logo

「タビの産直イチ」プロジェクト 富田林「じないまち雛めぐり」2015年3月14日・15日に開催

タビイチ統括事務局 2015年01月30日 14時01分
From 共同通信PRワイヤー

2015/01/30

タビイチ統括事務局


「タビの産直イチ」プロジェクト イベント情報
富田林「じないまち雛めぐり」2015年3月14日・15日に開催


 国土交通省観光庁では、「観光地ビジネス創出の総合支援事業」として、国内の新しい観光地づくりの取組を応援し、今までにない観光地の魅力開発と旅行商品化を推進しています。
 全国公募の中から選定された全国各地の45地域が「タビの産直イチ」プロジェクトに参加し、モニターツアーや商談会、ビジネス化に向けたノウハウを学ぶことができる研修の実施などを通じて、地域が互いに競い合い、観光資源の確実な商品化を目指すとともに、自立した観光地づくりを目的としたビジネスモデルの構築に取り組んでいます。本プロジェクトを通して、地域の特産品や海産物などの「食」をはじめ、山海の絶景、歴史、体験プログラムや個性あふれる人材など、多種多様な観光資源を活かした旅行商品の造成が期待されます。

 このたび、「タビの産直イチ」プロジェクトに参加している地域のイベント情報についてお知らせします。タビの産直イチ:リンク


■ 富田林「じないまち雛めぐり」開催
~美しい歴史的町並みで、お雛さまと出会う2日間~

 大阪府唯一の重要伝統的建造物群保存地区「富田林寺内町(じないまち)」において、2015年3月14日(土)15日(日)の2日間、「じないまち四季物語2015『春』~第9回じないまち雛めぐり~」が開催されます。
 大阪府唯一の重要伝統的建造物群保存地区「富田林寺内町(じないまち)」は、江戸時代のお寺や商家の町並みが美しく残されています。寺内町の町並みは、町をこよなく愛する方々の努力や協力により、保存するだけではなく、訪れる方を受け入れる様々な店舗やスペースとして活用されています。この歴史的町並みと古い町家を改装した様々な店舗の連動イベントを「じないまち四季物語」として展開しており、「じないまち雛めぐり」は、寺内町に春を告げるイベントとして、今年で9回目を迎えました。100箇所近くの民家や店舗、まち角に、思い思いのお雛様が飾られており、代々受け継がれた貴重なお雛様に出会えたり、思いがけない場所にお雛様が飾られていたりと、散策を楽しみながら、様々なお雛様に巡り会えます。併催で、お茶会や、特産市なども開催を予定しています。


<イベント概要>
■イベント名:じないまち四季物語2015「春」第9回じないまち雛めぐり
■開催期間:平成27年3月14日(土)~3月15日(日)
■開催場所:富田林市寺内町およびその周辺
■参加費:無料
■来場者数(予定):延べ10,000名
■主催:じないまち四季物語実行委員会
■共催:一般社団法人富田林じないまち文化トラスト
■後援:大阪府、富田林市、近畿日本鉄道株式会社
■参考資料:添付の資料をご覧ください。(昨年の「雛めぐり」の画像)
■お問合せ先:じないまち四季物語実行委員会 TEL:080-6205-4540
(平成27年2月からの午前10時~午後5時 土日祝休)
■参考ホームページ:
リンク
リンク
リンク
■「農と食と観光まちづくり推進協議会」についてのお問い合わせ
TEL:06‐6624‐8555/FAX:06‐6624‐8505((株)インプリージョン内)
※NPO観光力推進ネットワーク・関西、NPO法人富田林自然農法根っ子の会、
富田林市観光協会、富田林市、大阪府はじめ10団体で構成し、
富田林寺内町とその周辺農家との連携による取り組みを推進しています。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。