logo

ファーウェイ、世界最高水準のNFVオープン・ラボを中国・西安に設立

ファーウェイ・ジャパン 2015年01月29日 14時27分
From PR TIMES

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は1月20日、NFV(Network Functions Virtualization:ネットワーク機能仮想化)技術に関する最先端のオープン・ラボを中国の西安市に設置したことを発表しました。このNFVオープン・ラボにおいて、ファーウェイはマルチベンダー環境におけるソリューション統合を検証するプラットフォームの開発、顧客やパートナー企業、関連団体と連携したサービス・イノベーションの拡大、NFVインフラストラクチャやプラットフォーム、サービスを包含するオープンなエコシステムの発展への貢献に注力していきます。開所式にはチャイナ・モバイル(中国移動)、ドイツ・テレコム、米ヴイエムウェア(VMware)、米レッドハット(Red Hat)、英カノニカル(Canonical)といった世界でNFV技術の発展を牽引する通信事業者やパートナー企業が参加しました。



[画像: リンク ]

ファーウェイの通信事業者向けネットワーク事業 シニア・バイス・プレジデント兼グローバル・テクニカル・サービス部門プレジデントである梁華(ハワード・リャン)博士は次のように述べています。「NFVオープン・ラボは情報通信技術(ICT)の融合を推進するイノベーション・センターです。パートナー各社と協力してサービス開発を進めるとともに、NFVを取り巻くオープンなエコシステム構築を通じて各社の価値を集約し、お客様のビジネスの成功を支援していきます」


近年、クラウド技術の急速な発展とともに、エンド・ユーザーの行動はファーウェイがROADSと呼ぶ5つの特徴を持つようになりました。ROADSとは、リアルタイム(Real-time)、オンデマンド(On-demand)、24時間常にオンライン(All-online)、DIY(Do it Yourself)、ソーシャル(Social)を指します。このような新しい環境下で、従来の通信サービス・アーキテクチャではROADS体験を求めるエンド・ユーザーのニーズを満たすことができず、通信事業者は各社の通信サービス・アーキテクチャをICTを統合したクラウド・アーキテクチャに移行する必要に迫られています。また、こうした変化を受けてNFVやSDNに代表される新しい技術も生まれており、なかでもNFV技術を活用することで、従来の通信ネットワークをよりオープンかつ柔軟性の高いものに変えることができ、素早いサービス拡張、運用・保守コストの削減、産業チェーンの拡大が可能になると見られています。


しかし、通信事業者がNFVを導入する過程では、マルチベンダー環境における製品・ソリューションの整合性、信頼性、相互運用性の保証のほか、複雑な既存システムへの統合、NFVに最適化した運用・保守体制の構築、新しい収益源の見極めなど、さまざまな課題を解決する必要があります。


ファーウェイは、これらの課題に対処するため、典型的なサービス・シナリオに基づくマルチベンダー環境における検証プラットフォームを構築するとともに、世界各地で進めているテストやプロジェクトの実績を蓄積し、最終的にはNFVビッグデータ分析プラットフォームを構築する予定です。これにより、ファーウェイは信頼性の高いデータの提供を通じて、通信事業者によるNFVを活用したネットワーク・サービスに関する計画と意思決定を支援します。さらに、ビッグデータ分析プラットフォームを活用し、関連団体や通信事業者、パートナー各社と共同でソリューションを開発して複数機関から認証を取得し、NFVを取り巻く産業チェーンの発展に貢献していきます。また、パートナー各社と協力してNFVシステムの統合と運用・保守における技術サポート機能を検証・強化します。これら一連の取り組みの第一段階として、ファーウェイはチャイナ・モバイル、ヴイエムウェア、レッドハットと協力を進めています。


ファーウェイは、2012年に初めて、NFV、SDN、クラウド・コンピューティングなどの先進技術を活用した同社の次世代通信ネットワーク・アーキテクチャに関するビジョン「SoftCOM」を発表しました。SoftCOMはネットワーク・アーキテクチャ、ネットワーク機能、ビジネス・モデル、運用モデルの面から通信業界の変革を支援するもので、通信事業者が総合的な通信ネットワークの進化とビジネス変革を実現し、ICT融合によって新しい価値を創出・獲得し、オープンで相互接続された革新的なエコシステムを推進して産業価値を高め、その価値をより有効に活用することを可能にします。


ファーウェイは現在、世界をリードする通信事業者20社以上との共同イノベーションやプロジェクト検証に取り組み、NFVによる変革と相互に利益をもたらすソリューションの実現を目指しています。また、ETSI、OpenStack、OpenDaylight、OPNFV(Open Platform for NFV)などの業界団体、オープン・ソース・コミュニティとも緊密に連携し、主要な技術、コード開発、ソリューションの統合環境などの提供を通じてオープンなNFVイニシアチブをサポートしています。今年は50社を超える業界パートナーと連携し、さらに踏み込んだ共同開発を進めていく予定です。


【ファーウェイについて】

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、世界有数のICTソリューション・プロバイダーであり、1987年に中国・深圳(シンセン)に設立された従業員持株制による民間企業です。「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」というビジョンのもと、お客様志向のイノベーションとパートナーシップにより、通信・企業ネットワーク、端末、クラウド分野にわたり、お客様の競争優位性を高めるエンド・ツー・エンドのICTソリューション・ポートフォリオを確立しています。ファーウェイの15万人におよぶ従業員は通信事業者、企業、消費者の皆様へ最大の価値を提供すべく尽力しており、競争力の高いソリューションとサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。


日本法人(ファーウェイ・ジャパン)は2005年に設立され、日本市場のニーズに応えるべく幅広い製品ならびにサービスを提供しています。詳しくは、当社ウェブサイト:www.huawei.com/jp/、フェイスブック:www.facebook.com/HUAWEI.JAPAN、ツイッター:twitter.com/HUAWEI_Japan_PR、LINE:‘ファーウェイ’で検索、YouTube:リンクをご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。