logo

中国における日系企業の求人動向レポート 2014年12月分


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)の100%子会社である中国現地法人 RGF HR Agent(中国法人名:上海艾杰飛人力資源有限公司 本社:中国上海 総経理:中下 真)は、日系企業の中国における求人動向を明らかにするため、社内で管理する求人データベースより12月の求人動向をまとめましたのでご報告いたします。
※RGF HR Agent Groupは中国をはじめとした11の国と地域、28の都市に展開し、日系企業や現地企業に対する人材紹介サービスを提供しております。 
――――――――――――――――――――
■中国全土における日系企業の求人動向
――――――――――――――――――――
◆業界別の月間求人総数(月)の増減の推移(前年同月比)

IT/通信業 :+8%
金融/保険業 :+6%
製造業 :+10%
商社/貿易業 :+13%
流通/小売業 :+3%
建築/不動産業 :+29%
サービス業 :-10%
全体 :+8%

◆月間求人総数の推移

2014年1月 :619件
2014年2月 :749件
2014年3月 :891件
2014年4月 :840件
2014年5月 :771件
2014年6月 :835件
2014年7月 :850件
2014年8月 :753件
2014年9月 :836件
2014年10月 :754件
2014年11月 :753件
2014年12月 :728件

――――――――――――――――――――
■RGF HR Agent 中国 総経理 中下 真からのコメント
――――――――――――――――――――
12月の求人数は、前年同月比8%増の728件。当初の想定よりも大幅に増加した。中国の転職市場は例年、春節直前に大きく冷え込み、春節後に勢いよく盛り返すという周期性があるが、今年は春節休暇が2月の後半にずれ込んだため、市場に予想以上の活発さが残っていたようだ。1月も増勢は継続しており、求人数は前年同月を上回る見込みだ。
一方、2014年通年の累計求人数は、前年比5%増の9,379件となった。対前年比伸び率は、2013年の水準(5%)とほぼ同じ。さまざまなリスクを抱えつつも、日系企業の対中ビジネスは決してしぼんでおらず、むしろ全体としては手堅く拡大している様子がうかがえる。
12月単月の動きを業種別でみると、建築/不動産の求人数がプラスに反転。外部環境は依然厳しいものの、住宅ローン規制の緩和などにより、業界には少しずつ明るさも出てきている。今後の動きに期待が持てそうだ。

――――――――――――――――――――
■RGF HR Agentについて
――――――――――――――――――――
リクルートグループが展開する、アジアを中心とした人材紹介事業です。
日系企業のアジア進出を人材採用面からサポートするべく、2006年に中国へ進出し、2009年にRGF(リクルート・グローバル・ファミリー)ブランドを立ち上げました。現在では11の国と地域、28の都市へ展開し、日系企業のみならず外資系・現地企業へのサービス提供を強化しています。
今後、世界規模での人材流動化がより一層進んでいく中で、私たちは企業と個人のより良いマッチングを実現し、アジアNo.1のHRソリューション企業となることを目指します。

――――――――――――――――――――
<参考>リクルートグループの人材領域における海外展開について
――――――――――――――――――――
◆人材紹介事業
―RGF HR Agent:中国・香港・シンガポール・インド・ベトナム・インドネシア・タイ
―RGF Executive Search:インド7都市・シンガポール・ベトナム
―Bo Le:アジア全域(中国9都市、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア)
―BRecruit:中国9都市、インドネシア2都市

◆人材派遣事業
―CSI:北米
―Staffmark:北米
―Advantage Resourcing:北米・イギリス・オーストラリア

◆オンラインHR事業
―51job:中国
―indeed:世界55ヶ国以上

▼リクルートホールディングスについて
リンク
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事