logo

ユニクロのTシャツブランド『UT』、2015年春夏のラインアップを発表

株式会社ファーストリテイリング 2015年02月05日 15時12分
From 共同通信PRワイヤー

2015年2月5日

株式会社ユニクロ

ユニクロのTシャツブランド『UT』、2015年春夏のラインアップを発表
-「タンタン」、「ミッフィー」など世界で愛されているキャラクターから、
「永楽屋」などの伝統企業、気鋭のデザイナーやイラストレーターなど、
全約35コンテンツ、1,200色柄以上を展開-

 『UT』は、「Tシャツをもっと、自由に、面白く。」をキーワードに、ユニクロのTシャツブランドとして2003年に誕生しました。13年目となる今年は、ベルギー発祥の「TINTIN(タンタン)」、オランダ発祥の「miffy(ミッフィー)」、日本の老舗「永楽屋」、イギリス発祥の「MERCHANT&MILLS(マーチャント&ミルズ)」など、様々な地域で生まれ、世界中で愛されているコンテンツを新たに追加し、よりグローバルなラインアップで展開します。
 2015年春夏シーズンは、今回初めて『UT』でコラボレーションする16の新コンテンツを含む、全約35コンテンツ、1,200色柄以上の豊富なバリエーションを揃え、全国のユニクロ店舗(*)、オンラインストアを通じて販売します。
 『UT』は、様々なライフイベント、ライフシーンに彩りを与える新しいTシャツのスタンダード「THE NEW MODEL T」というコンセプトのもと、シーズンを問わず、お客様が人生を楽しむために欠かせないアイテムとして、今後も進化を続けていきます。

*店舗によって販売する商品が異なる場合があります。


■『UT』だからこそ実現できた「本物のポップカルチャー」

 『UT』では、様々なジャンルの膨大なコンテンツ、グラフィックから素材を選び抜き、デザインに落とし込んでいます。デザイン化に際しては、主に『UT』のクリエイティブディレクターであるNIGO氏がディレクションを行い、コンテンツそのものの本物感と、Tシャツならではのポップさを両立させながら「本物のポップカルチャー」として仕上げています。
 今回はさらにグローバルな視点を取り入れて、各地域で長く愛されているコンテンツからつくりあげた「本物のポップカルチャー」をTシャツにのせ、世界中の人々へ届けます。

 2015年春夏シーズンでは新たに、イギリスの絵本のキャラクター「Mr. Men Little Miss」、ベルギーの作家、エルジェが作品の中で発表したキャラクター「TINTIN(タンタン)」、オランダ生まれの「miffy(ミッフィー)」、イギリスの裁縫道具ブランド「MERCHANT&MILLS(マーチャント&ミルズ)」、1996年にニューヨーク、ブルックリンに創立された自転車メーカー「Brooklyn Machine Works」、江戸初期(元和元年、1615年)から400年近く綿織物商を営む京都の老舗「永楽屋」など、世界中で愛されているキャラクターから老舗ブランドまで、厳選したコンテンツを追加しました。
 また、イラストレーターで絵本作家の「Leo Lionni(レオレオニ)」、ニューヨーク出身のデザイナーが立ち上げたインテリア・雑貨ブランド「Thomas Paul(トーマスポール)」とのコラボレーションや、時代を超えて魅力を放ち、世界中で愛され続けるミュージシャンをフューチャーした「ミュージック・アイコンズ」シリーズに、エアロスミス、メタリカ、コールドプレイといったアーティストを新たに加えるなど、幅広いラインアップで展開します。
 さらに、「Disney Project」では、ミッキーマウスクラブのグラフィックをのせて普段のミッキーとは少し違うデザインを取り入れました。『UT』だからこそのユニークなデザインを豊富にそろえています。

『UT』の詳細情報は下記のURLをご参照下さい。
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。