logo

ライカマイクロシステムズが電顕試料作製ワークショップに共催!

ライカ マイクロシステムズ株式会社 2015年02月04日 10時00分
From Digital PR Platform


ライカ マイクロシステムズ株式会社(社長:上野 隆、東京都新宿区)は、2015年3月3日、及び3月4日に開催される、電子顕微鏡試料作製の知識と技能の習得を目的とした実技ワークショップ「電顕試料作製ワークショップ-高圧凍結から広がるクライオSEMの世界-」に共催致します。これからクライオ電顕のアプリケーションに取り組む方、これから電子顕微鏡の使用を予定している方はもちろん、すでに電子顕微鏡をお使いの方にも日頃の疑問点の解決の場としてもご活用いただけます。奮ってご参加ください。


【ワークショップ内容】 
生物試料、培養細胞、エマルジョン、およびインクなどの含水材料を電子顕微鏡で観察するために、試料の高圧/急速凍結から凍結切削、凍結割断、クライオSEM観察までを、クライオトランスファーシステムにてリンクさせた最新・最先端のクライオ試料観察ワークフローの可能性について、この機会に、是非、ご体験いただきたいと思います。

■  クライオSEM試料作製のためのワークフローについて(講義)
■  ワークフローに関連する装置の実機ワークショップ(実習)

リンク

【講師】
理化学研究所 放射光科学総合研究センター
RSC-兵庫県立大学リーディングプログラムセンター

石原あゆみ(ライカマイクロシステムズ株式会社)
伊藤 喜子(ライカマイクロシステムズ株式会社)
西野 有里(兵庫県立大学大学院生命理学研究科)
宮澤 淳夫(兵庫県立大学大学院生命理学研究科)

【開催日時・場所】


2015年 3月3日(火) 11:30-17:00
2015年 3月4日(水) 11:30-17:00 
(3月3日と4日は同じ内容です)


理化学研究所 放射光科学総合研究センター
RSC-兵庫県立大学リーディングプログラムセンター

〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1 
リンク 

無料
 

日本顕微鏡学会 生体解析分科会
理化学研究所放射光科学総合研究センター
RSC-兵庫県立大学リーディングプログラムセンター


ライカマイクロシステムズ株式会社

お申込みはこちらから
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。