯垢除去検証プロジェクト』 ロボットアームがアプリと連動してその優れた歯垢除去力を実証!!

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 2015年02月06日 15時15分
From 共同通信PRワイヤー

2015年2月6日

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社


~手磨きに比べ歯垢除去力が99.8%up※~
ロボットアームがアプリと連動してその優れた歯垢除去力を実証!!
電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB プラチナ・ブラック7000」の
歯垢除去力を実証する動画
『Oral-B 歯垢除去検証プロジェクト』
2015年2月5日よりウェブで公開
リンク 


 小型家電ブランドのブラウン(P&G、本社:神戸市)は世界で初めてBluetoothを搭載した「ブラウン オーラルB プラチナ・ブラック7000(D365356X)」を2014年10月から販売し、好評を得ています。本製品はスマートフォンとの連携により特設アプリで歯磨きの状態をモニター表示し、自分に合った正しい歯磨きへとガイドします。また、この製品はドイツのエンジニアリング技術に基づくブラウン史上最高峰の技術を凝縮しており、歯科クリーニング器具と同じ丸型回転を採用しています。更に、特許技術によりブラシ先を16度傾斜して作られたマルチアクションブラシを使用することで、手磨きに比べて歯ぐきのキワの歯垢除去力も最大99.8%※向上しています。

 今回、2月5日より特設ブランドウェブサイト
リンク )で公開する動画『Oral-B 歯垢除去検証プロジェクト』はブラウンの研究施設を舞台に、アプリと連動したロボットアームがBluetooth通信で送られるデータに従いながら、マルチアクションブラシを使用して模型の歯を磨きます。実際に歯垢に模した蛍光塗料を歯科クリーニング発想の丸型ブラシが1分間で左右約8,800回・上下約40,000回という超高速運動で磨くことで、その優れた歯垢除去力を実証する内容となっています。
※:歯垢指数の変化による。6週間継続使用時。

■ムービー概要
「ブラウン オーラルB プラチナ・ブラック7000」が特設アプリからBluetooth経由で高性能ロボットアームを操り、歯垢に模した塗料で検証実験を行っています。歯垢(塗料)の除去が際立つように、実験は暗い中で実施されました。実験の結果、オーラルBの高い歯垢除去力が明らかになり世界最高峰の技術を凝縮した同シリーズの高性能ぶりが証明される結果となりました。

タイトル:Oral-B 歯垢除去検証プロジェクト(94秒)
公開開始日:2015年2月5日
公開先:特設ウェブサイト リンク

■撮影エピソード                                
◇ハイテク撮影の難しさを実感◇
今回、高性能のロボットアームと特殊なロボットハンドを使い、アプリからの指示によりBluetoothを通じて歯磨きを行うプログラムも開発。電動歯ブラシがロボットアームを操って歯垢除去するという、今までに無いハイテクノロジーな実験の撮影を行いました。このアプリからの指示によりロボットアームを自動的に制御するというプログラムは開発に長期間を要したため、完成したのは撮影直前のことでした。撮影は長時間に及びましたが、ようやく「OK」のカットの声がかかり、スタジオ内外の関係者は一斉に安堵の表情を浮かべ拍手に包まれました。

【世界の歯科医使用・推奨率No.1(※1)ブラウン オーラルBについて】
ブラウン オーラルBはデザイン美と機能性を備えた電動歯ブラシのブランドとして全世界で愛用されています。歯科医師や歯科衛生士などオーラルケア専門家からの評価も高く、世界の歯科医使用・推奨率No.1(※1)です。ブラウン オーラルBの特徴的な歯科器具発想の丸型ブラシは、磨きにくいところにもぴったりフィットし、独自の3D丸型回転により最大歯垢除去率99.7%(※2)を誇ります。  
※1:代表サンプルに対する定期調査に基づく。P&G調べ ※2:落としにくいところの値。しっかりクリーンモード使用時 

【P&Gについて】
P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界の50億人近い人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。日本では、電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」をはじめとして、衣類用洗剤「ボールド」「アリエール」「さらさ」、柔軟仕上げ剤「レノア」、エアケア製品「ファブリーズ」、台所用洗剤「ジョイ」、紙おむつの「パンパース」、生理用品「ウィスパー」、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」「ウエラ」、シェーバー「ジレット」「ブラウン」など、さまざまな製品を提供しています。






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事