logo

東京最大のタクシー共通配車アプリ『スマホdeタッくん』の対応車両が、タクシー無線8グループ約11,000台に拡大、シェア約55%へ。アプリ機能強化、英語版をリリース

一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会 2015年01月28日 19時06分
From PR TIMES

選択配車など機能を強化した日本語バージョンアップと英語版アプリを世界同時リリース

 一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会(本部:東京都千代田区 会長:川鍋 一朗)は、東京最大のタクシー共通配車アプリ『スマホdeタッくん』において選択配車などの機能強化を行うとともに、外国人用英語版スマホdeタッくん『Tokyo Taxi Association-TAKKUN』を新たに世界同時リリース致しました。またスマートフォンからタクシーを配車するツールの役割を超え「総合生活移動産業」としてのタクシーの発展を目指し、アイホン株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長:市川 周作)ならびにリクルートグループの株式会社ブログウォッチャー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:淺野 健)と基本合意に至ったことをご報告致します。「スマホdeタッくん」はさらなる発展に向け推進してまいります。



 ■タクシー無線グループの拡大 対応車両は11,000台超、シェア約55%へ
 ■『スマホdeタッくん』機能強化
 ■英語版『Tokyo Taxi Association-TAKKUN』世界同時リリースへ
 ■「総合生活移動産業」の推進を目指した基本合意について
 ■配車効率の向上について
 ■トークセッション「タクシーフォーラム」を開催


■タクシー無線グループの拡大 対応車両は11,000台超、シェア約55%へ

東京23区および武蔵野市・三鷹市エリアの複数のタクシー無線グループが参加し、同一都市の共通基盤でリアルタイムに位置情報を取得・管理するシステムとして“世界最大級”の規模を誇る配車システムであるスマートフォンアプリ「スマホdeタッくん」は、タクシー無線8グループに拡大、対応車両が約11,000台を突破する運びとなりました。
これにより都内法人タクシーのおよそ55%のシェアとなります。
2015年1月現在、東京23区および武蔵野市・三鷹市を対象エリアとして日本交通、大和自動車、共同無線、グリーンキャブ、日の丸自動車、イーエム無線、チェッカー無線の一部の車両を合わせた計約9,600台に対応し、さらに今後、帝都自動車交通、チェッカー無線が順次対応、2015年3月には計約11,000台で利用できる予定です。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



※ここで表現している都内とは特別区・武三交通圏を指します。

■『スマホdeタッくん』機能強化
お客様の好みに合わせ車種の色やエコカーを選択できる機能を盛り込み、操作性が向上致します。車両の色の選択により、これまでは各タクシー無線グループの標準色の選択のみでしたが、黒塗りのタクシーを指定することも可能になり、また増加傾向にあるエコカーをお客様のご意向により選択配車できることとなります。

1.車両選択機能を追加

1.車両の色 … 黒塗りのタクシーを指定して呼ぶことができます
2.エコカー … 環境対応車HVなどの低公害車を指定して呼ぶことができます
[画像3: リンク ]


2. 空車表示の追加

アプリで乗車場所を指定する際、[乗車]マーカーを中心に半径1km圏内の空車のタクシーを、タッくんアイコンを用いて近い順に最大10件表示します。その場所がタクシー配車されやすい状況かどうかを視覚的に参考にしていただけます
[画像4: リンク ]

3.ユーザーインターフェースの改善

[画像5: リンク ]

サイドメニューの採用

[画像6: リンク ]


■英語版『Tokyo Taxi Association-TAKKUN』世界同時リリースへ
2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えたインバウンド向け、外国人用英語版スマホdeタッくん『Tokyo Taxi Association-TAKKUN』も、これを機に全世界同時リリース致します。

※英語モードでは車両選択機能は含まれません。 ※日本語とアプリは同一です。
[画像7: リンク ]


■「総合生活移動産業」の推進を目指した基本合意について
国内最大手の住宅向けインターホンシステムを手がけるアイホン株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長:市川 周作)と基本合意に至り、本システムが住宅向けインターホンシステムとも連携される見通しです。

リクルートグループの株式会社ブログウォッチャー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:淺野 健)と基本合意が行われ、今後のO2O(Online to Offline)施策としてiBeacon(アイビーコン)を活用したビジネス展開を検討してまいります。

※ iBeaconは、Apple Inc.の登録商標です。

■配車効率の向上について
お迎えに向かうタクシーの選択ロジックを改善し、お迎え方向に進行しているタクシーを優先して選択するようにしました。引き返して向かうケースが減少するため、迎車距離の短縮が期待できます。
[画像8: リンク ]

※画像はイメージです。

■トークセッション「タクシーフォーラム」を開催
『タクシーとIT、その未来』と題し、初の公開ミニトークセッション「タクシーフォーラム」も同時開催され、会長の川鍋一朗とともに、国土交通省大臣官房審議官 若林陽介氏、デジタルハリウッド大学大学院教授 三淵啓自氏、漫談家 青空遊歩氏により、タクシーやタクシー配車はいかに進化していくのかなど、タクシーに関する大いなる可能性についてトークセッションが開催されました。
詳細は「スマホdeタッくん」サイトにて映像公開されます。
リンク (日本語版)
[画像9: リンク ]

■記者発表の会場
[画像10: リンク ]

[画像11: リンク ]

[画像12: リンク ]


■『スマホdeタッくん』概要

[画像13: リンク ]


<記者発表対象アプリ>
アプリ名:「スマホdeタッくん」 英語版:「Tokyo Taxi Association-TAKKUN」
対応OS: iOS , Android(ともに日本語、英語対応), Windows8(日本語対応)
配信サイト:Google Play , App store , Windows store 情報料:無料ダウンロード
※1月28日の日本語版機能強化はiOS , Androidを対象としています

■アクセス方法
Android版アプリをダウンロードするには「東京のタクシー」で検索
リンク

iOS版アプリをダウンロードするには「東京のタクシー」で検索
リンク

Windows8版アプリをダウンロードするには「東京のタクシー」で検索
リンク

■公式サイト
リンク  (日本語版)
リンク  (英語版)
Facebook  リンク
Twitter  リンク @Takkun_Tokyo



◆本件に関するお問合せ先
一般社団法人 東京ハイヤー・タクシー協会 業務部
担当:勝見、内堀
TEL: 03-3264-8080 FAX: 03-3221-7665
E-mail: uchibori@taxi-tokyo.com

◆本リリースのダウンロードはこちら
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。