logo

フォーラムエイト、CIMの3DモデリングをサポートするDWG連携ツール 3DCAD Studio(R)リリース

株式会社フォーラムエイト 2015年01月30日 20時30分
From 共同通信PRワイヤー

2015年1月30日

株式会社フォーラムエイト

“カイザープロジェクト汎用3次元CADエンジンをベースに開発”
同エンジンを初めて採用した画期的な3Dモデリングソフトウェア製品

株式会社フォーラムエイト(東京都港区港南2-15-1 代表取締役社長 伊藤裕二 URL:リンク)は、2015年1月27日、3DCAD Studio(R)をリリースいたしました。DWGとVRとの連携をサポートし、CIMに対応した2D・3D図面の3Dモデリングツールで、今後本格的な3DCADとして拡張を予定しています。

本製品は、 関西大学を中心とした産学連携「カイザープロジェクト」で、足掛け5年を経て完成した国産の汎用3次元CADエンジンをベースとし、その後2年間の開発期間を経てリリースに至りました。同エンジンを初めて採用した画期的な3Dモデリングソフトウェア製品になります。

販売価格は18万円(製品本体)と廉価でありながら、CIMをサポートする2D・3D図面の便利なモデリングツールとして、次のような機能が搭載されています。

【3DCAD Studio(R)主な機能】
1. カーブの作図機能
  -線分、ポリライン、円、円弧、楕円、楕円弧、放物線、クロソイドの作図

2. 3次元モデルの作成・編集機能
  -押出し、回転、スイープ、面取り、フィレット、オフセットの3次元モデル編集

3. マテリアル、レイヤー設定
  -マテリアル、レイヤーを設定して、線、モデルの表示・非表示切り替え、色の設定

4. データのインポート/エクスポート機能
  -DWG・DXFから線分・ポリライン・円等のインポート
  -DWGへの線分・ポリライン・円等と3D形状のエクスポート、 3DSファイルへの3D形状のエクスポート

【関連情報】
▼3DCAD Studio(R)
リンク

▼カイザープロジェクト
リンク

▼建設ITワールド(家入龍太氏公式サイト)での紹介記事
◎時間軸・点群にも対応!国産3次元CADエンジンがついにベールを脱いだ (2012/12/19)
リンク

▼製品資料請求フォーム
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。