logo

世界で活躍する日本女性アスリート。 スピード、気迫、キメで競う、戦いの舞台とは?

インフルエンサーワイヤー事務局 2015年01月30日 12時14分
From 共同通信PRワイヤー

2015年1月30日

インフルエンサーワイヤー事務局

世界で活躍する日本女性アスリート。 スピード、気迫、キメで競う、戦いの舞台とは?

■Keyword/「女性空手家/KARATE」
インフルエンサーワイヤー第25号のテーマは、日本人女性空手家。
2020年東京オリンピック・パラリンピックでの正式種目化を目指す空手が今注目を集めている。
(インフルエンサーワイヤー事務局 清水)

―――――――――――――――

【注目のFact】
■ 世界で活躍する日本人女性アスリートが注目されている!
■ YouTube400万回再生、何とそれは、天才空手少女!
■ 今や世界のKARATE!?

―――――――――――――――

Fact.1 世界で活躍する日本人女性アスリートが注目されている!

2015年が幕を開け、1ヶ月が経過した。2020年東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り約5年半、スポーツファンは待ち遠しくて仕方がないことだろう。

オリンピックはなんといってもアスリートたちの活躍無くして語れない。中でも近年、女性アスリートの活躍を見る機会が増えてきた気がする。2011年に開催されたFIFA女子サッカーワールドカップで見事優勝を果たした女子サッカー日本代表や、オリンピックなどでメダルを獲得した女子フィギュアスケート日本代表、スキージャンプで活躍している高梨沙羅選手、世界を圧巻している女子レスリング日本代表選手など・・・活躍している日本人女性アスリートを挙げ始めたらきりがない。
最近ではテレビ番組やCMなどに出演するほどの人気のあるアスリートも増えてきており、スポーツ界だけでなく、さまざまな場面で日本中をにぎわせている。

2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、一体どんな活躍を私たちに見せてくれるのだろうか。日本人女性アスリートから目が離せない。

―――――――――――――――

Fact.2 YouTube400万回再生、何とそれは、天才空手少女!

日本、そして世界から絶大な人気を誇り、日本を代表するアスリートである、女子フィギュアスケート浅田真央選手の動画は動画共有サイトYouTubeにも多数アップされており、再生回数が最も多いものでなんと200万回を超える。しかし、最近、ある女性アスリートの動画がYouTubeで浅田選手をさらに超える再生回数を叩き出し、巷で話題となっている。その女性アスリートとは、一体・・・。

そのアスリートは、高橋万優(たかはし まひろ)さん、小学2年生の空手家だ。彼女の形演武がYouTubeで公開され、その動画はなんと400万回近くも再生されているのだ。ひとつの動画としては、あの浅田真央さんの動画を超える再生回数を記録している。2013年、14年と2年連続で全日本少年少女空手道で優勝。普段はほんわかと可愛い女の子だが、試合中は抜群の集中力で、相手を圧倒する目つきと気迫、技のスピードは大人顔負けだという。各局テレビ番組でも特集されるなど、注目を集めている。

まずは彼女の動画をご覧あれ。

動画:『Kankudai by Mahiro(7-year-old girl)』
リンク

参考画像1

―――――――――――――――

Fact3. 今や世界のKARATE!?

空手には「組手」と「形」がある。高野万優さんの話題となった動画は「形」。「形」は空手の発展の過程で体系化されたもので、選手は大会で公認された「形」の中から得意なものを選んで演じ、技の正確さ、気迫、緩急などの要素の総合評価で勝敗が決まる。

空手は日本のお家芸と思われるかもしれないが、実は世界の空手人口のうち、日本が占めるのはわずか3%程度だということをご存知だろうか。世界での競技人口は1億人、世界空手連盟には189カ国が加盟しているが、国内の空手人口は約300万人といわれている。97%は海外の空手家なのだ。また、世界での女性空手家は5000万人と競技人口の半数を占めており、その数は最近10年で30%も増加しており、存在感を増している。

今や男女問わず世界でKARATEとして認知を拡げている空手。
2020年東京オリンピック・パラリンピックの正式種目認定を目指し、さまざま取り組みが行われている。

参考画像2

―――――――――――――――

インフルエンサーワイヤーは、旬な企業情報を中心に、クチコミ分析の技術を活用し世の中の「話題」を立体的に捉えたレポートをお届けするニューズレターです。
ブロガーの皆様を中心に、マスメディア、ネットメディアの皆様にも、新鮮な記事ネタとして配信させていただいております。

【お問い合わせ先】
サービス登録に関するお問い合わせ: newsblog@agilemedia.jp
(担当: 徳力、中山 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社内)

サービス全般・ニューズレターに関するお問い合わせ: 03-6216-0697 
(担当: 落合、坂井 株式会社電通iPR局内)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事